釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

JB

JBマスターズ第2戦サンラインカップ延期



日本各地で大雨による災害が発生しており、週末の天候もよくないことから、11日、12日に予定されていたJBマスターズ第2戦サンラインカップの延期が発表されました。

このような形で大会が事前に延期されるケースはあまりありませんが、状況から致し方ないと思います。

一部の選手は既に移動を始めていた方もいたようですが、安全第一ということで仕方ありません。
ボートを現地に置いている人もいたようですので、気をつけて取りに行って欲しいと思います。




ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

JBトーナメント再開

NBCNEWSが更新され、JB・NBC本部から7月からトーナメントスケジュールを再開するというのお知らせが掲載されていました。






これにより、今のところ全シリーズが7月から再開されます。
TOP50は、9月18日~20日に霞ケ浦戦(潮来港)、10月16日~18日桧原湖戦、11月6日~8日遠賀川戦、12月4日~6日弥栄湖戦と、今までに類を見ないスケジュールとなっています。
北浦戦に関しては、未だ調整中のようです。



マスターズ戦は、1戦が終了し、7月11日~12日北浦戦、8月8日~9日河口湖、9月12日~13日野尻湖となり、三瀬谷ダム戦が北浦戦に振り替えられました。
マスターズの北浦開催は、かなり久しぶりだと思います。


私のエントリーする桧原湖、河口湖のシリーズは、桧原湖が7月19日、8月23日、9月6日、10月25日と、全体的に後ろよりです。
JBⅡ桧原湖は、7月18日、9月5日、10月24日に開催です。

JBⅡ河口湖は、8月29日、9月26日、10月3日に開催です。
第1戦の予定だった6月20日はキャンセルされました。

目標が明確になり、いよいよという気持ちになってきましたね。



DSC_1268
コロナからの夜明けです




ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


GO!GO!NBC!TVと4月のJB戦

今までJB、NBCのトーナメントの結果は、NBC NEWSというホームページで全て公開されていました。

Screenshot_20200401-232950


今年から、JBトップ50とマスターズシリーズ以外のJB、NBCトーナメントの結果は、GO!GO!NBC!TVで公開されることとに変更されました。




賛否両論あると思いますが、動画で見られるのは良いと思います。
しかし、文章での報告がないのも寂しいですね。

ようやく結果が見られるページができました。




しかし、不満も多数。
概要報告がなく、状況が不明瞭。
もちろん、動画で話していることもあるのでしょうが、動画をゆっくりと見られないケースもありますので、これは不親切。みんながみんな動画を見られる(見たい)訳ではないので、改善して欲しいですね。
そして一番は、結果が15位までしか見られなくなったこと。
これは最悪です。
どんな事情があるのかは分かりませんが、結果を全て載せないのは主催者の怠慢とも言われるような部分だと思います。
参加選手は自分の順位が良くても悪くても、HPに掲載されることは励みになります。
ここも改善して欲しいですね。

私がチャプター運営に携わり始めた頃は、このようなHPはなく、2ヶ月に1回発行されるバスマガジンに結果が掲載されました。
紙面の都合がありますので、チャプターの結果全てを掲載することはできませんでした。
各チャプターが報告する形式(今と同じです)だったので、チャプターによっては結果が掲載されないことも多々見られました。
報告の担当になった私に、山木さんから速やかに提出するようにと注意事を伝えられました。
他のチャプターで提出されなかったり、提出が遅くなって掲載が遅れたりすることがあり、参加選手が残念に思っているから、注意するようにと。
未だに、この考えは生きており、出来る限りスムーズに掲載すべきと思っています。

時代は変わり、紙からネットに媒体が変わり、掲載の自由度が飛躍的に上がりました。
多種多様のニーズに対応するためにも、このあたりはしっかりとやって欲しいですね。


そして、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の問題を受け、4月のJB戦は全て延期となりました。
チャプターはまだ決定していませんが、恐らくチャプター山中湖も開催は厳しいと思います。
長期戦の様相を見せているCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)です。
抗体が多くの方に出来、沈静化するには相当の時間が必要だと思います。
また、罹患しないようにするために、消毒等だけでなく免疫力を高めたりもしなければなりません。
そして、喫煙も。



万が一罹患した時に、重症化しやすいのは喫煙者です。
受動喫煙も同様だということです。もちろん、電子タバコも。
今日から改正健康増進法が施行され、これらの被害は多少防げると思いますが、このあたりの注意も必要ですね。



JBトップ50第4戦エバーグリーンカップ 霞ヶ浦水系 Day3 Final

JBトップ50第4戦エバーグリーンカップが茨城県潮来市の潮来マリーナで9月6日~8日の3日間開催されます。

thE9WPGS
top502_pc4
PHOTO by NBCNEWS 暫定首位の前田憲次朗選手


8月は例年通り猛暑が続きましたが、後半より一気に秋めき、水温も低下。
バスの動きも読みにくい状況が続いたようです。
大会期間中の後半には台風15号の接近も予想され、無事に3日間大会が行えるかも不透明な状況です。

3日目はさらに厳しい状況となり、ノーフィッシュで帰着した選手が4名おり、リミットメイクは0でした。

参加は30名、ウェインは26名(ウェイン率86.7%)、リミットメイク0名(リミットメイク率0%)、4本4名(13.3%)、3本5名(16.7%)、2本9名(30.0%)、1本8名(26.7%)、0本4名(13.3%)。
ウェインバス総数88匹、平均ウェイト672g。
2キロ台9名(30.0%)、1キロ台12名(40.0%)、1キロ以下5名(16.7%)。

ウェインされたバスは122匹から88匹そして57匹、平均ウェイトは762gから672g、最終日は751gにアップしました。



3日目単日首位は今泉拓哉選手の2,846g。2位は三原直之選手が2,754g、3位は藤田京弥選手が2,626g、4位は加木屋守選手が2,444g、5位は小森嗣彦選手が2,416g、そして9位の小野俊郎選手が2,176gでここまでが2キロ台。


3日目結果

最終結果は、優勝が前田憲次朗選手(8,814g)、2位は藤田京弥選手(8,118g)、3位は小野俊郎選手(8,012g)、4位は吉海克寛選手(7,698g)、5位は小森嗣彦選手(7,662g)となりました



ED7GaIjUEAINph9
ED7GaIoUwAEt5pQ
PHOTO by NBCNEWS ウィニングタックル


最終結果


この結果、暫定年間順位は今回16位の三原選手が辛うじて首位をキープ。
3ポイント差で今回2位の藤田京弥選手が猛追。
3位には22ポイント差で小森嗣彦選手が浮上しましたが、年間争いは上位2名に絞られた感じですね。

年間暫定順位



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村





JBトップ50第4戦エバーグリーンカップ 霞ヶ浦水系 Day2

JBトップ50第4戦エバーグリーンカップが茨城県潮来市の潮来マリーナで9月6日~8日の3日間開催されます。

ED11L8KUEAEMxGy
top502_pc4
PHOTO by NBCNEWS 暫定首位の前田憲次朗選手


8月は例年通り猛暑が続きましたが、後半より一気に秋めき、水温も低下。
バスの動きも読みにくい状況が続いたようです。
大会期間中の後半には台風15号の接近も予想され、無事に3日間大会が行えるかも不透明な状況です。

2日目は初日を上回る厳しい状況となり、ノーフィッシュで帰着した選手が9名と初日を上回り、初日首位の南一貴選手は470gで失速するなどウェイトも伸び悩みました。

参加は48名、ウェインは39名(ウェイン率81.3%)、リミットメイク3名(リミットメイク率6.3%)、4本1名(2.1%)、3本9名(18.8%)、2本16名(33.3%)、1本10名(20.8%)、0本9名(18.8%)。
ウェインバス総数88匹、平均ウェイト672g。
3キロ台3名(6.3%)、2キロ台7名(14.6%)、1キロ台17名(35.4%)、1キロ以下12名(25.0%)。

ウェインされたバスは122匹から88匹、平均ウェイトも762gから672gに落ちました。


ED10CY0U0AEMXvQ
PHOTO by NBCNEWS 2日目トップウェイトの福島健選手

2日目単日首位は福島健選手の3,694g。2位は前田憲次朗選手が3,146g、3位は平瀬彪選手が3,094gでここまでが3キロ台。
以下、4位はSHINGO選手で2,608g、5位は吉海克寛選手で2,498gとなり、10位の上西浩史選手の2,114gまでが2キロ台となります。

2日目結果

予選の結果、トップは前田憲次朗選手(6,620g)、2位は吉海克寛選手(6,012g)、3位は小野俊郎選手(5,836g)、4位は藤田京弥選手(5,492g)、5位は小森嗣彦選手(5,246g)となっております。

初日首位の南一貴選手は初日のビッグウェイトに助けられ5,240gの6位となっています。7位は佐々一真選手が5,218g、8位は高山陽太郎選手が5,105gで、ここまでが5キロ台で、4キロ台は10名です。
4キロ以上の選手の中から優勝者が出ることは間違いないと思います。


さて、最終日はどんな展開となるでしょうか?



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村





スポンサードリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。