釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

THタックル

マイテーゼットンSR

THタックルが、またまた面白げなルアーをリリースするようです。

シャロークランクとして人気のゼットン。
クランクベイトにラバーを付けてしまうという柔軟な発想で生まれたクランクベイトですが、これをさらに進化させ、食わせ要素の強いクランクベイトになりました。

DSC_0050

上から見ると、ラバーがライオン丸仕様となっています。
その下になにやら赤いものがチラっと見えています。





DSC_0051

ひっくり返してみると、ボディのフックアイのところからフラットなカーリーテールタイプのスカートが取り付けられています。


DSC_0052

サイドビュー

元々、ザリガニのエスケープアクションも模したルアーのゼットンですが、そこに爪を付けた感じになりましたね。

ゼットンは、クランクベイトですから、もちろんハードルアーです。
ハードルアーは表面が固く、水を動かす力も大きいです。
しかし、その力が大きい分、人工的な波動になるのは致し方ありません。
ゼットンは、その部分からもラバーの動きでその波動をマイルドにしているのではないかと、個人的には思っています。
より生き物っぽく感じるアクションですね。

同時に、フックにラバーが纏わりつくことから、フックの存在を消してくれるという恩恵もあります。
フック有りのルアーと無しのルアーでは、圧倒的にバイト数が違うことを身を持って体験しており、フックは見えないに越したことがないと思っていますので、この仕様は本当にプラスメリットですね。

見切られることが少ないハードルアーだと思います。
春に使うのが楽しみですね。
スモールにも効きそうな感じです。



製品名「マイテーゼットンSR」
発売日、販売価格等は、今しばらくお待ちを。

巻いて釣る楽しみと、手が舞うということを掛け合わせた?THタックルらしいネーミングですね(笑)
SRということは、きっとDやDDも出るんだろうな。
そちらもお楽しみに。

気になるアクション動画はこちら→マイテーゼットンSRアクション動画

ついでにジョイントパパゾーイの動画も→ジョイントパパゾーイアクション動画


ゾーイクローラー

ゾーイクローラーの開発が出来たようです!

FB_IMG_1539092824650

さすが、やりますな!
THタックル

スィートフィッシュクローラーヒットシーン動画!

THタックルのスィートフィッシュクローラーのヒットシーン動画です。


各地で好調みたいですね。

河口湖でも炸裂してくれ~(^^)

スィートフィッシュクローラー出荷開始!

THタックルの新製品、スィートフィッシュクローラーのデリバリーが始まったようです。

製品版が届いているお店も出始めているようですが、その製品版で既に釣り上げたという情報が入っているようです。(しかも1投目だそうです)
気難しい、野尻湖のスモールマウスをも一撃で狂わせる力があるとは、益々楽しみになってきましたね。

a0040876_14295356
(画像は今日のハマティより拝借)

今日のハマティに詳細が書かれていますので、どうぞ!


ところで、今日のハマティにも書かれていましたが、スィートフィッシュクローラーはその作りから羽根周りがシビアなセッティングになっているそうです。
これについては、今日のハマティに詳しく書かれているので、よく読んでおくといいと思います。


羽根モノといわれるクローラーベイトは、魚が掛かって暴れると、この羽根の部分が折れてしまったり、変形したりといったトラブルが発生しやすく、泣き所でした。
柔道でいうところの関節技を掛けられたような状態ですからね。

このトラブルを防ぐために、ジュラルミンの素材で羽根を作ったり、ヒートンを柔らかなものを使い、そこで力を逃がしたりと工夫しているそうです。

実際に使ってテストしないと、この辺りの不具合は分からないですよね。

イマカツのアベンタクローラーシリーズもこの問題には悩まされたようです。
今江さんのブログにもよくこの話が書かれていました。
治療法も掲載されていましたね。

釣れると優先すると壊れるという、ジレンマが生じる訳ですが、何とかその妥協点を見出すのもルアーを作る人にとっては大切です。
発売時にこのような対応策を公開する、THタックルは良いメーカーと言えるのではないでしょうか。

早く届くことを首を長くして待っています。

スウィートフィッシュクローラー THタックル

THタックルが送り出すクローラーベイト、スウィートフィッシュクローラー。


スウィートフィッシュクローラー(THタックル)



ここ数年巷では、クローラーベイトが増殖しています。


初期のクローラーベイトといえば、ハイフィンのクリーパーとクワイエットファンクデカダンストーイ位でした。
どちらも、トップウォーターフリークの方や亀山ダムの一部ロコの方が使っている程度だったのではないでしょうか。



そのうち、このジャンルに目を付けた方が色々な場所で、上記の2種類で良い思いをしていたようです。


イマカツのアベンタクローラーやベリルネッタクローラー、ポンパドールなど、この手のルアーが徐々に増えていき、それと同時に人気も高くなってきました。

今では、デプスのNZクローラー、レイドジャパンのダッジ、イマカツのアベンタクローラーGT、RS、ちょっと変り種のDSTYLEのレゼルブなどなど、チューニングバージョンなども含めると非常に多くのモデルが発売されました。


そのクローラーベイトにTHタックルが新製品を投入します。
THタックルの濱田禎二氏は、独創的な発想で数々の人気ルアーをデザインしてきました。

そんな濱田氏ですから、ありきたりのクローラーベイトを投入しても意味がないと考えており、発売に当たっては相当の自信作なのではないかと思っています。

人気のクローラーベイトは、ゆっくりと泳ぐ、その際、羽根のローリングが大きいといった特徴があります。

これをTHタックル流にアレンジすると、どうなるのか?
興味深いですね!!



スウィートフィッシュクローラー

自重:1.5oz 全長:160ミリ メーカー希望小売価格:4,600円(税別)

まず、目を引くのはそのリアルな外観です。
本物のアユから型を起こしたと思われる、THタックル得意のリアル成型です。
通常のクローラーベイトは、リアルな外観の物は皆無といってもいいと思います。
唯一、DSTYLEのレゼルブはリアル系といっても良いのですが、サイズ感が違います。

そして形状も独特です。
左右非対称な形状に加え、上反りしています。
上反りすることによって、キャスト時にひっくり返っても、リトリーブを開始するとすぐに戻るという特性があるそうです。
さらに、上反りさせたことで、ちょっとした力にも反応し、ボディを艶かしく揺らせます。
デッドスティッキングでは、上反りさせたからこその得意技ですね。


アクション動画


アクション動画の後半には、艶かしいアクションが見られます。
初めて見たときは、テールがジョイントされていたりしているのかと見間違うほど、柔らかな波動を出していました。
羽根物にありがちな、大きなクロールアクションではなく、あくまでも静かなアクションですが、生き物ライクなアクションに見えます。
残像効果のような動きですね。(鉛筆を早く上下に揺らすと曲がって見えるやつです)
従来のクローラーベイトのハイアピールな動きでは反応しない魚が、、反応してしまうのでしょうね。

ピチャピチャしている瀕死の小魚という感じでしょうかね~。
バスにとっては堪らないアクションになりそうです。

小さなクロールアクションということは、当然フックの位置が左右にブレないので、フッキング率も従来のクローラーベイトよりもいいはずです。



羽根は、剛性の高いオリジナルのジュラルミンウィングを使うことで、強度を確保しています。
使用中に曲がってしまうトラブルを極力避けています。

そしてテールにはダルマピンがついています。
これはブレードやフェザーを付けるためにあるのではなく(もちろん付けてもいいのですが)、キャストミスでぶつけた時のテール破損を防ぐバンパーとして搭載されています。

ちょっとしたことですが、ありがたい機能ですね。


カラーは10色。
#1 アユ
#2 ワカサギ
#3 オイカワ
#4 ハス
#5 野池ギル
#6 ボーンギル
#7 パールチャートアユ
#8 ブラックピラルク
#9 モーニングドーン
#10チャートオイカワ

a0040876_10125572

どれも魅力的なカラーですね!

これは持っておいて損はしないと思います。
ということで、早速オーダーしました。

さすが、濱田禎二氏。面白いルアーを作りましたね。
使うのが楽しみです!


スポンサードリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。