釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

セントラルオープン

2020 Basspro.com Bassmaster Central Open at Neely Henry Lake

バスマスターセントラルオープンがアラバマ州のニーリー・ヘンリーレイクで、10月22日~24日の3日間開催されています。


opens_4c


日本選手は、木村健太選手、青木大介選手、伊豫部健選手、松下雅幸選手、北嶋一輝選手が出場です。
コアングラーでは、加木屋守選手もエントリー。




前戦での松下選手の優勝は記憶に新しいところです。

概要



Central Open Standings


年間順位は、木村健太選手が首位から39ポイント差の331ポイントで14位と好位置をキープです。

今大会の結果次第ではということですね。
残り2戦となったセントラルオープン。
注目です。


日本選手は、木村健太選手が、初日9ポンド10オンス35位とやや出遅れたものの、2日目14ポンド14オンスの好ウェイトをマークしトータル24ポンド8オンスで2位にジャンプアップ。
日本人選手の連勝をも期待させる展開でしたが、決勝はリミットメイクならずに4本6ポンド9オンスでトータル31ポンド1オンスの5位で終了。

この結果、セントラルオープンの年間ランキングは首位と20ポイント差の527ポイントで6位につけています。
オープンの年間ランキングは、トップと132ポイント差の797ポイントで5位につけており、どちらも楽しみです。

青木大介選手は16位、北嶋一輝選手は62位、伊豫部健選手は64位、松下雅幸選手は88位でした。
コアングラーで出場の加木屋守選手は5位と大活躍です。








ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Bassmaster Central Open at Sam Rayburn Final

バスマスターセントラルオープンがテキサス州のサムレイバーンで、9月10日~12日の3日間開催されています。

日本選手は、青木大介選手、木村健太選手、伊豫部健選手、松下雅幸選手、北嶋一輝選手が出場です。

5d3_2976.jpg-masayuki-matsushita
5d3_1426.jpg-masayukifixed
Photo by Bassmaster


初日27ポンド10オンスで首位スタートした松下雅幸選手。
2日目は15ポンド5オンスと失速するも、初日の貯金が効いてトータル42ポンド15オンスで2位で決勝を迎えました。首位との差は1ポンド5オンスと僅差です。
決勝は17ポンド15オンスを持ち込み、トータル60ポンド14オンスとし、首位だったDarold Gleason選手が8ポンド11オンスと崩れたことで首位へ。
松下選手を超える選手はおらず、嬉しい優勝です!






これでクラシックの出場権も獲得です!
活躍が楽しみですね!!



リザルト









ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

Bassmaster Central Open at Sam Rayburn Day1、2

バスマスターセントラルオープンがテキサス州のサムレイバーンで、9月10日~12日の3日間開催されています。

日本選手は、青木大介選手、木村健太選手、伊豫部健選手、松下雅幸選手、北嶋一輝選手が出場です。

5d3_1426.jpg-masayukifixed
Photo by Bassmaster


初日は松下雅幸選手が27ポンド10オンスで首位スタート。
2位はBrian Schott選手が27ポンド2オンス、3位はShaine Campbell選手が24ポンド8オンス、4位はJosh Douglas選手が22ポンド5オンス、5位はLogan Latuso選手が21ポンド3オンスという結果です。

木村建太は13ポンド3オンスで59位、青木大介は11ポンド9オンスで77位、北嶋一輝選手は10ポンド9オンスで99位、伊豫部健選手は3ポンド15オンスで182位スタートでした。

松下選手とBrian Schott選手が頭一つ抜け出しています。



そして2日目。
注目の松下選手は15ポンド5オンスと失速するも、初日の貯金が効いてトータル42ポンド15オンスで2位に踏みとどまります。
代わりに首位に立ったのはDarold Gleason選手。初日17ポンド3オンスと出遅れたものの、2日目に27ポンド1オンスをマークし、トータル44ポンド4オンスとしました。
3位は、初日4位のJosh Douglas選手がトータル41ポンド15オンスでワンランクアップ、4位は初日2位のBrian Schott選手がトータル41ポンド6オンス、5位はKeith Combs選手が40ポンド11オンスとなっています。

北嶋一輝選手は25ポンド12オンスで51位、木村建太は24ポンド15オンスで54位、青木大介は21ポンド6オンスで93位、伊豫部健選手は11ポンド15オンスで162位という結果でした。




リザルト


2日目は木村健太選手が追いかけられ、写真の特集がありました。




最終日の松下選手に注目です。



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2019 Bassmaster Central Open at Mississippi River Day3

B.A.S.S.バスマスターセントラルオープン第3戦がウィスコンシン州ラクロスのミシシッピーリバーのVeterans Freedom Parkで8月1日から3日に開催されました。




opens_4c
1w4a0101
Photo by B.A.S.S.

セントラルオープンの年間順位の暫定首位は、今年から参戦している伊藤巧選手。
392ポイントでリードしています。
そして5位には伊豫部健選手(372ポイント)、17位に片岡壮士選手(331ポイント)、18位北大祐選手(331ポイント)、23位加藤誠司選手(322ポイント)、27位青木大介選手(312ポイント)、47位北嶋一輝選手(271ポイント)、58位木村健太選手(233ポイント)、70位松下雅幸選手(213ポイント)と多くの選手が上位につけています。

セントラルオープン年間順位(第2戦まで)
Rank Name     PTS
1   Taku Ito     392
2   John Cox   385
3   Logan Latuso 379
4   Caleb Kuphall 376
5   Ken Iyobe   372
6   Marc Frazier   370
7   Joseph Webster 368
8   James Davis Jr 363
9   Wes Logan   361
10   Darold Gleason 357

セントラルオープンとイースタンオープンの年間順位上位5名はエリートシリーズの参戦権を得ることが出来、さらに出場権を持っている選手の動向によってはさらに増える可能性もあります。

ということは、日本勢から来シーズンのエリートシリーズに参戦する選手が増える可能性が高いということです。

第3戦参加者
2019 Central Open #3 angler rosters

今大会も、前述の選手の他に、コアングラー部門にチャプター山中湖の会長、センターフィールドの中原さん含む3人エントリーしています。

この時期のミシシッピーリバーでの試合は、2012年のNation戦以来となります。
どんな展開になるか楽しみです。



さて、決勝に5位で進出した青木大介選手の動向が気になる決勝です。

決勝単日のトップウェイトである16ポンド13オンスを叩き出したのはDevin Teigen選手。
トータル43ポンド3オンスで首位を奪取。

Teigen takes the title on the Mississippi



2位にはMike Brueggen選手がトータル42ポンド8オンス、3位には2日目までトップだったWes Logan選手がトータル42ポンド4オンス、4位には青木大介選手が14ポンド13オンスを持ち込み、トータル42ポンド3オンスで順位をひとつ上げました。
5位はCody Bird選手が41ポンド1オンスとなりました。


Screenshot_20190804-082012

年間ランキングの動向が気になります。



結果







ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2019 Bassmaster Central Open at Mississippi River Day2

B.A.S.S.バスマスターセントラルオープン第3戦がウィスコンシン州ラクロスのミシシッピーリバーのVeterans Freedom Parkで8月1日から3日に開催されます。


unnamed

opens_4c
1w4a0101
Photo by B.A.S.S.

セントラルオープンの年間順位の暫定首位は、今年から参戦している伊藤巧選手。
392ポイントでリードしています。
そして5位には伊豫部健選手(372ポイント)、17位に片岡壮士選手(331ポイント)、18位北大祐選手(331ポイント)、23位加藤誠司選手(322ポイント)、27位青木大介選手(312ポイント)、47位北嶋一輝選手(271ポイント)、58位木村健太選手(233ポイント)、70位松下雅幸選手(213ポイント)と多くの選手が上位につけています。

セントラルオープン年間順位(第2戦まで)
Rank Name     PTS
1   Taku Ito     392
2   John Cox   385
3   Logan Latuso 379
4   Caleb Kuphall 376
5   Ken Iyobe   372
6   Marc Frazier   370
7   Joseph Webster 368
8   James Davis Jr 363
9   Wes Logan   361
10   Darold Gleason 357

セントラルオープンとイースタンオープンの年間順位上位5名はエリートシリーズの参戦権を得ることが出来、さらに出場権を持っている選手の動向によってはさらに増える可能性もあります。

ということは、日本勢から来シーズンのエリートシリーズに参戦する選手が増える可能性が高いということです。

第3戦参加者
2019 Central Open #3 angler rosters

今大会も、前述の選手の他に、コアングラー部門にチャプター山中湖の会長、センターフィールドの中原さん含む3人エントリーしています。

この時期のミシシッピーリバーでの試合は、2012年のNation戦以来となります。
どんな展開になるか楽しみです。



さて、日本勢がトップ10に4名入る快挙を成し遂げた初日。62位と大きく大きく出遅れた伊藤選手の巻き返しが気になる2日目です。

2日間を終了し、首位に立ったのは初日も首位スタートを切ったWes Logan選手。
初日16ポンド10オンス、2日目15ポンド3オンストータル31ポンド13オンスとリードを広げました。
減水傾向のミシシッピーリバーに上手くアジャストできたようです。


2位には初日4位のKyle Dorsett選手がトータル29ポンド3オンス、3位には2日目のトップウェイトを叩き出したJohn Engler選手がトータル28ポンド12オンス、4位にはMike Brueggen選手が28ポンド8オンスで続きます。
そして初日6位スタートの青木大介選手が2日目を12ポンド15オンス、トータル27ポンド6オンスとし、5位で決勝に進出です。

初日8位スタートの加藤誠司選手が2日目10ポンド12オンスと伸び悩み、トータル24ポンド15オンスの19位、同じく2位スターとの木村健太選手も9ポンド12オンスでトータル24ポンド13オンスの20位、初日3位スタートの北嶋一輝選手も9ポンド2オンスでトータル24ポンド1オンスの26位で終了。
いずれも初日のアドバンテージを生かせませんでした。



年間レースの暫定首位の伊藤巧選手は9ポンド15オンス、トータル20ポンド11オンスで初日の62位から66位にやや順位を落としました。
松下雅幸選手は10ポンド6オンスでトータル20ポンドの74位、北大祐選手は5ポンド8オンスでトータル14ポンド14オンスの117位、片岡壮士選手は5ポンド4オンスでトータル14ポンド10オンスの118位、伊豫部健選手は10ポンド13オンスと捲くりますが初日の出遅れが響きトータル14ポンド7オンスの119位で終了しました。

決勝へは青木大介選手のみが進出となりました。
首位との差は4ポンド7オンスとやや開いていますが、チャンスが0ではありません。
決勝での活躍を期待したいと思います。


コアングラーで出場のチャプター山中湖中原会長は、1本2ポンド1オンストータル6ポンド12オンスの89位で終了しました。



2日目結果







ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。