釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

桧原湖

ワイルドサイドWSS-64ML

レジットデザイン ワイルドサイドWSS-64ML




全長: 6ft.4inc / 標準自重: 98g / アクション: MF / グリップ長: -mm / 先径: 1.64mm / 元径: 9.9mm / 継数: 1pc / 適合ルアー: 2.7-11g / 適合ライン: 3-6/0.4-1(PE) / カーボン: 85% / アラミド: 10% / グラス: 5% / メーカー希望小売価格: 29,000円 / 品番: 111-035 / JAN: 4573126350350

シャッド単体、キャロライナリグ+シャッド、小型ミノーなどをジャーク、トゥイッチするための要素をすべて盛り込んだ、スペシャルモデル。投げにくいルアーを快適にキャストできるスムースなベンドカーブ。PEライン、モノフィラライン共に対応するガイドセッティング。シャッドの挙動を把握し、じゃれつくようなバイトを絡め獲ることが出来る繊細さを持ちつつ、ブレの少ないティップ。ハードジャークや繊細なトウィッチをひたすら繰り返すことが可能な操作性。軽さ、操作性、しなやかさ、粘り。相反する要素を1本にまとめ上げたレジットデザインならではのロッドです。

ミノー、シャッドをジャークさせることを主眼においたロッドということで、キャロシャッドの対応を目論見導入しました。

当日は、通常のシャッドを付け、投げてみました。
キャロシャッドをメインに考えているだけに、ロッドのパワーは十分。
そのため、単体での使用では、ロッドの曲がりが十分に取れないのではと懸念していましたが、垂らしを長めに取ることで問題なくキャストでき、飛距離も十分。(笑い話ですが、飛び過ぎて木の上にルアーを引っ掛け、ロストしてしまいました)

ジャークをする際も、PEセッティングだったのですが、上手くジャークすることができます。
これまた、完成度の高いロッドですね。
軽量のルアーにどこまで対応できるかは、これから継続してテストしたいと思いますが、キャロシャッドはこれで大丈夫ですね。

しかい、唯一の難点が。
これは、私のロッドの握り方との相性の問題ですが、フックハンガーの位置に指が当たることが多く、使いにくい。
持ち方を考えなければいけませんね。

それ以外の使い心地は良かったです。








さて、次はどれかな?
気になるロッドが多くて困ります。

個人的には、ロングリーダー対応のソリッドモデルのキャロロッドが欲しい。
ニッチな番手ですが、7.3~7.6fクラスで欲しいです。

作ってくれないかな~。



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


JBトーナメント再開

NBCNEWSが更新され、JB・NBC本部から7月からトーナメントスケジュールを再開するというのお知らせが掲載されていました。






これにより、今のところ全シリーズが7月から再開されます。
TOP50は、9月18日~20日に霞ケ浦戦(潮来港)、10月16日~18日桧原湖戦、11月6日~8日遠賀川戦、12月4日~6日弥栄湖戦と、今までに類を見ないスケジュールとなっています。
北浦戦に関しては、未だ調整中のようです。



マスターズ戦は、1戦が終了し、7月11日~12日北浦戦、8月8日~9日河口湖、9月12日~13日野尻湖となり、三瀬谷ダム戦が北浦戦に振り替えられました。
マスターズの北浦開催は、かなり久しぶりだと思います。


私のエントリーする桧原湖、河口湖のシリーズは、桧原湖が7月19日、8月23日、9月6日、10月25日と、全体的に後ろよりです。
JBⅡ桧原湖は、7月18日、9月5日、10月24日に開催です。

JBⅡ河口湖は、8月29日、9月26日、10月3日に開催です。
第1戦の予定だった6月20日はキャンセルされました。

目標が明確になり、いよいよという気持ちになってきましたね。



DSC_1268
コロナからの夜明けです




ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


JBエントリー

今年もこの季節が来ました。

DSC_0308

JBのエントリーです。
同時に今年最後のバスマガジンも到着です。

表紙は2度目のクラシック制覇した三原直之選手。

来年のエントリーは、JB桧原湖とJB2桧原湖、JB2河口湖にする予定です。

25歳でバスプロ登録し、来年は26年目のシーズンです。
不本意なシーズンが続いていますので、自身の集大成として挑みたいと思います。

JBトップ50第4戦桧原湖エバーグリーンカップ最終日

JBトップ50第4戦エバーグリーンカップの最終日が開催されました。
暫定首位は三原選手。
初優勝目指して頑張って欲しいですね!

2位以下は混戦模様ですから、まだ目が離せません。




top504-0


トップ50の試合は、決勝になると非常にタフになるのですが、今回は3日目も3キロオーバーが9名という結果でした。

3日目単日首位は西川選手。
3,865gをウェインしました。
2位にはベリーパーク鹿留でアルバイトしている藤田京弥選手が3,750gで続きます。
3位にはAOYレース暫定首位の早野選手が3,572g、4位には黒田選手が3,362g、5位には大塚選手が3,208gとなっています。

昨日までの首位、初優勝を狙う三原選手は3本、1,326gと失速。

この結果、最終日単日首位の西川選手が、1,732gのビハインドを跳ね除け唯一の10キロオーバー10,245g逆転で嬉しい初優勝。

ウィニングルアーは
●ナカタジグ+ブルフラット
●シザーコームのキャロ
●メディス
だそうです。


2位には小林選手が3日間3キロオーバーでまとめ9,754g、3位には初日のビッグウェイトを生かし、2日目まで首位だった三原選手、4位にはAOYレース暫定首位の早野選手が9,432g、5位には藤田京弥選手が8,968gで入賞しました。



この結果、年間順位は以下の通りとなりました。

暫定順位氏名ポイント計重量計1位との差
1位早野剛史180p41,301g0p
2位藤田京弥173p39,111g7p
3位黒田健史162p35,698g18p
4位篠塚亮152p35,468g28p
5位佐々一真150p33,721g30p
6位川口直人138p30,535g42p
7位三原直之138p30,175g42p
8位小林明人137p30,951g43p
9位山岡計文137p30,688g43p
10位江口俊介135p32,675g45p
NBCNEWS)

DmoexdyUUAAScLc


暫定首位の早野選手ががっちりと首位をキープし、7ポイント差の2位に藤田京弥選手、18ポイント差の3位に黒田選手、28ポイント差の4位に篠塚選手、30ポイント差の5位に佐々選手が付ける展開です。

実質、年回争いは上位3名に絞られたといっても過言ではないでしょう。

誰が勝っても初タイトル。最終戦に注目です!

JBトップ50第4戦桧原湖エバーグリーンカップ2日目

JBトップ50第4戦桧原湖エバーグリーンカップの2日目が始まります。

初日の三原選手の巨大なラージと巨大なスモールのミックスバックで4,910gは見事でした。
全体的に釣れておらず、3キロオーバーは9名で、2キロ台が多数という展開でした。

年間争いの上位陣は、SHINGO選手がまさかのノーフィッシュ。
それ以外の選手も軒並みロースコアで、暫定首位の早野選手が2,720g、篠塚選手が2,882g、小林選手が2,552g、佐々選手2,548gと何とか食らいついていますが、他のトップ10選手は2キロ前半から1キロ台と低迷しています。

さ、2日目はどうなりますか。


2日目のトップは今年トップ50デビューの上野晃平選手。5本3,930を持ち込んだ。
DmjVuJsU8AERiDj
2日目首位の上野選手(Photo by NBCNEWS


2位にはこれまた今年からトップ50参戦の井上泰徳選手。5本3,665g。以下、3位青木大介選手が3,516g、4位佐々一真選手が3,292g、5位小林知寛選手3,288gとなった。

トップウェイトは下がったものの、雨パワーの影響か上位12名が3キロオーバーと昨日よりもウェイトが伸びた。
リミットメイクも34名(47人中)と昨日の20名から大きく伸びた。
2キロ台は22名、1キロ台8名、1キロ以下5名(ノーフィッシュ1名)だった。

桧原湖を得意としている小森嗣彦選手はこの日まさかの666g。昨日3キロオーバーの河辺選手が984gと苦戦。
AOY暫定首位の早野選手は3,240gで7位と好調を維持。
初日首位の三原選手は3,202gで8位となり、トータルウェイトでも8,112gで首位をキープ。
2位の小林知寛選手の6,676gに1,436g差をつけ独走態勢です。
3位には井上泰徳選手が6,425g、4位の西川慧選手が6,380g、5位の上野晃平選手が6,348g、以下、青木大介選手、青木哲選手、川口直人選手、山岡計文選手までが6キロオーバーと、2位以下は混戦です。


年間争いは、暫定首位の早野選手が11位(重量換算)で通過。
2位の江口選手は予選落ち、3位の藤田選手は22位で通過、4位の黒田選手は27位で通過、5位の小林選手は24位で通過、6位の篠塚選手は17位で通過、7位のSHINGO選手は予選落ち、8位の佐々選手は10位で通過、9位の小森選手、10位の今江選手は予選落ちとなっています。




総重量

1
  三原直之
8,112g
2
  小林知寛
6,676g  1,436g
3
  井上泰徳
6,425g  1,687g
4
  西川慧
6,380g  1,732g
5
  上野晃平
6,348g  1,764g
6
  青木大介
6,194g  1,918g
7
  青木哲
6,134g    1,978g
8
  川口直人
6,062g  2,050g
9
  山岡計文
6,040g  2,072g
10
  吉田秀雄
5,872g  2,240g
11
  早野剛史
5,860g  2,252g
12
  佐々一真
5,840g  2,272g
13
  武田栄喜
5,814g  2,298g
14
  茂手木祥吾
5,744g  2,368g
15
  竹内俊美
5,708g  2,404g
16
  南一貴
5,666g  2,446g
17
  篠塚亮
5,488g  2,624g
18
  福島健
5,454g  2,658g
19
  小野俊郎
5,384g  2,728g
20
  沢村幸弘
5,340g  2,772g
21
  大塚茂
5,258g  2,854g
22
  藤田京弥
5,218g  2,894g
23
  藤木淳
4,994g  3,118g
24
  小林明人
4,904g  3,208g
25
  野村俊介
4,878g  3,234g
26
  本堂靖尚
4,854g  3,258g
27
  黒田健史
4,574g  3,538g
28
  藤田夏輝
4,466g  3,646g
29
  河辺裕和
3,990g  4,122g
30
  泉和摩
3,656g  4,456g


2日間の状況を見る限り、三原選手の逃げ切りが濃厚ですが、時間が短い3日目で気まぐれなスモール相手では何が起こるかわかりません。
10位の吉田選手あたりまでは逆転の可能性が十分あると思います。



3日目は、ライブ配信もありますので、お時間のある方はご覧ください。

top504-0



スポンサードリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。