釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

PE

PEとリーダーの結節法

PEとリーダーとの結節には色々な方法があります。

私の場合、急いでいる時は電車結びかトリプルサージェンスノットを使うことが多いです。
電車結びは若干強度面で、トリプルサージェンスノットはリーダーが長いと面倒というデメリットがあります。


今回、フラッシュユニオンの藤木さんが新しい結び方を紹介していました。
非常に簡単です。
変形のオルブライトノットという感じですね。
私も試してみたいと思います。




この結び方(SCノット)もいいみたいですよ。


摩擦系ノットでは新太郎ノットも比較的簡単で強度があります。
バスをやる方ならば、ハリス止め付きのダウンショットシンカーで代用できます。





PEとフロロやナイロンのリーダーとの結節は、摩擦系ノットが一番強いと思います。
フロロやナイロンリーダーに巻きつけて止める結節なので、すっぽ抜けが心配だと思いますが、ほぼ抜けません。

船釣りでお祭りした時、PEラインがクルクルとラインに巻きつくと、全く解けませんが、これと原理は同じです。
フロロやナイロンライン自体を編みこまないことで、リーダーの強度がそのまま生きるということもメリットだと思います。

SCノット 最強かつ簡単なノット?!

PEラインとリーダーの結束方法は色々なものが考案されています。

バスフィッシングでも最近はPEラインの使用頻度が高くなり、良い結束方法を求めている方も多いようです。

私は基本的に、簡単に結べるということを重視しています。
というのも、現場で切れて結び直すのに時間が掛かっては、トーナメントでは大きなロスとなります。
仮に、PEとリーダーの結節強度が強くなっても、その先のルアーとリーダーとの強度のバランスも問題になりますので、ある程度の強度があれば十分と考えているからです。
なので、電車結びを愛用しており、それなりの強度が出るようになっています。

今年のフィッシングショーで東レが行った強度テストでも合格ラインまでこの結節でできました。

テストの模様




もちろん簡単で強度の高い結節があれば一番ですが。
すると、SCノット(正式名称「ショックアブソーブド・キャプテンノット」)という結び方を見つけました。

この結び方は新潟のルアー船アシストクラブ金進丸の秋山キャプテンが考案した結び方ということです。

論より証拠、百聞は一見にしかずということで、秋山キャプテンの説明をどうぞ。




非常に簡単な結びで、強度も高いようです。
私はまだ実戦で使っていませんが、良さそうな結びですよね。
摩擦系の結節は、強度が高いということを、船釣りのお祭りした時に実感していますので、納得です。

焼きコブやハーフヒッチをやらなくても、かなりの強度がでるそうです。
もちろん、やれば強度は95%位というデータもあるそうです。

結びというのは、慣れが非常に重要なことに変わりはありませんので、練習あるのみですね。

強い結節は、見た目がキレイというのがあります。
これは、キレイに結ぶことで、力が上手く分散され、強度が落ちないからなんです。
キレイに結べない時は、やり直した方がいいんですよね。


しかし、この結びは0.2号、0.3号といった極細PEには向いていないという話もあります。
PEが細いため、摩擦が起きにくいのだと思います。
特にリーダーが細い場合は、この減少が顕著に現れるようですね。


この辺りも少しテストが必要ですね。
もう少し太い0.6号あたりなら全く問題ないというデータもありました。

私もこの結びにチャレンジしてみたいと思います。

ソラローム®ルアーフロロを使い分ける

釣具と言っても色々とあります。

釣りの六物というと、竿、リール、糸、針、浮き、錘と言われており、釣りをする上で欠かせないものと言われています。

どれも重要ですが、なかでも糸は大事な道具のひとつです。

バスフィッシングにおいて、ラインの使い分けをしっかりと行っている人が少ないのが現状です。
バスプロの中でも、しっかりと使い分けている人は少ないです。


東レからの新製品「ルアーフロロ」
そもそもフロロカーボンラインは硬く、扱い難いものが多かったですが、近年はしなやかで扱いやすい商品が増えています。
この「ルアーフロロ」も扱いやすいラインです。
そして、価格が安いのが嬉しいです。
ラインというものは消耗品ですから、同じものを長く使い続けない方がいいものです。
しかし「ルアーフロロ」の場合、80m巻きですから、全てリールに巻き先端部分を少しづつカットしながら使えば、かなり長持ちします。(ナイロンラインには余りお勧めできない方法です)
コストパフォーマンスというのは、ラインにとってウェイトが大きい項目ですから、見逃せないセールスポイントになりますね。
メーカー希望小売価格が980円ですから、実売はかなり安くなるはずです。
高いラインはもちろんいいのですが、安いラインでも頻繁に交換することで、高いポテンシャルを維持したまま使えるのでお勧めの方法です。

ルアーフロロ 2

<STRONG>高強度・低伸度
ラインの伸びを抑えた高感度設計。ルアーの動きを余すところなく伝え、微細なバイトも逃さずキャッチ。大物とのファイトにも安心な高強度。
<SUPPLE>しなやか設計
フロロ特有の固さを極力排除。しなやかな風合いで扱いやすく、トラブルフリー。
<DURABLE>特殊表面加工
ラインの耐久性・撥水性を持続させる特殊表面処理により高品質が持続。ガイド滑りも抜群で飛距離が伸びる。

無駄なくリールにセット可能な80m巻き。巻グセ・ゴワツキを抑え、ライン本来のしなやかさを生かすフレックスワインド(略平行巻)採用。

カラー:ナチュラル


【ラインの使い分け(フロロカーボン編)】
バスフィッシングで使うラインには、フロロ、ナイロン、PEの3種類が主だったものになります。
ところが、フロロカーボンラインだけをとっても、色々な種類がありどれも同じかといえば、かなり違います。
そんな使い分けを書きたいと思います。

①フロロカーボンラインの特徴
一般的にフロロカーボンライン(以下、「フロロ」といいます)は、ナイロンラインに比べ硬く、直進性に優れ(クセはつきやすい)、比重が重く(比重1.78 水に沈みやすく、馴染みやすい)、耐磨耗性が高く、初期伸張性が少なく(弱い力で伸びない)、屈折率が低く水中で目立たない、結節はやや弱いといった特徴があります。
硬いラインは、特に耐磨耗性が高く、傷が入りにくいのですが、傷が入るとナイロンと違いあっけなく切れるのもフロロの特徴です。

②フロロカーボンラインの使い分け
軟らかいフロロは、硬いフロロに比べ耐磨耗性が高くなく、初期伸張性も硬いものよりもある程度あるので、カバー撃ちんどよりも巻物に使うのが向いています。
逆に硬いフロロは、初期伸張性が少ないので、巻物のようにある程度ショックを吸収したい場合にはよくないケースがあります。
しかし、これはロッドとの組み合わせにもよりますので、それらを含めたタックルバランスが重要ということです。
例えば、①グラスロッド+PE、②グラスロッド+硬いフロロ、③グラスロッド+軟らかいフロロ、④グラスロッド+伸びないナイロン、⑤グラスロッド+伸びるナイロンというように、同じロッドでも、最低5通りの組み合わせがあります。
ロッドが、カーボンになっても同様で、高弾性カーボンを使ったモデル、低弾性カーボンを使ったモデルでそれぞれの組み合わせがあります。
これらを使って、ウィードを狙うのか、カバー(ウッド、マンメイド、アシ等)を狙うのかによって、そして、バスのコンディションを加味して優先事項を考えながら変えていくのです。
感度重視の組み合わせは、高弾性カーボン+PEですが、これだと食い込みは悪くなります。ヘビーキャロライナでリアクションバイトを取るような使い方にはいい場合があります。また、スピナーベイトのスローローリングで掛ける釣りをするには、高弾性カーボン+硬いフロロの組み合わせが好きですね。
グラス+PEは意外と使いやすい組み合わせです。大森貴洋さんが多用する組み合わせです。


ライトタックルの場合も概ね同様ですが、スピニングを使用することが多いので、撚れによるトラブル防止が重要になります。
撚れ防止には、色々な方法(極小スイベルの使用、撚り取り作業等)がありますが、一番早いのは撚れた部分をカットする方法です。
ここで、「ルアーフロロ」の80m巻きが威力を発揮します。

このように、ラインの特徴を理解し、使うロッド、使う場所を合わせて考えて、ラインセレクトをすることで、より快適に釣りを楽しむことができます。
1つのラインしか使わないのではなく、様々なラインを使うことで、釣りの幅が広がり、快適になりますので、ぜひ、お試しください。

ベリー・ベリーシリーズリニューアル!

高品質、低価格をモットーに@タックルベリーが提供するオリジナルブランド「ベリー・ベリーシリーズ」。

berry_line_nylon2018


色々な商品がありますが、人気のあるのがベリートレブルセンターバランス(5本入)、ベリーオフセットII10本入、ベリーショットII10本入のフック。

ベリートレブルセンターバランス(5本入)は、#4、#6、#8の3種類です。
以前のベリートレブルは、センターバランスではなかったので、リニューアルしました。
これによって、ルアーのバランスを崩すことがなくなり、本来持っているルアーの実力が遺憾なく発揮される(はず)です。

treble_cb


ベリーオフセットII10本入は、#1、#1/0、#2/0の3種類。
スタンダードなオフセット形状で、どのような形のワームでも合わせやすいものです。

offset2


ベリーショットII10本入は、#4、#5、#6の3種類です。
袖針形状のマス針タイプなので、初期刺さりが抜群です。

shot2


ベリーライン各種もリニューアルしています。

Salt Water PEは150m巻きとなり、視認性の優れたホワイトカラーでの登場です。
0.8号~2号までの5タイプをラインナップしています。
シーバスなどのルアーフィッシングから、キスやカワハギなどの小物釣りにも使いやすいですね。

salt_water_pe_2018



ベリーラインバス(ナイロン)は新登場です。
目立ち難いブラウンカラーで、余計なプレッシャーを掛けないように配慮しています。
ナイロンとしてはやや張りのあるタイプです。
100m巻きで6~12ポンドの4タイプです。

berry_line_bass2018


べリーライン フロロ(フロロ)は、先代からのモデルチェンジです。
透明で魚から見え難いというフロロの特性を生かしたラインです。
3~12ポンドまでの7タイプの展開です。

berry_line_fluoro2018


ベリーライン ナイロン
ソフトで巻き癖の付き難いナイロンラインです。
カラーは空中で見やすく、水中で見難いライトブルーを採用しています。
150m巻きで6~16ポンドまでの6タイプです。

berry_line_nylon2018


詳細はこちらでご確認ください。
購入はタックルベリー各店舗かWEBショップまで。

その他にも色々な商品がありますので、見てくださいね。
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。