釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

食べ物

純輝

DSC_0494
DSC_0495

桜が咲いたのに、雪が降った本日。

時間に間に合わないと行けないので、昼前に藤沢を出発し、佐原に向かいました。

食べるつもりはなかったのですが、久しぶりに純輝へ。

マグナム長尾と最後に会った時以来の純輝です。

オーダーは味噌野菜ラーメン大盛り。
美味しかったです。
マグナム長尾との思い出を思い出しながら、食べました。

その後、Basser Allster Classicのウイニングポイントを見てきましたが、メチャクチャな荒れ方。
護岸の上どころか、土手にまで波が上がってました。

DSC_0496

それなのに、カワウはプカプカ浮いて、シラウオを食べていました。
マグナム長尾曰く、コロナウイルスはカワウを食べれば大丈夫ということです(笑)



その後、孝富マリーナの酒井さんとちょっとお話し、マグナム長尾とお別れをしてきました。

やっぱり、泣けました。
悲しかった。

カハラジャパンの加瀬さんも一緒に過ごした仲。
思い出して、一緒に泣きました。

コロナウイルスの危機が迫る中、とってもたくさんの方がマグナム長尾とのお別れに来ていました。

愛されていましたね。

You Tubeを見れば、また会えますね。
三途の川でも、アメリカンドリームルアーを投げ倒してるんだろうな。

そっちに行くまで、ポイント開拓しておいてな。







アニサキス症に正露丸が効く?!

Yahooのニュースにアニサキスに正露丸が効くという記事が掲載されていました。

アニサキス症に正露丸 大幸薬品が痛み緩和で特許


アニサキスとは
アニサキスとは、寄生虫(線虫)の一種です。
幼虫大きさは、2~3センチ、幅は1ミリ以下程度の細長い形状をしています。
これが、魚介類(アジ、サバ、サンマ、サケ、イカ、カツオ等)の内臓に寄生しており、宿主が死ぬと内蔵から筋肉に移動します。
筋肉に移動した状態で、人間が生のまま、もしくは不十分な冷凍状態、加熱状態で摂取すると、アニサキスの幼虫が胃壁や腸壁に食らい付き、アニサキス症(食中毒)を引き起こします。

面白いのは、日本海側ではアニサキス症の発生が少ないそうです。
マサバのDNA鑑定を行ったところ、日本海側と太平洋側で寄生種が大きく違うことが判明しているそうで。太平洋側で見られるアニサキス症の原因となる種が、日本海側ではほとんど見つからず、発症リスクの少ない種が大半を占めたそうです。


アニサキス症の症状は
急性胃アニサキス症
食後数時間から十数時間後に、みぞおちの激しい痛みと吐き気、嘔吐などが発生します。

急性腸アニサキス症
食後十数時間後から数日後に、激しい下腹部痛、腹膜炎症状が発生します。

多いのは急性胃アニサキス症です。
病院で、内視鏡を使い幼虫を摘出すれば症状は緩和し、完治します。


アニサキス症の予防方法は
アニサキス症の予防法は、生で食べないのが一番です。
冷凍(マイナス20度以下で24時間以上)、加熱(60度以上で1分)することでアニサキスは死滅します。
どうしても生で食べる場合、目視すること、内蔵は出来る限り早く除去することです。
お酢、醤油、しょうが等では死滅しません。
傷つくと死にますが、良く噛んでもなかなか噛み潰せません。

参考資料「厚生労働省 アニサキスによる食中毒を予防しましょう」

このアニサキス症が発生した時に、アニサキスの活動を抑えるのが正露丸の主成分である木クレオソートで、これについて大幸薬品が特許を取得(特許第5614801号)していたということです。

正露丸を飲むと、アニサキスの活動が沈静化し、痛みが緩和した事例があったということです。
どういう理論なのか興味深いところですね。
そもそも、アニサキスが胃壁等に噛み付いたことによる痛みなのか、噛み付かれた際にアニサキスから何かしらの成分が体内に入り、痛みとして感じるのか良く分かりませんが(即時型のアレルギーという説がある)、アニサキスの活動が沈静化することで痛みが緩和されるというのは面白いことです。


アニサキス症は、アニサキスを取り除けば症状が改善することが大半ですので、気軽に考えていることも多いのですが、アレルギーになると少し厄介です。


本当に怖いアニサキスアレルギー
昔からサバを食べると蕁麻疹が出る人がいました。
これはヒスタミン系のアレルギーと考えられていましたが、研究の結果アニサキスによるアレルギーだという考え方が主流になってきました。
アニサキス症を発症していると、アニサキスをアレルゲンとして認定し、蕁麻疹やアナフィラキシーを引き犯してしまうことがあるのです。
アナフィラキシーショックを起こせば命に関わることもありますので、アニサキスのいる可能性のある魚介類の摂取は禁忌となります。アニサキスが死んでいてもダメなので、アニサキスがいるであろう食品が摂取できなくなるということです。
そして、さらにショッキングなことに、肉類の内臓(ホルモン焼き)を摂取後にアナフィラキシーを発症した事例もあったそうです。


これは

まだまだ不明な部分が多いのは間違いないですが、食の安全は大切ですから判明するといいですね。



詳細 NIID国立感染症研究所「アニサキスアレルギーによる蕁麻疹、アナフィラキシー







スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。