B.A.S.S.イースタンオープンの第3戦がバージニア州リッチモンドのジェームスリバー(Osborne Park & Boat Landing)で7月25日から27日に開催されます。

img_9345-mike-iaconelli-pro-champion_0

opens_4c
Photo by B.A.S.S.


最終日は12名のコンペティターで争われ、単日首位はに立ったのは15ポンド5オンスでWhitney Stephens選手。ウェイトを41ポンド15オンスに伸ばしました。
2位は13ポンド12オンスを持ち込んだ2日目までの暫定首位のMichael Iaconelli選手
トータル44ポンドとし、首位の座を守りました。



img_9345-mike-iaconelli-pro-champion_0
Photo by B.A.S.S.


Ike takes it all on the James River



大会初日を6位でスタートしたMichael Iaconelli選手は、潮位が低い場所というのをキーポイントとしていたようです。
3日間ともジェームスリバー、チカホミニーリバーの下流に向かって狙っていたようです。しかし、最終日は1日1時間づつ潮位が下がるのが遅れるため、やや苦戦しました。
トラウトストリームパターンと自身が呼ぶ釣り方で狙ったということです。
6か所のクリークをローテーションし、パッドに隣接するハードカバーを狙い、ミサイルベイトのミニフリップジグ1/2oz(ブラック&ブルー)にバークレーパワーベイトのトレーラーチャンク(フリッピンブルー)と1/2ozのモリックスラバーブレーテッドジグにバークレーパワーベイトのチガークローをトレーラーとしたもので狙ったようです。



最終日はさらにタフコンディションとなり、カバーの端に魚が集中し、ほとんどのの魚をラパラのDT-6(オールドスクール)で釣ったということです。
余談ですが、DT-6は私も大好きなルアーです。


Michael Iaconelli選手の優勝は2014年のエリート戦(デラウェアリバー)以来となる8勝目いうことです


2位は最終日のトップウェイトを叩き出したWhitney Stephens選手。
3位は初日首位スタートのBryan Schmitt選手が3日目10ポンド12オンスを持ち込み、トータル40ポンド6オンスとしました。4位はTommy Little選手が9ポンド14オンスを持ち込みトータル39ポンド9オンス、5位はRichard Owen選手が9ポンド8オンスを持ち込み、トータル38ポンド10オンスで前日の順位を守りました。

2位スタートの桐山孝太郎選手は6ポンド12オンスと伸ばせず、トータル36ポンド10オンスで残念ながら6位に順位を下げ、自身2勝目は達成できませんでした。


ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村









スポンサードリンク