釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

決勝進出

2020 Basspro.com Bassmaster Central Open at Lewisville Lake Final

バスマスターセントラルオープンの最終戦が、テキサス州のルイスビルレイクで11月19日~21日に開催されます。
5d3_6853.jpg-tommy-williams-pro-champion



opens_4c
Photo by Bassmaster





木村健太選手は、決勝進出を逃したものの15位でフィニッシュし、年間ランキング暫定3位でシーズンを終え、エリート昇格権利を獲得。

セントラルオープン年間ランキング




優勝は2日目までの首位、Tommy Williams選手。
最終日もスコアに苦しむ選手が多い中、2日目崩れる選手が多い中、Tommy Williams選手もリミットメイクならず7ポンド15オンスと失速しましたが、貯金が効いてトータル41ポンド15オンスで逃げ切り成功。




2位はBranden Hollingshead選手が12ポンド10オンスと猛追するものの僅かに届かず、トータル40ポンド6オンス、3位はBrian Clark選手が最終目トップウェイトとなる15.ポンド12オンスを持ち込みトータル37ポンド11オンスで8位からジャンプアップ、4位は初日3位のBryan New選手がトータル33ポンド5オンスでワンランクアップ、5位はGreg Hackney選手がトータル31ポンド11オンスとなっています。


注目の伊豫部健選手は、最初の1本は早かったもののその後苦しみ、2本6ポンド6オンスで終了。トータル27ポンド5オンスで8位まで順位を上げました。




決勝進出者結果
1位 Tommy Williams 41ポンド15オンス
2位 Branden Hollingshe 40ポンド6オンス
3位 Brian Clark 37ポンド11オンス
4位 Bryan New 33ポンド5オンス
5位 Greg Hackney 31ポンド11オンス
6位 Brandon Dillard 31ポンド9オンス
7位 Blake Whatley 30ポンド8オンス
8位 伊豫部健 27ポンド5オンス
9位 Shawn Temple 26ポンド8オンス
10位 Billy Cline 26ポンド6オンス
11位 Keith Combs 25ポンド9オンス
12位 Austin Cranford 23ポンド6オンス


リザルト



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2020 Basspro.com Bassmaster Central Open at Lewisville Lake Day2

バスマスターセントラルオープンの最終戦が、テキサス州のルイスビルレイクで11月19日~21日に開催されます。


opens_4c
Photo by Bassmaster





日本選手は、木村健太選手、青木大介選手、伊豫部健選手、松下雅幸選手、北嶋一輝選手が出場です。

ここまで木村健太選手は、トップと20ポイント差の527ポイントの6位。
イースタンとの総合でも、トップと85ポイント差の924ポイントの9位につけています。




2日目に首位に立ったのは、初日2位のTommy Williams選手。
2日目崩れる選手が多い中、15ポンド8オンスをマークしトータル34ポンド0オンスで6ポンド以上の差をひっくり返します。
2位はBrandon Dillard選手が3ポンド4オンスと大失速したものの初日の貯金が効いて、トータル27ポンド13オンス、3位はBranden Hollingshead選手が2日目トップウェイトとなる20.ポンド12オンスを持ち込みトータル27ポンド12オンス、4位は初日3位のGreg Hackney選手がトータル24ポンド11オンス、5位はBryan New選手がトータル23ポンド5オンスとなっています。


注目の木村健太選手は、2日目7ポンド11オンスと伸び悩み、トータル20ポンド7オンスで15位で終了。
セントラルオープン暫定ランキングは、トップと1ポイント差の71ポイントで3位です。
初日5ポンド15オンスで62位と出遅れた伊豫部健選手が、2日目15ポンド0オンスと捲り、トータル20ポンド15オンスで11位に進出し、見事決勝進出です。
今シーズンは歯がゆい戦いが多かった伊豫部健選手ですが、最後に見せ場を作りました。
青木大介選手は11ポンド11オンスで56位、松下雅幸選手は11ポンド6オンスで58位、北嶋一輝選手は8ポンド12オンスで81位となりました。


2日目伸び悩む選手が増え、3日目も荒れそうです。
伊豫部健選手にもまだまだチャンスがありそうです。

決勝進出者
1位 Tommy Williams 34ポンド0オンス
2位 Brandon Dillard 27ポンド13オンス
3位 Branden Hollingshe 27ポンド12オンス
4位 Greg Hackney 24ポンド11オンス
5位 Bryan New 23ポンド5オンス
6位 Shawn Temple 22ポンド14オンス
7位 Blake Whatley 22ポンド13オンス
8位 Brian Clark 21ポンド15オンス
9位 Billy Cline 21ポンド13オンス
10位 Keith Combs 21ポンド7オンス
11位 伊豫部健 25ポンド15オンス
12位 Austin Cranford 20ポンド13オンス


リザルト



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2020 Toyota Bassmaster Texas Fest benefiting Texas Parks and Wildlife Department Day3

バスマスターエリートシリーズの最終戦テキサスフェストが、11月5日~8日にテキサス州のレイクフォークで開催されます。


elite-series-logo_new
Photo by Bassmaster


3日目の首位は前日も首位のPatrick Walters選手。
この日も5本29ポンド6オンスとトップウェイトを叩き出し、トータルと82ポンド2オンス、2位に25ポンドの大差をつけ、ほぼ優勝を手に入れました。
2位は前日2位のEd Loughran III選手が57ポンド2オンス、3位はKeith Combs選手が57ポンド1オンス、4位はBrandon Palaniuk選手が53ポンド10オンス、5位は日本のオールドファンにもなじみ深いJay Yelas選手が52ポンド11オンスとなっています。

以下、6位 Brad Whatley選手 52ポンド6オンス、7位 Stetson Blaylock選手 52ポンド0オンス、8位 Skylar Hamilton選手 49ポンド13オンス、9位 Lee Livesay選手 49ポンド10オンス、10位 Brock Mosley選手 49ポンド10オンスとなりました。

初日首位のRick Clunn選手は、46ポンド6オンス17位でフィニッシュです。

Patrick Walters選手が一人異次元の釣果でリードしています。
どんなパターンなのか気になりますね。
2位以下は混戦ですので、最終日での変動はありそうです。


決勝進出の10名
1位 Patrick Walters 82ポンド2オンス
2位 Ed Loughran III 57ポンド2オンス
3位 Keith Combs 57ポンド1オンス
4位 Brandon Palaniuk 53ポンド10オンス
5位 Jay Yelas 52ポンド11オンス
6位 Brad Whatley 52ポンド6オンス
7位 Stetson Blaylock 52ポンド0オンス
8位 Skylar Hamilton 49ポンド13オンス
9位 Lee Livesay 49ポンド10オンス
10位 Brock Mosley 49ポンド10オンス









リザルト



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2020 Basspro.com Bassmaster Eastern Open at Cherokee Lake Final

opens_4c
Photo by Bassmaster

バスマスターイースタンオープンが10月29日から31日の3日間、テネシー州のチェロキーレイクで開催されます。

日本からは松下雅幸選手、桐山孝太郎選手、青木大介選手、伊豫部健選手、そして先日のセントラルオープンで5位だった木村健太選手がエントリーしています。
コアングラーには、加木屋守選手がエントリーしています。

優勝は、最終日を首位で迎えたMatthew Robertson選手。
12ポンド4オンスを持ち込み、トータル40ポンド12オンスです。
3日間ともに安定した釣果を持ち込みました。
2位は最終日を3位で迎えたJosh Roark選手が12ポンド3オンス、トータル39ポンド2オンスでワンランクアップ。
3位は初日首位スタートのJoshua Stracner選手が、最終日ののトップウェイトとなる13ポンド5オンスをマークし、トータル38ポンド15オンス。2日目の失速が勿体ないです。
4位は6位で最終日を迎えたBill Humbard選手が11ポンド0オンス、トータル33ポンド8オンス、5位は最終日を12位ギリギリで通過したAndy Hribar選手が12ポンド0オンス、トータル32ポンド15オンスでジャンプアップしました。

2位で決勝を迎えたDenny Fiedler選手がノーフィッシュに終わる波乱もありましたが、3日間安定した成績を残したMatthew Robertson選手が逃げ切りました。



1位 Matthew Robertson 40ポンド12オンス 
2位 Josh Roark 39ポンド2オンス
3位 Joshua Stracner 38ポンド15オンス
4位 Bill Humbard 33ポンド8オンス
5位 Andy Hribar 32ポンド15オンス
6位 John Hunter Jr 32ポンド10オンス
7位 Spencer Peters 31ポンド1オンス
8位 Timmy Thompkins 30ポンド3オンス
9位 Denny Fiedler 28ポンド5オンス
10位 Patrick Walters 27ポンド15オンス
11位 Jeremy Gordon 27ポンド9オンス
12位 Marc Frazier 25ポンド1オンス







リザルト
 



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2020 Basspro.com Bassmaster Eastern Open at Cherokee Lake day2

opens_4c
Photo by Bassmaster

バスマスターイースタンオープンが10月29日から31日の3日間、テネシー州のチェロキーレイクで開催されます。

日本からは松下雅幸選手、桐山孝太郎選手、青木大介選手、伊豫部健選手、そして先日のセントラルオープンで5位だった木村健太選手がエントリーしています。
コアングラーには、加木屋守選手がエントリーしています。

2日目の首位は、初日2位だったMatthew Robertson選手。
14ポンド0オンスを持ち込み、トータル28ポンド8オンスです。
2位は初日と変わらずDenny Fiedler選手が13ポンド13オンス、トータル28ポンド5オンスと僅差で続きます。
3位はJosh Roark選手が、この日2番目のウェイトとなる15ポンド2オンスをマークし、トータル26ポンド15オンス、4位は初日首位スタートだったJoshua Stracner選手が10ポンド14オンス、トータル25ポンド10オンス、5位はTimmy Thompkins選手が14ポンド4オンス、トータル23ポンド10オンスでした。

日本勢は初日9位の松下雅幸選手が8ポンド5オンス、トータル20ポンド5オンスで14位。
初日63位と出遅れた青木大介選手は14ポンド5オンスと捲り、トータル18ポンド13オンスで17位、木村健太選手は6ポンド15オンス、トータル8ポンド15オンス74位、桐山孝太郎選手は1ポンド12オンス、トータル6ポンド15オンス94位、伊豫部健選手は2ポンド8オンス、トータル5ポンド0オンス111位となりました。

コアングラーの加木屋守選手は4ポンド2オンス、トータル7ポンド6オンス16位です。

上位2名は3オンス差、3位とは2ポンド9オンス差、4位とは2ポンド14オンス差です。
ビッグウェイトが出にくい状況のようですから、このあたりまでが優勝圏内でしょうか?
しかし、リミットメイクできない状況もあり得ますので、大逆転もあるかもしれません。

1位 Matthew Robertson 28ポンド8オンス 
2位 Denny Fiedler 28ポンド5オンス
3位 Josh Roark 26ポンド15オンス
4位 Joshua Stracner 25ポンド10オンス
5位 Timmy Thompkins 23ポンド10オンス
6位 Bill Humbard 22ポンド8オンス
7位 Jeremy Gordon 22ポンド0オンス
8位 Spencer Peters 21ポンド9オンス
9位 Marc Frazier 21ポンド7オンス
10位 Patrick Walters 21ポンド5オンス
11位 John Hunter Jr 21ポンド0オンス
12位 Andy Hribar 20ポンド15オンス







リザルト




ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。