釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

遠賀川

JBトーナメント再開

NBCNEWSが更新され、JB・NBC本部から7月からトーナメントスケジュールを再開するというのお知らせが掲載されていました。






これにより、今のところ全シリーズが7月から再開されます。
TOP50は、9月18日~20日に霞ケ浦戦(潮来港)、10月16日~18日桧原湖戦、11月6日~8日遠賀川戦、12月4日~6日弥栄湖戦と、今までに類を見ないスケジュールとなっています。
北浦戦に関しては、未だ調整中のようです。



マスターズ戦は、1戦が終了し、7月11日~12日北浦戦、8月8日~9日河口湖、9月12日~13日野尻湖となり、三瀬谷ダム戦が北浦戦に振り替えられました。
マスターズの北浦開催は、かなり久しぶりだと思います。


私のエントリーする桧原湖、河口湖のシリーズは、桧原湖が7月19日、8月23日、9月6日、10月25日と、全体的に後ろよりです。
JBⅡ桧原湖は、7月18日、9月5日、10月24日に開催です。

JBⅡ河口湖は、8月29日、9月26日、10月3日に開催です。
第1戦の予定だった6月20日はキャンセルされました。

目標が明確になり、いよいよという気持ちになってきましたね。



DSC_1268
コロナからの夜明けです




ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


JBトップ50第1戦ゲーリーインターナショナルカップ

4月3日から5日の日程で、福岡県の遠賀川で予定されていたJBトップ50第1戦ゲーリーインターナショナルカップは、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の防止策として、大会が延期となりました。


1yokokux





代替日程は未定とのことです。

アウトドアで釣りというフォーマットですが、延期となりました。
当面の間、JBプロシリーズ、NBC大会の開催は、流動的となりそうです。




ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

JBトップ50第2戦ベイトブレスカップ 圧勝で13勝目を上げる!

水位の低下により延期されたJBトップ50第2戦ベイトブレスカップが7月2日~4日に遠賀川で開催されました。


大雨の影響が懸念される九州、福岡県です。
水位は落ち着きを取り戻し、昨晩より前日より減少し、試合時間中に上昇傾向になるも最終的には基準値よりも75センチのプラスに終了時点。

最終日単日での首位は、前日2位のウェイトを叩き出した武田栄喜選手。
2日連続となる4キロオーバー5本4,260gを持ち込み、首位の沢村幸弘選手を猛追します。

2位は、暫定首位の沢村幸弘選手。
この日も安定したスコアをマークし、5本2,550gをウェイン。
3位はチャプター山中湖で役員も務める佐々一真選手が5本2,444g。
4位は高山陽太郎選手が5本2,400g、5位は吉海克寛選手が2,140g。
ここまでが2キロオーバーとなり、明らかにウェイトがダウンしています。


最終日は30名が参加し、27名がウェイン(ウェイン率90.0%)し、リミットメイクは7人(リミットメイク率23.3%)でした。
4本2名、3本8名、2本6名、1本4名。
5キロ台0名、4キロ台1名、3キロ台0名、2キロ台4名、1キロ台16名、1キロ以下7名という結果でした。
バスの1本の平均ウェイトは475gで83本のバスが持ち込まれました。

バスの1本の平均ウェイトも大きく落ち込み、プレッシャーによるフィールドコンディションの悪化が見られました。


この結果、優勝は余裕で逃げ切った沢村幸弘選手。
2位に1,754gの大差をつけ、トータル12,404gでトップ50で5勝目、通算13勝目、そして最年長優勝記録も更新(59歳)しました。

2位は、2日目からの猛追が見事だった武田栄喜選手。
10,650gと優勝でもおかしくないウェイト持ち込んでの準優勝です。

3位は第1戦の優勝者である三原直之選手がトータル8,270gで続きます。
第2戦を終わった時点で、98ポイントでAOYレースのトップをキープし、2位の武田栄喜選手に11ポイント差を付けています。

4位は最終日3位に入った佐々一真選手が8,088g。
5位は2日目3位の上西浩史選手が8,028gでトップ50の2戦目にしてお立ち台獲得です。


D-m1rqzU8AA7w7Z
Photo by NBCNEWS


沢村選手の前回のウィニングパターンはこちら
2013年遠賀川でのウィニングパターン

今回の沢村選手は、一人異次元で釣りをしていた感じです。
さすがに3日目はウェイトが伸び悩みましたが、初日、2日目の戦いぶりは周囲を圧倒していました。
遠賀川はあまり広くないフィールドでもあり、魚探の性能が飛躍的に向上しピンスポットが丸裸にされたここ数年、ポイントによる選手間のアドバンテージはなくなっています。
そんな差がつきにくい状況で、ここまでフィールドにアジャストできたのは素晴らしいことですし、どのような観点でバスを追い求めたのか詳細に聞きたいところですね。

ウィニングパターンはいつものネコリグということです。
1/32ozのネイルシンカーを入れたスイミーバレット4.8インチを、インビジブルストラクチャーに近距離から撃ち込むというものです。
ラインの太さは、6、7、10ポンドと使い分けたということです。

Basser誌が同船取材していました。
同船していたからこそ分かる目線での記事が秀逸です。
詳細はこちらからどうぞ
沢村幸弘選手、異次元の強さで2019年JB TOP50遠賀川戦を圧勝!


タックルの進化は著しいですが、最終的に魚を釣ってナンボです。
どんなに素晴らしい、ロッド、リール、ライン、フック、ルアー、魚探、ボートがあっても、釣り上げて、ウェインしなければ意味がありません。(フェイスブックの野村俊介選手のページで、流血したバスのケア(止血)に炭酸水を掛ける方法が紹介されていました。知識として覚えておいて損はないものです)

もう決勝がスタートしているので…

今回、周りの何人かの選手が魚が弱ってしまって…という話を聞きました。

2日目の3本目。バイズクローポートリーにきた300gほどの小さなバスはエラにフッキングしてしまいランディング直後からエラから尻尾に伝わってカーペットにポトポトと落ちるほどの出血…魚の血液量は体重1kgに対して60mlと言われているのでこのバスだとたった20mlとなり、すぐに止血しないと間違いなく死んでしまう状況です。

ちょいわかりにくいんですが…ウィルキンソンの炭酸水をエラにかけてるのがわかりますか?
これで止血。直後はフラフラしてたもののウェイイン後には元気に帰っていきました。

アメリカでペプシよりスプライトが効くとかいうのは炭酸が強いから。スプライトじゃベタベタしちゃうので炭酸水がベストです。

ただ一気にかけすぎると二酸化炭素でショック死する可能性もあるのでバスのサイズにあわせて様子をみて下さい。

これで他のライバル選手のウェイイン率が上がっちゃいますが、僕達にとってバスは貴重な魚です。
トーナメントじゃなくてもプライベート釣行でも血だらけのバスが目の前から泳ぎ去ったから元気になったなんて安易な想像ではなく、ちゃんとその後を想像して、もっと大きくなってまたオレに釣れてくれよなんて優しくできたらいいですよね^ ^


それだけに今回の戦略というか、アプローチというか、コンフィデンスというか、タックルバランスというか、全てにおいて見事としかいいようがないですね。



初日結果

2日目結果

予選結果

3日目結果

最終結果

年間順位



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


Basser 
そしてJB TOP50を現地で観戦される方、等深線入りのこのマップがあると沖の選手が何をやっているか立体的に見えてくると思います。当然釣りにも役に立ちます!


観戦する際にこの本を持っていたら確かに便利かも。

JBトップ50第2戦ベイトブレスカップ2日目

水位の低下により延期されたJBトップ50第2戦ベイトブレスカップが7月2日~4日に遠賀川で開催されます。

会場が中間市役所前多目的広場駐車場から中鶴グラウンド隣のスロープに変更となっています。

会場変更案内


大雨の影響が懸念される九州、福岡県です。
水位は引き続き上昇中で、前日よりも10センチ増え基準値よりも80センチのプラスです。

そんな2日目の首位は、初日首位のベテランの沢村幸弘選手。


D-h3P6pXsAAYUWi
Photo by NBCNEWS

5本4,468gをマークしました。
NBCNEWSのツイッターによると、開始早々からキロフィッシュを取り、その後も順調にキーパーをキャッチし、4本目もキロフィッシュ。
そしてすぎにリミットメイクを達成するロケットスタートを決めました。
その後も入れ換えを続け、12時前には4回目の入れ換えを達成。(キャッチ数は12本)
12時過ぎには5回目の入れ換えを行い、4キロを超えた模様。

初日も首位ですので、予選を堂々の1位通過となりました。

沢村選手といえば、2013年のトップ50遠賀川戦の勝者。さらに2016年のトップ50霞ヶ浦戦でも勝っており、2017年の遠賀川戦でも初日と最終日は単日5位の結果を残し(2日目に無念のノーフィッシュ)、今回も期待が高まります。
沢村選手は以前より遠賀川戦を得意としており、過去にも好結果を残しています。遠賀川での強さは尋常ではありません。
2005年JBクラシック遠賀川戦を首位通過(決勝は河口湖)
2006年トップ50遠賀川戦 6位
2008年トップ50遠賀川戦 4位
2010年JBジャパンオープンクラシック 優勝
2015年トップ50遠賀川戦 2位


2013年遠賀川でのウィニングパターン


2位には4,324gを持ち込んだ武田栄喜選手。
3位は3,926gで上西浩史選手、4位は3,630gで藤田京弥選手、5位は3,532gで佐々一真選手がつけています。

第1戦優勝の三原直之選手は2日目も3,262gで9位とまとめました。


48名が参加し、46名がウェイン(ウェイン率95.8%)し、リミットメイクは16人(リミットメイク率33.3%)でした。
4本8名、3本11名、2本6名、1本5名。
5キロ台0名、4キロ台2名、3キロ台7名、2キロ台8名、1キロ台21名、1キロ以下8名という結果でした。
バスの1本の平均ウェイトは539gで162本のバスが持ち込まれました。

リミットメイク率は落ち、トップウェイトも下がりましたが、1匹あたりの平均ウェイトは変わらず、3キロ台の人数も変わりませんでした。
やや釣り難くなっているものの、上位に入るウェイトはあまり変わっていません。

初日結果

2日目結果

予選結果

そして予選を通過したのは、前述の通り沢村幸弘選手がポイント、ウェイトともに1位で通過。
2位に2日目3位の上西浩史選手。3位に三原直之選手、4位に2日間共に10位とまとめた今江克隆選手、5位に2日目8位の加木屋守選手という順です。

ウェイト順に換算すると、
1位 沢村幸弘 9,854g
2位 上西浩史 6,996g
3位 三原直之 6,444g
4位 武田栄喜 6,390g
5位 加木屋守 5,886g
となっています。今江克隆選手は6位5,792gです。

首位の沢村幸弘選手が大きくリードしており、2位の上西浩史選手に2,858gの大差をつけています。
最終日に沢村選手が1キロ持ち込むと、上西浩史選手は3,858g以上持ち込まなければなりません。
沢村幸弘選手は大きなアドバンテージを得ることになりました。

逆に2位以下は比較的混戦模様です。
6キロ台3人、5キロ台9人ですので、最終日如何で順位の大きな変動がありそうです。

沢村幸弘選手の逃げ切りが濃厚ですが、何が起きるか分からないのがトーナメントでもあります。
大逆転劇が起きても可笑しくはありません。
特に初日5キロを超えた福島健選手、2日間安定し爆発力のある三原直之選手、2日目に4キロを超えた武田栄喜選手、2日目のウェイトを伸ばした上西浩史選手は可能性が大きいと思います。

3日目の展開に注目です。


Basser 
そしてJB TOP50を現地で観戦される方、等深線入りのこのマップがあると沖の選手が何をやっているか立体的に見えてくると思います。当然釣りにも役に立ちます!


観戦する際にこの本を持っていたら確かに便利かも。

ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


JBトップ50第2戦ベイトブレスカップ初日

水位の低下により延期されたJBトップ50第2戦ベイトブレスカップが7月2日~4日に遠賀川で開催されます。

会場が中間市役所前多目的広場駐車場から中鶴グラウンド隣のスロープに変更となっています。

会場変更案内


大雨の影響が懸念される九州、福岡県です。
水位は上昇中で、基準値よりも70センチのプラスです。

そんな初日をリードしたのは、ベテランの沢村幸弘選手。

D-cu6ZBUwAASUUe
Photo by NBCNEWS

5本5,386gをマークしました。
沢村選手といえば、2013年のトップ50遠賀川戦の勝者。さらに2016年のトップ50霞ヶ浦戦でも勝っており、2017年の遠賀川戦でも初日と最終日は単日5位の結果を残し(2日目に無念のノーフィッシュ)、今回も期待が高まります。
沢村選手は以前より遠賀川戦を得意としており、過去にも好結果を残しています。遠賀川での強さは尋常ではありません。
2005年JBクラシック遠賀川戦を首位通過(決勝は河口湖)
2006年トップ50遠賀川戦 6位
2008年トップ50遠賀川戦 4位
2010年JBジャパンオープンクラシック 優勝
2015年トップ50遠賀川戦 2位


2013年遠賀川でのウィニングパターン


2位にはこちらも5,102gと5キロオーバーを持ち込んだ福島健選手。
福島選手はこれまであまり遠賀川とは相性がよくなく、2016年のトップ50で10位という成績が最高です。

3位はややウェイトが離れ3,926gで山下一也選手、4位は3,820gで大塚茂選手、5位は3,466gで平瀬彪選手がつけています。

第1戦優勝の三原直之選手は3,182gで7位と好スタートです。


49名が参加し、47名がウェイン(ウェイン率95.9%)し、リミットメイクは23人(リミットメイク率46.9%)でした。
4本4名、3本6名、2本11名、1本3名。
5キロ台2名、4キロ台0名、3キロ台7名、2キロ台14名、1キロ台13名、1キロ以下11名という結果でした。
バスの1本の平均ウェイトは534gで174本のバスが持ち込まれました。

初日結果

予選通過の30位のウェイトは1,466gですから、レギュラーサイズ3本は必要ということになります。
想像よりも釣れていた印象の初日でしたが、プレッシャーの高まる2日目はどんな展開となるでしょうか。

Basser 
そしてJB TOP50を現地で観戦される方、等深線入りのこのマップがあると沖の選手が何をやっているか立体的に見えてくると思います。当然釣りにも役に立ちます!


観戦する際にこの本を持っていたら確かに便利かも。

スポンサードリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。