釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

つぶやき

釣りキチ三平

「釣りキチ三平」の作者、矢口高雄先生が、20日膵臓がんのためお亡くなりになった。



多くの釣り人に影響を与えた「釣りキチ三平」は、釣りブームを演出し、多くのファンを生み出した。
釣りの内容も然ることながら、自然との関係、人間育成に至るまで、多くの問題にも取り組んでいた作品だと思う。

当然、私も多くの影響を受けた。

その中でも、京都の近鉄百貨店で釣りキチ三平展に出展した際に、一緒に食事をできたことが忘れられない。
直接お話しできたのは、その時が最初。
私には珍しく、少年に戻った気分であった。

人はいつかは亡くなるものです。
残念ですが、天国で一平じいちゃんと一緒に、酒を飲みながら釣りをしていることでしょう。

合掌




魚の移動に新説が!



淡水において昔はいなかったはずの魚が、知らないうちに増えていたというケースがありました。

川などの水系が一緒で、繋がっているのであればまだしも、独立した湖や池などで勝手に増えることはあり得ないと考えられていました。

そのような場合、人間の手に依って放流されたと思われるのはごく自然なこと。
魚が陸上を歩いて、自ら湖や池に飛び込むことはないですからね。

この放流が正式な手続きを取って行われている場合と、そうでない場合があります。
前者の代表例が、アユや渓流魚、ワカサギなどの放流。
古くは芦ノ湖に離されたブラックバスや一碧湖に離されたブルーギルです。
上記の放流に伴い、混じって違う魚種が放流されることもありました。(アユの放流にケタバスが混じる)

後者の放流は違法放流と言われ、よく言われたのがブラックバスの放流です。
私の記憶が確かならば、1980年代にはブラックバスは日本全国で確認されていませんでした。
当時、廣済堂出版から発売されていた「フィッシング」という雑誌には、ブラックバスの分布図が書かれていた記事が掲載され、読んだ記憶があります。

公式には、芦ノ湖と相模湖、津久井湖に放流されたが、余りのフィッシュイーターぶりに県外への持ち出しが規制されたとか。
それにも関わらず、県外に分布を広げていき、ブラックバスの害魚問題に発展しました。

害魚、益魚とは、魚に取ってみれば、何ともはた迷惑な話です。
立場によって、害魚にも益魚にもなりますからね。

そんなブラックバスは、違法放流で分布を広げたと言われ続けていましたが、ここに来て新説が発表されました。

以前より、水鳥の類の足、羽などに付着した卵が他の水域に移動してふ化したのではないかと言われていたものの、確たる証拠もなく現在に至ります。

しかし、ハンガリー・ドナウ研究所(DRI)生態学研究センター(CER)の研究チームが新たな証拠を見つけ、2020年6月22日に「米国科学アカデミー紀要」で発表したということです。

外来種として広く知られるコイとギベリオブナの卵をマガモに与える実験を行い、「マガモに与えた魚卵のうち0.2%が消化器内で生き残り、糞として排泄され、さらにその一部は孵化した」

ブラックバスではありませんが、外来魚として世界各地で問題となっているコイの研究結果です。一旦体内に入った卵が、消化されずに排泄され、しかもふ化するという衝撃的な研究結果です。

植物では、種子が体内に取り入れられ、他の場所で排泄され分布を広げるという「動物被食散布」は良く見られるそうです。
それが、魚でも起きるという発見です。

自然の力の偉大さを改めて感じる研究結果ですね。


研究結果原文 Experimental evidence of dispersal of invasive cyprinid eggs inside migratory waterfowl





人工的な放流は、大変な労力が必要です。
飛行機からの放流は、驚かされますね。







ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

今、話題の「バスフィシングのシークレット48」



巷で話題急増だとか。

私もこの本しっかりと持っています。
次作の「バスフィシングのシークレット48裏」ももちろん持っています。

これを読んで、記録式魚探を探したものです。


o0607108014761762532
o0607108014761762541
画像は友人のブログから拝借(Photo by 今日も大漁祈願





凄い高値で取引されているようです。

出版社なくなったんで、絶版本ですからね。
久しぶりに読んでみるかな。




ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

過去の釣果のバトンリレー

フェイスブックで行われている「過去の釣果のバトンリレー」。
私も3名の方から指名を受け、下記の写真をコメントとともに掲載しました。

DSC_1200
これは山中湖のなぎさボート2階の食堂だと思います。
大学のサークル日大チャートリュースの例会後の食事です。
5名映っていますが、現在釣り業界で働いている人が4名!
有名な方も一人います。
分かるかな?

DSC_0541
これは大学の納竿釣行で御殿場の東山湖に行った時の模様。
左にいるのが私です。
右の二人はひとつ上の先輩。
2名が今も釣り業界です。


F1000114
これは、JBマスターズの試合で三瀬谷ダムに行った時のもの。
大学同期のTHタックル濱田禎二くんと。
トーナメント毎に、二人で争っていました(笑)
これは私の勝ち!
微妙な笑顔の濱田君です。

20120729渚丸マダイ
これは片瀬江の島港の渚丸からウルトラ五目に行った時のもの。
アジをたくさん釣り、サバ餌で70センチオーバーのタイを釣ることができました。
がまかつのムツ針11号、ハリスは東レトヨフロン・スーパーL3号で仕留めましたが、ラッキーでしたね。

20130622_131450
Photo by NBC NEWS
JB2河口湖に、いまや人気女性アングラーとなった、なおちんこと井上直美さんと出場した時のもの。
バスフィッシングはこの時初めてながらも、シーバスで培ったキャストで貴重な魚をキャッチしてくれました。
非常に魚運の強い人だな~と印象に残っています。

48966065_2462201997127437_9041607740987801600_n
これは年末にピュアアングラーズ釣り教室でお世話になっている三喜丸からタチウオ釣りに行った時のもの。
なかなか厳しかったので、嬉しい1本でした。


DSC_0052
これは台湾の管理釣り場で釣ったグルーパーです。
サイズは小さいながらも、なかなか強烈な引きをする魚です。


DSC_0070
これは久しぶりに戻ったJB檜原湖で、これまた久しぶりの2015年の第2戦で5位入賞をした時のもの。
写真の関係ですごく顔が細く、やつれてしまっているのがおかしいですね。

DSC_0108
これはタイの管理釣り場で釣ったレッドテールキャット。
重たいんです。

DSC_0147
これもタイの管理釣り場で釣ったもの。
ヒットルアーはTDペンシル。
こいつは優秀なルアーです。

DSC_0176
これはベリーパーク鹿留のパインレイクで釣った、鼻曲がりのレインボー。


DSC_0301
長井新宿港の小見山丸からマルイカ釣り。
半分は沖漬けにしましたが、マルイカの沖漬けよりもムギイカの沖漬けは何倍も美味しいですね。


DSC_0347
JB2河口湖の時に西根ルアーワークスのブレードクランクで釣った和ナマズ。
この直前にバラしていたので、今度こそを思って釣りあげたらナマズでした。


DSC_0426
これは中津川で釣りあげた、綺麗なヤマメ。
サイズは小さかったですが、嬉しい1匹です。

DSC_0839
これはタイの管理釣り場で釣ったバラマンディ。
ウェイトは10キロ!
ヒットルアーは西根ルアーワークスのSCスメルト11g。

F1000330
これは芦ノ湖の特別解禁で釣ったバス。
しかし、特別解禁は表彰対象外。
フットボールのようなバスですね。


IMG_1840
最後はJB2河口湖で、高校生の時から知っている野村俊介プロと出場した時の1枚。
残念ながらこの1匹で終了でしたが、楽しい釣り時間でした。



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

俺のライジャケ!

友人が懐かしい映像を発掘してくれました。

safe_image (1)




これ、俺のライジャケです。
さぶちゃん、よく探しました(笑)

最初に見た時は、何だろうと思いましたが、あれ、これ俺のじゃんと、吹き出しそうになりました。

コロナウイルスで沈んだ気分が、スッキリしましたよ!
さぶちゃん、ありがとう!



スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。