釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

FLW

FLW TACKLE WAREHOUSE PRO CIRCUIT at Mississippi River Final

FLW TACKLE WAREHOUSE PRO CIRCUITのミシシッピーリバー戦が7月29日から8月1日に開催されています。



000401562_original_650x650
優勝のTOM MONSOOR選手 Photo by FLW

4日目の決勝が行われ、TOM MONSOOR選手が12ポンド10オンスを持ち込み、トータル54ポンド10オンスで逃げ切り、優勝しました。


2位は前日5位のJACOB WHEELER選手がトータル52ポンド14オンスと迫りましたが、あと一歩及ばず。
3位は変わらずDAVID WALKER選手がトータル52ポンド5オンス、4位は前日2位のZACK BIRGE選手がトータル50ポンド15オンス、5位は前日6位から順位を一つ上げたのTYLER STEWART選手がトータル50ポンド7オンスという結果」でした。

以下、
6位 CODY MEYER 48ポンド12オンス
7位 BAILEY BOUTRIE 48ポンド11オンス
8位 CLARK REEHM 48ポンド9オンス
9位 SKYLE HALL 48ポンド7オンス
10位 SCOTT WILEY 42ポンド6オンス




リザルト



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

FLW TACKLE WAREHOUSE PRO CIRCUIT at Mississippi River Day3

FLW TACKLE WAREHOUSE PRO CIRCUITのミシシッピーリバー戦が7月29日から8月1日に開催されています。



000401562_original_650x650
3日目も首位をキープしたTOM MONSOOR選手 Photo by FLW

3日目の準決勝が行われ、TOM MONSOOR選手がトータル42ポンドで首位でキープ。優勝に王手です。
2位は前日4位のZACK BIRGE選手がトータル40ポンド15オンス、3位はDAVID WALKER選手がトータル40ポンド8オンス、4位は前日2位のSCOTT WILEY選手がトータル40ポンド5オンス、5位はBPTに参戦するJACOB WHEELER選手がトータル39ポンド12オンスと引き続き僅差の争いとなっています。

以下、
6位 TYLER STEWART 39ポンド9オンス
7位 KYLE HALL 39ポンド
8位 BAILEY BOUTRIES 37ポンド13オンス
9位 CLARK REEHM 37ポンド10オンス
10位 CODY MEYER 37ポンド9オンス

この10名が決勝進出です。
首位のTOM MONSOOR選手(42ポンド)から10位のCODY MEYER選手(37ポンド9オンス)まで、4ポンド強しかありません。

逆転があるでしょうか?


リザルト



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

FLW TACKLE WAREHOUSE PRO CIRCUIT at Mississippi River Day2

FLW TACKLE WAREHOUSE PRO CIRCUITのミシシッピーリバー戦が7月29日から8月1日に開催されています。



000401562_original_650x650
首位のTOM MONSOOR選手 Photo by FLW

2日間の予選が終了し、TOM MONSOOR選手がトータル28ポンド11オンスで首位で予選通過。
2位はSCOTT WILEY選手がトータル27ポンド15オンス、3位はBAILEY BOUTRIES選手がトータル27ポンド14オンス、4位はZACK BIRGE選手がトータル27ポンド13オンス、5位はBRADFORD BEAVERS選手がトータル27ポンド9オンスと僅差の争いとなっています。

MLFのBPTに出場する選手の参戦も見られ、なかなか豪華な顔ぶれのFLWプロサーキットです。





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Japan Angler Hiroyuki Watanabe (Nabe) chasing the Dream!



FLWで長く活躍し、今はMLFのBPTに参戦しているDavid Dudley選手のYouTubeチャンネル「David Dudley Outdoors」。



ここに日本からアメリカのバストーナメントに長くチャレンジし、David Dudley選手とは師弟関係の渡辺裕之さんとの対談がアップされました。

私は英語が出来ないので、何を話していたかは殆ど理解できませんでしたが、David Dudley選手と渡辺さんとの深い友情は感じることができました。


渡辺さんは、今シーズンで残念ながらアメリカチャレンジを一旦終了するそうです。
私もチャレンジしたかったアメリカのトーナメントに、色々な犠牲や節制を重ね挑み続けた渡辺さんを羨ましく、尊敬していました。

この経験をぜひ、日本で伝えて欲しいですね。


渡辺さんのブログです。
最初から読むと、どれだけ苦労してチャレンジを続けたかわかります。
とても熱いハートを持った方ですね。





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

FLW Tackle Warehouse Pro Circuit at Chickamauga Final

メジャーリーグフィッシングのバスプロツアー、B.A.S.S.のエリートシリーズに続き、FLWのプロサーキットも再開です。

000392797_original_650x650
Photo by FLW









000379496_original_650x650
000392797_original_650x650
優勝したJACOB WHEELER選手 Photo by FLW







3日目の首位JACOB WHEELER選手が、最終日も21ポンド6オンスを持ち込みトータル93ポンド12オンスとし、見事な優勝を飾りました。
4日間とも20ポンドオーバーを持ち込み、3日目には10パウンダーをキャッチするなど、安定感抜群の試合展開でした。

2位は前日の3位のCOLE FLOYD選手がが19ポンド12オンスを持ち込み、トータル81ポンド15オンスで順位を上げました。
3位は前日2位のJASON REYES選手がトータル76ポンド12オンス、4位は前日の順位を変わらずCODY MEYER選手がトータル72ポンド13オンス、5位はALEX DAVIS選手がトータル72ポンド12オンスとなっています。


終わってみればJACOB WHEELER選手の安定感が際立っていました。
2位に10ポンド以上の大差をつけての逃げ切り優勝。



結果


オブザーバーで参加の渡辺さんのレポート。
今回のレポートで、渡辺さんの長いアメリカチャレンジは一時的に終わりだそうです。
最後にFLWスタッフや選手達の対応を見ると、皆から信頼されていたことがよく伝わりました。
粋な計らいに、ちょっとウルッとしてしまいました。
個人的には、またいつかアメリカチャレンジを再開して欲しいと思います。
釣りだけは止めないで欲しいですね。
素晴らしい情熱で、バストーナメントを追いかけた渡辺さん。
お疲れ様でした。






ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。