釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

2018年10月

NBC関東Cブロックチャンピオンシップウィニングパターン

少し前ですが、10月14日に河口湖で開催されたNBC関東Cブロックチャンピオンシップ。

上位5名のウィニングインタビューを公開しました。
インタビュアーは、河口湖で常に上位入賞をしているにも関わらず、ブロックチャンピオンシップの出場権を獲得できず、たまたま会場にいた初澤選手にお会長が無理やりお願いしてやってもらいました。


優勝の加藤優選手(3本 2,480g)のインタビュー



2位の清水健選手(1本 2,305g)のインタビュー



3位の豊田裕介選手(2本 2,080g)のインタビュー



4位の黒田直希選手(1本 2,015g)のインタビュー



5位の及川大甲子選手(1本 1,825g)のインタビュー
  


みなさん、それぞれ狙い方が違って面白いですね。

大会リザルト


上位5名の方は、11月11日に長野県の野尻湖で開催されるチャプターチャンピオンシップ東日本決勝大会の出場権を獲得しました。
今シーズンの最後の大会となる方も多いと思いますが、思いきり楽しんできてください!

JAPAN SUPER BASS CLASSIC 2018 QUALIFIERS

11月3日~4日の2日間、山梨県河口湖でジャパンスーパーバスクラシック2018が開催されます。

classicsp


出場者は、各シリーズで年間上位の選手のみです。

トップ50シリーズ(年間上位20名)
早野剛史選手、藤田京弥選手、江口俊介選手、福島健選手、山岡計文選手、青木大介選手、篠塚亮選手、小林明人選手、佐々一真選手、黒田健史選手、大塚茂選手、小野俊郎選手、川口直人選手、西川慧選手、茂手木祥吾選手、南一貴選手、野村俊介選手、有里拓選手、SHINGO選手、三原直之選手


マスターズシリーズ(年間上位13名)
横山朋毅選手、小林知寛選手、斎藤哲也選手、上西浩史選手、林直樹選手、伊藤康晴選手、小林幸央選手、天野雄太選手、田渕秀明選手、小林翼選手、山村道祐選手、咲花之人選手、幾志健一郎選手

河口湖Aシリーズ
荻野元気選手

河口湖Bシリーズ
松林幸男選手、中田敬太郎

山中湖シリーズ
水野高宏選手、大河原基行選手

桧原湖シリーズ
佐藤透選手、松原幸範選手

霞ヶ浦シリーズ
林祐吾選手、鈴木悠斗選手

津風呂湖シリーズ
楓井一仁選手

生野銀山湖シリーズ
中村克仁選手、赤松史朗選手

九州シリーズ
吉海克寛選手、山崎大選手

JBⅡ河口湖シリーズ
桐生晃男選手

JBⅡ東条湖シリーズ
平瀬彪選手

JBⅡ桧原湖シリーズ
菊地玄人選手

WBS
橋本卓哉選手

バスプロ選手権東日本
三角祐司選手、山下一也選手

バスプロ選手権西日本
井戸新規選手、長嶺晋二選手

総勢55名です。

ジャパンスーパーバスクラシック2018出場権について
TOP50シリーズ 年間成績上位15名
マスターシリーズ 年間成績上位15名
ローカルシリーズ 年間成績上位2名
※権利者が辞退、または重複した場合上位5位まで繰り上げ権利あり
JBIIシリーズ 年間成績上位1名 (各シリーズ・ボーターのみ/パートナーはプロ・アマ不問)
※権利者が辞退、または重複した場合上位2位まで繰り上げ権利あり
WBS 代表1名

トップ50の選手が20位までになっているような気がしますが(^^;


Basser ALLSTAR CLASSIC 2日目

年に1回のお祭りとなったBasser ALLSTAR CLASSIC。

ALLSTAR


今年も昨年と同じ千葉県香取市の水の郷さわら、日程は2018年10月27日(土)、10月28日(日)の2日間で争われます。

北大祐選手の3連覇に注目が集まります。
今年のオールスターはリミット3本。


ウェインが始まり、昨日ノーフィッシュだった蛯原選手から持ち込まれます。
2日目ということでウェイトが伸び悩む中、並木敏成選手が3本 2,625g、青木大介選手が3本 2,755gを持ち込み、青木選手が 5,075gで首位に立ちます。
伊豫部健選手は2本ながらも2,060gをウェインし、トータル5,190gで青木大介選手を上回ります。
初日2位の小野俊郎選手は、2本ながらも2,765gをウェイトを伸ばし、トータル6,490gで首位に立ちます。
ディフェンディングチャンピオンの北大祐選手は、1本 675gと失速。
そのまま小野選手が首位を保ち、残りは沖田護選手と小森嗣彦選手の2名。

まずは沖田護選手が1,920gのビッグフィシュを交え、3本 4,335gをウェインし、トータル7,450gで首位に立ちます。
小森選手との差は、2,945g。

小森選手のウェイトは、3本 3,140g。
初日からのアドバンテージを生かし、トータル7,645gで2度目のオールスター制覇です。



初日の結果
1位  小森嗣彦 3本 4,505g 
2位  小野俊郎 3本 3,725g   780g
3位  清水盛三 3本 3,650g   855g
4位  市村直之 3本 3,640g   865g
4位  田辺哲男 3本 3,640g   865g
6位  北大祐  3本 3,245g  1,260g
7位  伊藤巧  3本 3,175g  1,330g
8位  伊豫部健 3本 3,130g  1,375g
9位  沖田護  3本 3,115g  1,390g
10位 沢村幸弘 3本 3,000g  1,505g
11位 関和学  3本 2,520g  1,985g
12位 五十嵐誠 2本 2,435g  2,070g
13位 菊元俊文 3本 2,330g  2,175g
14位 草深幸範 2本 2,325g  2,180g
15位 青木大介 3本 2,320g  2,185g
16位 福島健  3本 2,115g  2,390g
17位 赤羽修弥 2本 2,070g  2,435g
18位 河辺裕和 1本    965g  3,540g
19位 並木敏成 1本    745g  3,760g
20位 蛯原英夫 0本     0g  4,505g
20位 小林明人 0本     0g  4,505g


2日目の結果
1位  沖田護  3本 4,335g 
2位  小森嗣彦 3本 3,140g
3位  福島健  3本 2,810g
4位  小野俊郎 2本 2,765g
5位  青木大介 3本 2,755g
6位  並木敏成 3本 2,625g
7位  清水盛三 3本 2,390g
8位  伊豫部健 2本 2,060g
9位  五十嵐誠 3本 2,020g
10位 沢村幸弘 3本 1,990g
11位 市村直之 3本 1,770g
12位 田辺哲男 2本 1,730g
13位 赤羽修弥 2本 1,370g
14位 伊藤巧  2本 1,330g
15位 菊元俊文 2本 1,225g
16位 小林明人 1本 1,100g 
17位 蛯原英夫 1本    700g
18位 北大祐  1本    675g
19位 関和学  1本    665g
20位 河辺裕和 0本     0g
20位 草深幸範 0本     0g

2日間トータル結果
1位  小森嗣彦 6本 7,645g 
2位  沖田護  6本 7,450g
3位  小野俊郎 5本 6,490g
4位  清水盛三 6本 6,040g
5位  市村直之 6本 5,410g

6位  田辺哲男 5本 5,370g
7位  伊豫部健 5本 5,170g
8位  青木大介 5本 5,075g
9位  沢村幸弘 6本 4,990g
10位 福島健  6本 4,925g
11位 伊藤巧  5本 4,505g
12位 五十嵐誠 5本 4,455g
13位 北大祐  4本 3,920g
14位 菊元俊文 5本 3,555g
15位 赤羽修弥 4本 3,440g
16位 並木敏成 4本 3,370g 
17位 関和学  4本 3,185g
18位 草深幸範 2本 2,325g
19位 小林明人 1本 1,100g
20位 河辺裕和 1本    965g
21位 蛯原英夫 1本    700g

訃報 本山博之氏

霞ヶ浦を拠点にガイドサービス(霞ガイドサービス)を立ち上げ、Basser ALLSTAR CLASSICでも2連覇含む3度の優勝を達成し、その後はスモールマウスバスを追いかけ、近年は渓流でのルアーフィッシングやワカサギ釣りなどで幅広く活躍されていた、本山博之氏が昨日お亡くなりになったそうです。
この日は奇しくもBasser ALLSTAR CLASSICの最終日。
何とも言葉になりません。


本山さんと初めてお会いしたのは、TACKLEBOXという雑誌のスーパーカップというトーナメントの決勝戦が牛久沼で開催され、山木一人氏がその大会に出場し、応援に行った時でした。
本山さんは、駒井さんという同じWBSのプロでガイドサービスを一緒に行なっている方の応援で来られていました。
二言三言の会話程度だけだったと思います。

テンプトのスイングベイトを世に広めてくれたのも、本山さんでした。
NBPの威力は、今でもスモールに絶大な効果があります。


様々なルアーを開発したり、釣り方も独特な視点で考えられていました。


まだ60歳という若さでした。
詳細は不明ですが、病気だったのでしょうか。

故人のご冥福をお祈りいたします。
合掌

那須川天心VS堀口恭司 リベンジマッチ

9月30日さいたまスーパーアリーナにて開催された「RIZIN.13」で、キックボクシングルールで対戦した那須川天心選手と堀口恭司選手。

3ラウンド9分の濃密な戦いを行なったことは記憶に新しいです。


その二人が、早くも再戦が行なわれました。


今回のフィールドは、さいたまスーパーアリーナのリングではなく、太平洋です。
茨城県鹿島の鹿島旧港の長岡丸からひとつテンヤでマダイを狙います。

二人は釣りが好きという側面も持っていたそうです。
天心選手は船釣り、堀口選手はバスフィッシング好きだそうで、リベンジのフィールドは再び天心選手の得意な船釣りになったそうです。

AbemaTVの格闘チャンネル「VS那須川天心 2ndシーズン」の放送を見た方も多いと思います。


釣行当日は、9月30日に負けるとも劣らない荒れ模様。
「出航も危ぶまれた大時化、スタッフ全員がトラウマレベルの船酔いで悶える中、この2人のアスリートは…」とプレスリリースにあったように、悪コンディションの中での釣行だったようです。

1戦目では、堀口選手が天心選手の得意のキックボクシングで勝負して、息が詰まる緊迫した勝負を展開しました。
結果は判定で天心選手の勝利でしたが、今回はどうでしょうか。
船釣りが好きな天心選手ですから、堀口選手にとっては再び相手のフィールドでの勝負になります。

ですが、この対決、那須川父が一番嬉しそう(^^)
Screenshot_20181027-220036

Screenshot_20181027-221346


堀口選手はひとつテンヤ釣りは初めてだったようですが、バスフィッシングをやっていたこともあり、すぐにマスターしたそうです。
テンヤ釣りは、バスフィッシングのジグヘッドの釣りに良く似ています。

堀口選手もすぐに小型のマダイを2枚ゲット!

Screenshot_20181027-220125


そして、テンヤを交換する際にその選択も自分で行なったそうです。
例年は夜光カラーが良く当たるのですが、今年の流行は赤金。
事前の情報はなかったと思いますが、選んだテンヤは赤金。

そして掛けたのが、今回の勝利を決定付けるマダイ!
慎重にやり取りを行い、キャッチしたマダイは約3.5キロ!

Screenshot_20181027-220438
これはオブザーバーの英さん。
羨ましい!
英さんの甥っ子さんもキックの選手でしたね。


Screenshot_20181027-220900

強烈なカウンターを天心選手に撃ちこみました。
竿さばき、リーリングも上手かったです。

しかし、天才那須川天心選手、逆転のビッグフィッシュをヒットさせます。
今まで掛けた魚で一番大きいという手応えということでしたが、残念ながらバラしてしまいました。

Screenshot_20181027-221033

Screenshot_20181027-221054

Screenshot_20181027-221115

Screenshot_20181027-221200

試合を終えてノーサイド。

194569




44086235_2133596113546556_487331109940494336_n
宮本英彦氏のフェイスブックよりお借りしました。

Screenshot_20181027-221504
Screenshot_20181027-221602


良い型のマダイですね!

二人の対戦はこれで1勝1敗になったそうです。

Screenshot_20181027-221648

Screenshot_20181027-221700

格闘家の釣り好きは意外と多いです。
鈴木みのる選手、高阪剛選手は有名ですね。

釣りも格闘技も、何でも面白いですね~!

いや~、楽しい番組でした。
また、この続きみたいですね。
今度はバスボートで バスフィッシングですね。
Screenshot_20181027-221802
最高の二人の笑顔!
スポンサードリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。