バスマスターセントラルオープンの第4戦が9月12日から14日の3日間オクラホマ州のグランドレイクで開催されます。


img_4451-bob-downey-pro-champion
Photo by B.A.S.S.

第3戦までの暫定の年間ランキングはこちら。
Screenshot_20190805-230052


暫定ランキング
1 John Cox   573
2 Wes Logan   559
3 Caleb Kuphall 548
4 Taku Ito     527
5 Logan Latuso 527
6 Colby Cotterill 520
7 Bob Downey   515
8 Daisuke Aoki   509
9 Darold Gleason 508
10 Kyle Dorsett   508


伊藤巧選手は4位、青木大介選手は8位、加藤誠司選手は僅差の13位(504ポイント)、伊豫部健選手は18位(454ポイント)、北嶋一輝選手が19位(446ポイント)、北大祐選手が29位(415ポイント)、片岡壮士選手が30位(414ポイント)、木村健太選手が32位(414ポイント)、松下雅幸選手が57位(340ポイント)となっています。

エリートへの昇格は5位までが確定で、それ以下は状況次第ですが、ポイント差の少ない加藤誠司選手は昇格のチャンスです。
それ以下の選手も伊豫部健選手、北嶋一輝選手あたりまでは、他の上位陣の動向次第でまだまだわかりません。
北選手以下はやや苦しい状況です。


決勝となる3日目には、ボーターで3名、コアングラーで2名の合計5名の日本選手がスタートしました。


優勝が期待された暫定首位の木村健太選手はリミットメイクできず、3本8ポンド10オンスでトータル43ポンド4オンスで4位に後退。

暫定9位の松下雅幸選手もリミット揃わず3本6ポンド9オンスでトータル33ポンド14オンスでしたが、8位に順位をあげました。

暫定3位で最終日を迎えた注目の伊藤巧選手は、残念がらノーフィッシュでトータル31ポンド5オンスで10位で終了しましたが、年間順位は4位で終え、エリート参戦権を獲得です。

優勝は2位スタートのBob Downey選手が16ポンド3オンス、トータル48ポンド9オンスで初優勝を飾りました。
2位はCaleb Kuphall選手がトータル48ポンド1オンス、3位はKyle Dorsett選手がトータル45ポンド12オンス、5位はWes Logan選手がトータル42ポンドとなっています。


Downey secures Classic spot with win on Grand

優勝したBob Downey選手はやや深めの単独のブッシュ系をテキサスリグのスィートビーバーと3/8オンスのオールテレーンジグで攻略したそうです。




年間順位は最終戦で5位に入賞したWes Logan選手が1位、イースタンオープン4位に続きJohn Cox選手が2位、3位は最終戦2位のCaleb Kuphall選手、4位は伊藤巧選手、5位は最終戦優勝のBob Downey選手が入り、エリート参戦権を獲得です。

加藤誠司選手が12位、青木大介選手が14位、伊豫部健選手が16位、木村健太選手が17位、北大祐選手が27位、北嶋一輝選手が30位、松下雅幸選手が35位、片岡壮士選手が41位でした。
エリート参戦は、状況次第で木村健太選手辺りまでは可能性があります。







ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク