釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

ライン

糸の結節色々 ニシネルアーワークスに学ぶ

釣りに行けない期間が長引き、釣り具の整理にも飽きた頃。

SNSを見ているとラインの結節比較をしている動画が出てきた。
紹介していた方は、ルアービルダーのニシネルアーワークスの西根さん。




ニシネルアーワークスといえば、ブレードを駆使したルアーが代表的。
私も愛用しております。


DSC_0347
これは試合中に釣った和ナマズ@ブレードクランク。

最近はプラスティックルアーのチッパワシリーズやエリーシリーズも開発し、以前よりも手に入りやすくなり嬉しい限りです。







そんな西根さんが、コロナ自粛の間にライン結節についてトコトン研究したそうです。
なんでも、スプール3個空にしたとか(笑)
何でも自分で試す姿勢は、製品開発にも反映され、信頼できますね。

その模様の詳細は西根さんのブログでどうぞ。




YouTubeはこちら







私は普段ユニノットを愛用しています。
巻き回数は4回です。

バスフィッシングを始めた当初は、クリンチノットを使っていたのですが、忘れもしない芦ノ湖での出来事でユニノットに変えました。

当時、ジャッカルの小野さんと大学時代の仲間とで芦ノ湖に出かけ、発売したばかりのスミスのシステムクランクハスティ2のクロームカラー。
成蹊というポイントでボートからブレイク上にキャストすると、着水と同時にヒット。
しかし、ものの見事に結節がすっぽ抜けルアーがなくなりました。(いわゆる豚のしっぽです)

幸いにも(バスにもね)、ルアーは外れ、浮いていたので回収できたのですが、ここで何でこうなったのか考えました。
そん時の結節はクリンチノットを使っていました。




上の動画の通り、メインラインに巻きつけて絞めこむのですが、その際に絞めこまれているのが2か所です。
ということは、この絞めこまれている部分が抜けてしまうと解ける確率が高くなるのではないかと考えたのです。

そこで同行していた小野さんの結節を見るとユニノットを使っていました。
ユニノットは絞めこむ部分が4回程度あり、クリンチノットに比べ抜ける確率が低いなと(笑)
簡単で、強度もある結びですよね。

この簡単というのが大切だと思います。
結節の良し悪しは、正確性だと思います。




フィッシングショーの東レブースでこの診断をやった時、改めてきれいに、正確に結べた時の結節強度が高いことが分かりました。
難しいけど結節強度が高い結びは、正確に結べれば確かに強いですが、正確でないと強度が落ちます。
それならば、簡単に結べる結びの方が結果的によくなりますからね。

ラインの強度を落とさずに結ぶというのが理想ですが、落ちても切れなければいい訳で、糸を労わりながら釣れば(やり取りをする)いいのではないかと思います。
これはラインとラインの結節でも同じように感じています。



もうひとつの遠藤ノットは知りませんでした。

しかし、ふと思い出すとマルイカの直結仕掛けのカンナに結ぶ時に使った結びと同じでした。
ユニノット同様にメインラインが移動する結びなので、スッテの交換に便利なんです。

マルイカ仕掛け


やっぱり同じですよね。

対象魚が違っても、使う結びが一緒とは面白いものです。



結びについては

難しい結びよりも、簡単で正確に結べる結びの方が結果的に強い!

ということだと思います。



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

東レソラローム リニューアル記念 ビッグキャンペーン!?

東レソラロームリニューアル記念ビッグキャンペーンとな。


86272558_3664640980276980_774657026109210624_n
下記のホームページで発表されるのか?




何にも聞いていないんですけど~。

でも、お楽しみに!!


ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

エクスレッドタイプNS

今年の新製品エクスレッドタイプNS。
従来のエクスレッドの新バージョンですが、その性格は全く別物。

DSC_0411


従来のエクスレッドと素材から全く違うものを使い、しなやかさに重点をおいて開発されました。
ラインの直径も一回り細くなり、使いやすさがアップです。
そして、ナノスリットと呼ばれるナノメートルサイズの微細スリットを入れ、摩擦をコントロールし結節性を強化しました。

DSC_0415

DSC_0418

ラインが結節で切れる理由が、結節の締め込み不足。
特にフロロラインは、この締め込みがやりにくく、上記の写真の左のような状況になりやすいです。

これをエクスレッドタイプNSでは、ナノスリットを入れることで均一に締め込みやすくなり、結節に掛かる力を分散できるようになります。

ラインを結ぶ時に、唾をつけて湿らせて締め込むのも、締め込む際の摩擦熱を逃がしつつ均一に締め込む狙いがあるからです。

DSC_0419

従来のエクスレッドは耐摩耗性に優れ、エクスレッドタイプNSはしなやかさに優れたラインで、シュチュエーションに応じて使い分けが可能になります。

従来のエクスレッドも継続します。
カバー周りで耐摩耗性を重視したいときは、エクスレッド。
ラインのしなやかさでルアーの動きを中層で生き生きさせたい時は(巻物等)、エクスレッドタイプNSというような使い分けですね。

発売は2月下旬ということですので、お楽しみに!!









ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

PEとリーダーの結節法

PEとリーダーとの結節には色々な方法があります。

私の場合、急いでいる時は電車結びかトリプルサージェンスノットを使うことが多いです。
電車結びは若干強度面で、トリプルサージェンスノットはリーダーが長いと面倒というデメリットがあります。


今回、フラッシュユニオンの藤木さんが新しい結び方を紹介していました。
非常に簡単です。
変形のオルブライトノットという感じですね。
私も試してみたいと思います。




この結び方(SCノット)もいいみたいですよ。


摩擦系ノットでは新太郎ノットも比較的簡単で強度があります。
バスをやる方ならば、ハリス止め付きのダウンショットシンカーで代用できます。





PEとフロロやナイロンのリーダーとの結節は、摩擦系ノットが一番強いと思います。
フロロやナイロンリーダーに巻きつけて止める結節なので、すっぽ抜けが心配だと思いますが、ほぼ抜けません。

船釣りでお祭りした時、PEラインがクルクルとラインに巻きつくと、全く解けませんが、これと原理は同じです。
フロロやナイロンライン自体を編みこまないことで、リーダーの強度がそのまま生きるということもメリットだと思います。

SCノット 最強かつ簡単なノット?!

PEラインとリーダーの結束方法は色々なものが考案されています。

バスフィッシングでも最近はPEラインの使用頻度が高くなり、良い結束方法を求めている方も多いようです。

私は基本的に、簡単に結べるということを重視しています。
というのも、現場で切れて結び直すのに時間が掛かっては、トーナメントでは大きなロスとなります。
仮に、PEとリーダーの結節強度が強くなっても、その先のルアーとリーダーとの強度のバランスも問題になりますので、ある程度の強度があれば十分と考えているからです。
なので、電車結びを愛用しており、それなりの強度が出るようになっています。

今年のフィッシングショーで東レが行った強度テストでも合格ラインまでこの結節でできました。

テストの模様




もちろん簡単で強度の高い結節があれば一番ですが。
すると、SCノット(正式名称「ショックアブソーブド・キャプテンノット」)という結び方を見つけました。

この結び方は新潟のルアー船アシストクラブ金進丸の秋山キャプテンが考案した結び方ということです。

論より証拠、百聞は一見にしかずということで、秋山キャプテンの説明をどうぞ。




非常に簡単な結びで、強度も高いようです。
私はまだ実戦で使っていませんが、良さそうな結びですよね。
摩擦系の結節は、強度が高いということを、船釣りのお祭りした時に実感していますので、納得です。

焼きコブやハーフヒッチをやらなくても、かなりの強度がでるそうです。
もちろん、やれば強度は95%位というデータもあるそうです。

結びというのは、慣れが非常に重要なことに変わりはありませんので、練習あるのみですね。

強い結節は、見た目がキレイというのがあります。
これは、キレイに結ぶことで、力が上手く分散され、強度が落ちないからなんです。
キレイに結べない時は、やり直した方がいいんですよね。


しかし、この結びは0.2号、0.3号といった極細PEには向いていないという話もあります。
PEが細いため、摩擦が起きにくいのだと思います。
特にリーダーが細い場合は、この減少が顕著に現れるようですね。


この辺りも少しテストが必要ですね。
もう少し太い0.6号あたりなら全く問題ないというデータもありました。

私もこの結びにチャレンジしてみたいと思います。
スポンサードリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。