釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

2019年05月

Bass Pro Tour Bad Boy Mowers Stage Seven Presented by Covercraft - Table Rock

バスプロツアー第7戦は再びミズーリ州のテーブルロックレイクで5月31日から6月5日に開催されます。

本来はコロラド州のグランドレイクで行なわれる予定でしたが、増水のため中止。
テーブルロックレイクでの振替開催となりました。
予選から準決勝の競技時間を、12時〜20時に変更するということです。

MLF Now! Live Stream Times for Stage Seven:

Shotgun Round 1: May 31 from Noon to 8 p.m. CDT
Shotgun Round 2: June 1 from Noon to 8 p.m. CDT
Elimination Round 1: June 2 from Noon to 8 p.m. CDT
Elimination Round 2: June 3 from Noon to 8 p.m. CDT
Knockout Round: June 4 from Noon to 8 p.m. CDT
Championship Round: June 5 from 7 a.m. to 3 p.m. CDT; Postgame Show begins at approximately 4:30 p.m.
MLFより引用

61688015_2387242084668360_1048955271382040576_n
Ohoto by MLF

朝イチに釣りができないことになりますので、結果にも大きく影響を与えるのではないでしょうか。
前回の大会でもディープが徐々に良くなってきていましたので、オフショアディープ狙いが得意な選手が上位に進出しそうです。

大森貴洋選手、深江慎一選手tもにグループAということです。

グループA
1 Aaron Martens
2 Adrian Avena
3 Andy Morgan
4 Bobby Lane
5 Britt Myers
6 Chris Lane
7 Cliff Pace
8 Cody Meyer
9 David Walker
10 Dean Rojas
11 Fletcher Shryock
12 Fred Roumbanis
13 Ish Monroe
14 Jacob Powroznik
15 Jacob Wheeler
16 James Elam
17 Jared Lintner
18 Jason Christie
19 Jason Lambert
20 Jeff Sprague
21 Jonathon VanDam
22 Jordan Lee
23 Justin Lucas
24 Keith Poche
25 Luke Clausen
26 Mark Rose
27 Marty Robinson
28 Mike McClelland
29 Randall Tharp
30 Randy Howell
31 Russ Lane
32 Shaw Grigsby
33 Shin Fukae
34 Stephen Browning
35 Takahiro Omori
36 Terry Scroggins
37 Timmy Horton
38 Tommy Biffle
39 Wesley Strader
40 Zack Birge

前回の試合では二人とも予選落ちでしたので、今回は巻き返して欲しいですね。

2019 Basspro.com Eastern Open at Lake Chickamauga Day3

B.A.S.S.イースタンオープン第2戦が5月23日から25日にテネシー州のレイクチカマウガのDayton Boat Dockで開催されます。

先日、FLW Tour戦が行なわれ1日20ポンド前後のウェイトが上位入賞には必要でしたが、今回はどうでしょうか?

opens_4c


日本から伊豫部健選手、加藤誠司選手、並木敏成選手、桐山孝太郎選手の4名がボーターで、コアングラーで渡辺裕之選手がエントリーしています。

優勝はJohn Cox選手。
初日26ポンド11オンスでスタートし、2日目21ポンド12オンス、3日目17ポンド14オンスでトータル66ポンド5オンスでした。

img_9157_john_cox_pro_1st
Photo by B.A.S.S. 初日の写真

2位は61ポンド10オンスでChris Peters選手、3位は58ポンド10オンスでBuddy Gross選手、4位は51ポンド9オンスでTyler Berger選手、5位は49ポンド1オンスでChad Pipkens選手となっています。

日本勢は加藤誠司選手が27ポンドオンスで34位。
桐山孝太郎選手は19ポンド7オンスで104位、伊豫部健選手は18ポンド11オンスで111位、並木敏成選手はノーフィッシュで210位でした。


コアングラーで出場した渡辺裕之選手は2日間トータル16ポンド6オンス(コアングラー部門は3本リミット)で14位と、決勝進出の12位まで後一歩といった順位でした。

2019 Basspro.com Eastern Open at Lake Chickamauga Day1

B.A.S.S.イースタンオープン第2戦が5月23日から25日にテネシー州のレイクチカマウガのDayton Boat Dockで開催されます。

先日、FLW Tour戦が行なわれ1日20ポンド前後のウェイトが上位入賞には必要でしたが、今回はどうでしょうか?

opens_4c


日本から伊豫部健選手、加藤誠司選手、並木敏成選手、桐山孝太郎選手の4名がボーターで、コアングラーで渡辺裕之選手がエントリーしています。

初日首位に立ったのは、John Cox選手。今シーズン何度目の首位スタートでしょうか。シャローマンの爆発力をいつも見せ付けてくれます。
26ポンド11オンスで2位に3ポンド以上の差をつけています。

img_9157_john_cox_pro_1st
Photo by B.A.S.S.

2位は23ポンド8オンスでBuddy Gross選手。3位は21ポンド6オンスでStephen Mui選手、4位は20ポンド11オンスでCraig Chambers選手、5位は19ポンド15オンスでTyler Berger選手となっています。

日本勢は加藤誠司選手が15ポンド10オンスで18位と好位置をキープ。
伊豫部健選手は9ポンド5オンスで127位、桐山孝太郎選手は3ポンド9オンスで190位、並木敏成選手はノーフィッシュで204位でした。


この時期のチカマウガはオフショアの釣りが優勢となりますが、そんな時に比較的浅いレンジである7~12フィートのサンドバーをクランクベイト、スイムベイト、ジグで攻略したということです。

他の上位選手はこれより深いレンジを狙った選手が多かったようです。

2日目の加藤選手の動向に注目ですね。


Open: Cox leads Day 1


Bass Pro Tour Stage Six at Table Rock Lake Championship Round

BPTの第6戦が5月17日から22日にミズーリ州のテーブルロックレイクで開催されます。

Martens-takes-Table-Rock-1400x700
優勝のAaron Martens選手Photo by MLF

Breakdown_Branson_Breakdown-320x400
Photo by MLF

決勝となチャンピオンシップラウンドが行なわれ、Aaron Martens選手が86ポンド4オンスで逃げ切り、初優勝を飾りました。

Aaron Martens選手はトーナメント期間中の4日間で283ポンド4オンスをキャッチするという脅威のウェイトをマークしました。
また、Cliff Pace選手は4日間で179匹キャッチし、全体では6,078匹計測される(ウェイトは 9,815ポンド2オンス)非常に釣れた大会となった。
Aaron Martens選手メインパターンはディープのドロップショットということで、得意なパターンがバッチリとハマッたようです。

          ウェイト 匹数 最大魚
1 Aaron Martens       86-04   50 3 - 06
2 Andy Montgomery 77-14   50 2 - 11
3 Greg Vinson          68-01 40 3 - 15
4 Mark Rose             55-06 35 2 - 12
5 Jacob Wheeler      54-11   35 2 - 09
6 Bobby Lane           54-05   32 4 - 04
7 Cliff Pace               47-08 32 2 - 10
8 Ott DeFoe              43-01   28 2 - 04
9 Zack Birge             42-12   28 3 - 06
10 Jordan Lee            31-02   19 2 - 08
Martens Rides Deep Drop-Shot to Win at Table Rock


2019 Basspro.com Eastern Open at Lake Chickamauga

B.A.S.S.イースタンオープン第2戦が5月23日から25日にテネシー州のレイクチカマウガのDayton Boat Dockで開催されます。

先日、FLW Tour戦が行なわれ1日20ポンド前後のウェイトが上位入賞には必要でしたが、今回はどうでしょうか?

opens_4c


日本から伊豫部健選手、加藤誠司選手、並木敏成選手、桐山孝太郎選手の4名がボーターで、コアングラーで渡辺裕之選手がエントリーしています。

セントラルオープンでは、伊藤巧選手を始め日本選手が活躍しています。
このイースタンオープンでも活躍を期待したいと思います。





スポンサードリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。