釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

管理釣場

厚木へら鮒センター②

昨年末に出掛けた厚木へら鮒センターへ2回目の釣行です。

DSC_0796




朝、6時半少し前に到着すると、既に開門されており、多くの釣り人がいました。
この日は、チョーチンセットの釣りを練習しようと思っていたので、大池の桟橋北側16番に陣取ります。
というか、ここしか空いていませんでした。

o1080081014882954829
Photo by 厚木へら鮒センターブログ 一番手前が私


この日は例会が3つ入っており、それぞれ大池桟橋南11名、大池北、小池北で予約されていました。

受付を済ませ、準備を進めます。
まだまだ段取りが悪いですね。
このあたりをスムーズに行えるように、セッティングを煮詰めないといけませんね。

竿は8尺
仕掛け
道糸0.6号、ハリス上 0.5号 8センチ。下 0.3号40~50センチ(ほぼ40センチ)
針、上 がまかつ ヤラズ7号 下 がまかつ 関東スレ3号、イズナ2号、コム2号
ウキ 痴舟 8 ムクトップ

この日は餌のブレンドパターンを色々試し、どんな感じかを覚えるために通常の作り方の半分の量で作り、反応に関係なく無くなったら作り変えることにしました。
下記ブレンド量の半分で作成。


1セット目 7:20〜9:00(1時間40分) 4枚
粒戦 100cc、粒戦細粒 50ccさなぎパワー 100cc、水 200cc 吸水のため放置、セットアップ 100cc、ット専用バラケ 100cc、BBフラッシュ 100cc 餌量 225cc、水量 100cc(当日)
餌が上手くまとまらず、段底ひとつかみ入れたら、まとまるようになった。作り方が良くなかったのか?
要再チャレンジ

段底を入れた後から、ウキも馴染むようになり、アタリが出だし、エサが無くなるまで4枚。

DSC_0790
DSC_0792



2セット目 9:15〜11:05(1時間50分) 5枚
粒戦 100cc、とろスイミー 50cc、さなぎパワー 100cc、水 150cc、段底 200cc、セット専用バラケ 100cc、BBフラッシュ 100cc 餌量 325cc、水量 75cc(当日)
段底を入れたことで餌のまとまりよく、つけやすい。
餌持ちもよく、針に付けやすいが、もう少しバラけて欲しいとも思った。
4~5回の上への誘いで抜ける感じ。

DSC_0793


3セット目 11:20〜12:45(1時間25分) 6枚
粒戦 100cc、とろスイミー 50cc、水 200cc、セットアップ 100cc、ット専用バラケ 100cc、バラケマッハ 100cc 餌量 225cc、水量 100cc(当日)
最初はしっとりしたタッチで良い感じ。
しかし、餌が持たないので、段底をひとつかみ入れると、持つようになるが、バラケが遅くなった。
3~4回の上への誘いで抜ける感じ。

DSC_0794
DSC_0795

DSC_0796


4セット目 13:00〜14:05(1時間5分)  4枚
粒戦 100cc、粒戦細粒 50cc、さなぎパワー 100cc、水 150cc、セットアップ 100cc、セット専用バラケ 100cc
 餌量 225cc、水量 75cc(当日)
餌が柔らかく、バラケが良い。そのため餌付けは難しかった。手もみをしながら付けた。

DSC_0797
DSC_0798



5セット目 14:20〜15:40(1時間20分)  4枚
粒戦 50cc、とろスイミー 50cc、水 200cc、セットアップ 100cc、セット専用バラケ 100cc、BBフラッシュ 100cc、バラケマッハ 100cc 餌量 250cc、水量 100cc(当日)
柔らかい餌のタッチながらも、餌の持ちは良い。

DSC_0799


7:00~15:40 合計23枚

バラケの良い餌を打っている時は、時間も短い。
どの餌も、餌を上手く付けられれば、アタリをもらえたので、餌付けは非常に重要。
上手くまとめられる餌(手に付かない)は、餌付けが上手くいく。
2セット目、5セット目はその感じができた。
前回の小池よりも、魚のサイズが良く、新べらも5割以上の確率(6:4で新べら)で混じった。
チョーチンだったからか?

水温も前回よりも下がり、アタリが出るのは遅い感じで、ウキが馴染んでから抜け、そこから20秒以内に当たるという理想的な動きは少なかった。
また、表層にヘラが群がり、その層を突破するのが課題だったので、比較的バラケを抑えるタッチにしたのが成功だったのかもしれない。

ウキは、チョーチン用の専用ウキではなかったので、トップの長さが不足していたが、一日使い続けた。
数を釣るならば、メーターセットの方が良かったが、サイズはチョーチンの方が良かったかも。


餌作り、餌付け、手を出して良いアタリの見極めが課題。



次は、大会会場の椎の木湖に行ってみます。


この日の状況



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

タイの管理釣場③パイロット111

タイは管理釣場が盛んな国です。
日本からも、ここでの釣りをするために訪問する方もいます。
今回、タイの管理釣場をいくつか周りましたので、順番に紹介したいと思います。


パイロット111フィッシングポンド

DSC_0137

DSC_0133

DSC_0132

DSC_0134

DSC_0135

DSC_0136

DSC_0138

DSC_0139

DSC_0140
タックルも少しですが売っています。


ここの特徴は色々な種類の魚を池によって狙えるというところです。
池は10個ほどあり、バラマンディ、チャドー、チャオプラヤキャットフィッシュ、レッドテールキャットフィッシュ、ナイフフィッシュ、コロソマなどが入っています。


料金
500バーツ/1タックル(6:00~18:00 金のみ7:00~17:00)


今回はスペシャルポンドでチャドー、バラマンディをメインに釣りました。

DSC_0141
DSC_0142
DSC_0143

かなり広い池でした。

DSC_0145
最初に釣れたのはこちら。
スネークヘッドてした。


DSC_0147
そしてキレイな模様のチャドー!

ペンシルでも釣れました!

この他にはバラマンディも多数釣れていましたね。
日本人にも有名なパイロットですが、スペシャルポンド以外でもピーコックバスが入っている池があるなど、楽しめそうです。


タイの管理釣場②モンコンフィッシングパーク

タイは管理釣場が盛んな国です。
日本からも、ここでの釣りをするために訪問する方もいます。
今回、タイの管理釣場をいくつか周りましたので、順番に紹介したいと思います。


モンコンフィッシングパーク

通常の池の他に養殖池での釣りを経験することができます。
魚は、バラマンディがメインでレッドテールキャットも入っています。

養殖池の釣りは、釣った魚をそのまま出荷するため、業者に取っては魚を回収する手間が省ける上に、お金ももらえると言う、一粒で二度美味しい話です。
釣人にとってはスレていないバラマンディの強烈な引きを味わえます。

サイズは5キロ前後がアベレージサイズ。
10キロオーバーも潜んでいます。

料金
レギュラーポンド 200バーツ/1日(8:00~20:00)
スペシャルポンド 応談(1,000~2,000バーツ程度)

DSC_0100
DSC_0099
DSC_0101

こちらが通常の池です。
なかなかシビアなコンディションてす。

DSC_0102
DSC_0103

懐かしい日本のルアーもチラホラ。 


DSC_0104
DSC_0105

こちらが養殖している池です。
大きい魚は出荷したそうで、4〜5
キロ前後が多いということです。



DSC_0107
DSC_0108

こんなレッドテールキャットもいました。

とりあえず、レギュラーサイズのバラマンディはたくさん釣れます。

1573906887316


ワンキャストワンヒットは当たり前で、強烈な引きを楽しめました。

何度もタイでバラマンディを釣っていますが、本当に楽しいてすね!



タイの管理釣場番外編エビの釣堀

タイは管理釣場が盛んな国です。
日本からも、ここでの釣りをするために訪問する方もいます。
今回、タイの管理釣場をいくつか周りましたので、順番に紹介したいと思います。



アジアではエビ(オニテナガエビ)の釣堀が多くあります。
それはタイも同じで、色々とあります。
日本のテナガエビと違い、大型の固体が多いのが特徴です。
引きも強いです。

DSC_0074

DSC_0075

料金
1時間100バーツ

シーナカリンのうちの店の近くてす。

DSC_0076
のべ竿を使ったウキ釣りてす。

DSC_0078
DSC_0079
餌は鳥の心臓。

DSC_0080
針先が出ないようにつけるのがポイントてす。
また、新鮮な餌の方がエビの寄りが良いので、定期的に新しく付け替えるのが良いようです…

DSC_0083
DSC_0081
DSC_0082

事前に棚をしっかりの測り、ウキ下の調整を行います。

餌を付け、投入し、アタリを待ちます。
アタリはウキがジワジワ沈むので分かりますが、合わせのタイミングは沈んだウキが止まるまで待つのが大切。

そして、ゆっくり聞きあげるように糸を張り、エビ重みを感じたらスナップを聞かせて鋭く合わせます。

あとはエビの引きに合わせて、無理やり引き上げず、ゆっくりとやり取りし、カゴに入れればまOKです。

1573906674281
1573906670448



合わせのタイミングや意外と引くエビとのやり取りがこの釣りの面白みです。
機会があればチャレンジしてみてください。

タイの管理釣場①VIPフィッシングパーク

タイは管理釣場が盛んな国です。
日本からも、ここでの釣りをするために訪問する方もいます。
今回、タイの管理釣場をいくつか周りましたので、順番に紹介したいと思います。


VIPフィッシングパーク

DSC_0048


レギュラーポンドとツアーポンドがあり、ツアーポンドの方が魚が大きいということです。
魚は、バラマンディ、グルーパー、ジャイアントグルーパー、グレイスナッパー、レッドスナッパー等がいるそうです。

DSC_0041

DSC_0042

DSC_0043

DSC_0044

料金
レギュラーポンド 200バーツ/1日
ツアーポンド 2,000バーツ/1日(8:00~20:00) 午後からは1,000バーツ 15時からは500バーツ


タイ初日の管理釣り場はこちらにお邪魔しました。


この日は一緒に行った人たちとミニトーナメントです。
ルールは、バラマンデイがウェイトそのまま、グルーパーはウェイト2倍、スナッパーはウェイト4倍という計測で、釣り上げた魚を6回計測出来、そのうち上位3匹のウェイト勝負です。

池は3つあり、大型の多いツアーポンドと、数が釣れる真ん中の池(ここにはバラマンディ、グルーパー、スナッパーがいて、スナッパーはここだけに入っている)をメインで狙いました。

シャッドテール系やスピナーベイト、チャターが良いということで、先発はこちら。

DSC_0045


まずは手堅く魚を釣ろうとツアーポンドの水通しの良い水車周りを狙いますが、反応なし。
真ん中の池に移動し、根魚用のブレードベイト+シャッドテールで1.5キロオーバーのグルーパーをゲットしますが、小さいと言われリリース。(これが後に判断ミスとなる)

DSC_0046


その後さらに小さいグルーパーを追加するも、当然ウェインせず。


そうこうするうちに、意外と釣れないことが判明し、前半のグルーパーを検量しなかったことの後悔の念が渦巻き、釣りのリズムがズタボロに。

小さな魚は釣れるものの、バラマンディのため検量せず。
周囲では4キロオーバーのグルーパーも釣れており、余計に焦る。

終了時間まで1時間半となり、まだ検量なし。
とりあえずリミットメイクを目指し、シャッドテールからメタルバイブに持ち替え、1キロ前後のグルーパーでリミットメイク。


そして、タイの管理釣り場名物のイベントタイムが勃発。
そう、餌やりです(笑)


まずは真ん中の池。ここはスルー。餌は死んだテラピア。浮いているので、食うのはバラマンディ。
続いて、ツアーポンドでもイベント開催。
一目散で移動(笑)


ロッドについていたのは、チッパワDD。
浮くクランクでブレード付というのがついていました。

早々に4キロクラスのバラマンディを釣り上げ、入れ替え。
さらに同クラスを釣り、再び入れ替えウェイトを伸ばします。

もう一匹追加するも2キロクラスだったためスルー。


これにてタイムアップ。



集計の結果、14名中3位という予想外の結果。
前半を考えたら、この巻き返しは驚異的でしたが、全てはイベントタイムのお蔭です。
ラッキーでした。
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。