釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

つぶやき

秩父漁業協同組合 バス釣りをされる皆様へ




知人のブログで知ったのですが、ブラックバスがリリース禁止されている埼玉県の秩父漁業協同組合から、バサーに対し案内文が掲載されていました。





内容は、バス釣りしている人も入漁料を徴収させてくださいというもの。
本来は、入漁料徴収の対象外であるブラックバスですから、支払いの義務はありません。
2021年1月24日追記
埼玉県農林部生産振興課のQ&Aによると、漁業権設定魚種の混獲する可能性が有れば、バス等の漁業権が設定されていない魚種を対象として釣りをしても、遊漁券の購入を求めることができるとありますので、釣りをする限り本来は支払わなければならないものです。


入漁料を徴収する=資源を増やす取り組みをしなければならないためで、埼玉県の見解と矛盾が生じます。

それにも関わらず、このような案内文が掲載されたということはどういうことか。

入漁料収入の減少に苦しむ漁協の苦渋の選択かも知れませんし、ひょっとしたらブラックバスの魚種認定に繋がる話なのかも知れません。

どちらにしても、害魚というレッテルを貼られた魚が、益魚に化けるということに違いはないのでは?

ブラックバスが芦ノ湖に移植されたのが1925年ですから、今から96年前。
たった90匹のバスが、日本全国に広がりました。
この繁殖力の強さや小魚、エビなどを捕食することから、様々な問題を招きました。

しかし、現在はどの地域も生息数は落ち着き、生態系に取り組まれていると思います。

今まで頑なにリリース禁止路線であった埼玉県で、わざわざこのような案内をする漁協がでたということは、一歩前進と捉えて良いのではないでしょうか。
2021年1月24日追記
(私の個人的な希望です。)


巷では新型コロナウイルス感染症の影響で、釣りをする方が増え、フィールドでの駐車場、ごみ、マナー等が問題視され、立ち入り禁止等の措置が取られる場所も出だしています。
貴重なフィールドを守るためにも、これらの問題を起こさず、協力しなければならないですよね。


厳密には支払う必要のないものですかもしれませんが(2021年1月24日訂正)が、ここは一歩引いて協力するべきだと思います。
私はなかなか行く機会のない場所ですが、行かれる方はぜひ!






ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

厚木へら鮒センター②

昨年末に出掛けた厚木へら鮒センターへ2回目の釣行です。

DSC_0796




朝、6時半少し前に到着すると、既に開門されており、多くの釣り人がいました。
この日は、チョーチンセットの釣りを練習しようと思っていたので、大池の桟橋北側16番に陣取ります。
というか、ここしか空いていませんでした。

o1080081014882954829
Photo by 厚木へら鮒センターブログ 一番手前が私


この日は例会が3つ入っており、それぞれ大池桟橋南11名、大池北、小池北で予約されていました。

受付を済ませ、準備を進めます。
まだまだ段取りが悪いですね。
このあたりをスムーズに行えるように、セッティングを煮詰めないといけませんね。

竿は8尺
仕掛け
道糸0.6号、ハリス上 0.5号 8センチ。下 0.3号40~50センチ(ほぼ40センチ)
針、上 がまかつ ヤラズ7号 下 がまかつ 関東スレ3号、イズナ2号、コム2号
ウキ 痴舟 8 ムクトップ

この日は餌のブレンドパターンを色々試し、どんな感じかを覚えるために通常の作り方の半分の量で作り、反応に関係なく無くなったら作り変えることにしました。
下記ブレンド量の半分で作成。


1セット目 7:20〜9:00(1時間40分) 4枚
粒戦 100cc、粒戦細粒 50ccさなぎパワー 100cc、水 200cc 吸水のため放置、セットアップ 100cc、ット専用バラケ 100cc、BBフラッシュ 100cc 餌量 225cc、水量 100cc(当日)
餌が上手くまとまらず、段底ひとつかみ入れたら、まとまるようになった。作り方が良くなかったのか?
要再チャレンジ

段底を入れた後から、ウキも馴染むようになり、アタリが出だし、エサが無くなるまで4枚。

DSC_0790
DSC_0792



2セット目 9:15〜11:05(1時間50分) 5枚
粒戦 100cc、とろスイミー 50cc、さなぎパワー 100cc、水 150cc、段底 200cc、セット専用バラケ 100cc、BBフラッシュ 100cc 餌量 325cc、水量 75cc(当日)
段底を入れたことで餌のまとまりよく、つけやすい。
餌持ちもよく、針に付けやすいが、もう少しバラけて欲しいとも思った。
4~5回の上への誘いで抜ける感じ。

DSC_0793


3セット目 11:20〜12:45(1時間25分) 6枚
粒戦 100cc、とろスイミー 50cc、水 200cc、セットアップ 100cc、ット専用バラケ 100cc、バラケマッハ 100cc 餌量 225cc、水量 100cc(当日)
最初はしっとりしたタッチで良い感じ。
しかし、餌が持たないので、段底をひとつかみ入れると、持つようになるが、バラケが遅くなった。
3~4回の上への誘いで抜ける感じ。

DSC_0794
DSC_0795

DSC_0796


4セット目 13:00〜14:05(1時間5分)  4枚
粒戦 100cc、粒戦細粒 50cc、さなぎパワー 100cc、水 150cc、セットアップ 100cc、セット専用バラケ 100cc
 餌量 225cc、水量 75cc(当日)
餌が柔らかく、バラケが良い。そのため餌付けは難しかった。手もみをしながら付けた。

DSC_0797
DSC_0798



5セット目 14:20〜15:40(1時間20分)  4枚
粒戦 50cc、とろスイミー 50cc、水 200cc、セットアップ 100cc、セット専用バラケ 100cc、BBフラッシュ 100cc、バラケマッハ 100cc 餌量 250cc、水量 100cc(当日)
柔らかい餌のタッチながらも、餌の持ちは良い。

DSC_0799


7:00~15:40 合計23枚

バラケの良い餌を打っている時は、時間も短い。
どの餌も、餌を上手く付けられれば、アタリをもらえたので、餌付けは非常に重要。
上手くまとめられる餌(手に付かない)は、餌付けが上手くいく。
2セット目、5セット目はその感じができた。
前回の小池よりも、魚のサイズが良く、新べらも5割以上の確率(6:4で新べら)で混じった。
チョーチンだったからか?

水温も前回よりも下がり、アタリが出るのは遅い感じで、ウキが馴染んでから抜け、そこから20秒以内に当たるという理想的な動きは少なかった。
また、表層にヘラが群がり、その層を突破するのが課題だったので、比較的バラケを抑えるタッチにしたのが成功だったのかもしれない。

ウキは、チョーチン用の専用ウキではなかったので、トップの長さが不足していたが、一日使い続けた。
数を釣るならば、メーターセットの方が良かったが、サイズはチョーチンの方が良かったかも。


餌作り、餌付け、手を出して良いアタリの見極めが課題。



次は、大会会場の椎の木湖に行ってみます。


この日の状況



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

謹賀新年

皆様のご多幸とご健康を
心より祈念いたします

令和三年元旦

釣りキチ三平

「釣りキチ三平」の作者、矢口高雄先生が、20日膵臓がんのためお亡くなりになった。



多くの釣り人に影響を与えた「釣りキチ三平」は、釣りブームを演出し、多くのファンを生み出した。
釣りの内容も然ることながら、自然との関係、人間育成に至るまで、多くの問題にも取り組んでいた作品だと思う。

当然、私も多くの影響を受けた。

その中でも、京都の近鉄百貨店で釣りキチ三平展に出展した際に、一緒に食事をできたことが忘れられない。
直接お話しできたのは、その時が最初。
私には珍しく、少年に戻った気分であった。

人はいつかは亡くなるものです。
残念ですが、天国で一平じいちゃんと一緒に、酒を飲みながら釣りをしていることでしょう。

合掌




魚の移動に新説が!



淡水において昔はいなかったはずの魚が、知らないうちに増えていたというケースがありました。

川などの水系が一緒で、繋がっているのであればまだしも、独立した湖や池などで勝手に増えることはあり得ないと考えられていました。

そのような場合、人間の手に依って放流されたと思われるのはごく自然なこと。
魚が陸上を歩いて、自ら湖や池に飛び込むことはないですからね。

この放流が正式な手続きを取って行われている場合と、そうでない場合があります。
前者の代表例が、アユや渓流魚、ワカサギなどの放流。
古くは芦ノ湖に離されたブラックバスや一碧湖に離されたブルーギルです。
上記の放流に伴い、混じって違う魚種が放流されることもありました。(アユの放流にケタバスが混じる)

後者の放流は違法放流と言われ、よく言われたのがブラックバスの放流です。
私の記憶が確かならば、1980年代にはブラックバスは日本全国で確認されていませんでした。
当時、廣済堂出版から発売されていた「フィッシング」という雑誌には、ブラックバスの分布図が書かれていた記事が掲載され、読んだ記憶があります。

公式には、芦ノ湖と相模湖、津久井湖に放流されたが、余りのフィッシュイーターぶりに県外への持ち出しが規制されたとか。
それにも関わらず、県外に分布を広げていき、ブラックバスの害魚問題に発展しました。

害魚、益魚とは、魚に取ってみれば、何ともはた迷惑な話です。
立場によって、害魚にも益魚にもなりますからね。

そんなブラックバスは、違法放流で分布を広げたと言われ続けていましたが、ここに来て新説が発表されました。

以前より、水鳥の類の足、羽などに付着した卵が他の水域に移動してふ化したのではないかと言われていたものの、確たる証拠もなく現在に至ります。

しかし、ハンガリー・ドナウ研究所(DRI)生態学研究センター(CER)の研究チームが新たな証拠を見つけ、2020年6月22日に「米国科学アカデミー紀要」で発表したということです。

外来種として広く知られるコイとギベリオブナの卵をマガモに与える実験を行い、「マガモに与えた魚卵のうち0.2%が消化器内で生き残り、糞として排泄され、さらにその一部は孵化した」

ブラックバスではありませんが、外来魚として世界各地で問題となっているコイの研究結果です。一旦体内に入った卵が、消化されずに排泄され、しかもふ化するという衝撃的な研究結果です。

植物では、種子が体内に取り入れられ、他の場所で排泄され分布を広げるという「動物被食散布」は良く見られるそうです。
それが、魚でも起きるという発見です。

自然の力の偉大さを改めて感じる研究結果ですね。


研究結果原文 Experimental evidence of dispersal of invasive cyprinid eggs inside migratory waterfowl





人工的な放流は、大変な労力が必要です。
飛行機からの放流は、驚かされますね。







ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。