釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

TOP50

JBトップ50全戦中止

2020シーズンのJBトップ50全戦が、中止されると発表されました。




残念です。


ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

JBトップ50第1戦ゲーリーインターナショナルカップ

4月3日から5日の日程で、福岡県の遠賀川で予定されていたJBトップ50第1戦ゲーリーインターナショナルカップは、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の防止策として、大会が延期となりました。


1yokokux





代替日程は未定とのことです。

アウトドアで釣りというフォーマットですが、延期となりました。
当面の間、JBプロシリーズ、NBC大会の開催は、流動的となりそうです。




ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

JBトップ50第3戦東レソラロームカップ結果

JBトップ50第3戦東レソラロームカップが7月19日から21日の3日間、徳島県の旧吉野川で開催されます。

top50_yokoku_pc3
Photo by NBC NEWS


前回の開催は2015年6月5日~7日に開催され、青木大介選手との一騎打ちを制した福島健選手が優勝しました。
その前年は2014年10月3日~5日に開催され、台風接近に伴い2日間に短縮され、加藤誠司選手が優勝し、沢村幸弘選手が2位。
2013年10月4日~6日に開催され、川又圭史選手が優勝し、小森嗣彦選手が2位。
2012年8月31日~9月2日に開催され、馬淵利治選手が優勝し、竹内三城選手が2位。
2011年7月22日~24日に開催され、福島健選手が優勝し、横山修史選手が2位。
2010年9月3日~5日に開催され、大熊一徳選手が優勝し、今江克隆選手が2位。
2009年9月4日~6日に開催され、青木大介選手が優勝し、江口俊介選手が2位。
2008年3月28日~30日に開催され、江口俊介選手が優勝し、青木大介選手が2位。
2005年4月15日~17日に開催され、河辺r裕和選手が優勝し、阿部進吾選手が2位。

福島選手、江口選手、今江選手、小森選手が複数回お立ち台に立ち、得意としていますね。


決勝となる3日目の単日首位は年間暫定1位の三原直之選手が3本3,392gを持ち込みました。






2位は小林明人選手が2本2,500g、3位は野村俊介選手が1本2,406g、4位は篠塚亮選手が3本1,744g、5位は前田憲次朗選手が1本1,514gでした。

最終日もノーフィッシュが続出し、参加30名中19名がノーフィッシュという、初日、2日目を上回る厳しいコンディションでした。


30名が参加し、11名がウェイン(ウェイン率36.7%)し、リミットメイクは0名(リミットメイク率0%)でした。
3本2名、2本2名、1本7名。
3キロ台1名、2キロ台2名、1キロ台5名、1キロ以下3名で、バスの1本の平均ウェイトは1,008gで17本のバスが持ち込まれました。


この結果、優勝は最終日をノーフィッシュながらも2日間尾の貯金が物をいった藤田京弥選手。
2位は最終日のトップウェイトをマークした三原直之選手、3位は小林明人選手、4位は山下一也選手、5位は前田憲次朗選手となりました。



D_-WLzZUEAAp8IV
Photo by NBC NEWS

年間争いは暫定首位の三原直之選手が2位との差を広げ147ポイント。
2位には今大会優勝の藤田京弥選手が順位を上げ17ポイント差の130ポイント。
3位は今大会3位の小林明人選手で129ポイント。
4位は遠賀川戦を優勝し、今大会13位フィニッシュの沢村幸弘選手が124ポイント。
5位は小森嗣彦選手がやや離れて114ポイントとなっています。



2日目結果

予選結果

3日目結果

最終結果


ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


JBトップ50第3戦東レソラロームカップ予選結果

JBトップ50第3戦東レソラロームカップが7月19日から21日の3日間、徳島県の旧吉野川で開催されます。

top50_yokoku_pc3
Photo by NBC NEWS


前回の開催は2015年6月5日~7日に開催され、青木大介選手との一騎打ちを制した福島健選手が優勝しました。
その前年は2014年10月3日~5日に開催され、台風接近に伴い2日間に短縮され、加藤誠司選手が優勝し、沢村幸弘選手が2位。
2013年10月4日~6日に開催され、川又圭史選手が優勝し、小森嗣彦選手が2位。
2012年8月31日~9月2日に開催され、馬淵利治選手が優勝し、竹内三城選手が2位。
2011年7月22日~24日に開催され、福島健選手が優勝し、横山修史選手が2位。
2010年9月3日~5日に開催され、大熊一徳選手が優勝し、今江克隆選手が2位。
2009年9月4日~6日に開催され、青木大介選手が優勝し、江口俊介選手が2位。
2008年3月28日~30日に開催され、江口俊介選手が優勝し、青木大介選手が2位。
2005年4月15日~17日に開催され、河辺r裕和選手が優勝し、阿部進吾選手が2位。

福島選手、江口選手、今江選手、小森選手が複数回お立ち台に立ち、得意としていますね。


2日目の単日首位は篠塚亮選手が4本2,762gを持ち込みました。
初日は魚を持ち込んだ中で最下位となる39位でしたが、大きく巻き返しに成功です。

D_5c4DGUEAM-6qs
Photo by NBC NEWS


2位は早野剛史選手が4本2,338g、3位は小林明人選手が1本2,168g、4位は小林知寛選手が2本2,158g、5位は初日の首位藤田京弥選手が3本2,128gでした。

2日目はノーフィッシュが続出し、初日2位の鈴木隆之選手、5位の前田憲次朗選手含む21名がノーフィッシュという、初日を上回る厳しいコンディションでした。


48名が参加し、39名がウェイン(ウェイン率81.5%)し、リミットメイクは0名(リミットメイク率0%)でした。
4本2名、3本1名、2本9名、1本15名。
2キロ台5名、1キロ台14名、1キロ以下8名で、バスの1本の平均ウェイトは859gで44本のバスが持ち込まれました。

初日よりも大幅に持ち込まれる魚が減っています。

この結果、予選首位は藤田京弥選手、以下2位 山下一也選手、3位 小林知寛選手、4位 小林明人選手、5位 沢村幸弘選手となりました。
ウェイト順では、1位 藤田京弥選手 7,253g、2位 山下一也選手 5,756g、3位 小林知寛選手 4,638g、4位 鈴木隆之選手 4,290g、5位 小林明人選手 3,968gとなっており、藤田京弥選手が2位に1,497g差をつけ頭ひとつ抜け出しています。

2位以下の選手が逆転するには、かなり厳しい状況です。
藤田選手は1本持ち帰れば、ほぼほぼ優勝が決まりそうです。
2位以下は山下一也選手がやや抜け出し、3位の小林知寛選手、4位の鈴木隆之選手は4キロ台のウェイトがあり、1本釣るのさえ難しい今の旧吉野川では大きなリードを取っていると言える状況です。
5位の小林明人選手から15位の篠塚亮選手までが3キロ台ですので、この辺りまでがお立ち台を狙える順位だと思います。

年間争いで暫定首位の三原直之選手は14位で予選を通過し、2位の武田栄喜選手は32位で予選落ち。
3位の沢村幸弘選手は7位、4位の福島健選手は25位で予選通過、5位の佐々一真選手は2日間ともノーフィッシュで予選落ちとなりました。



2日目結果

予選結果

この状況では3日目も波乱が起きても全く不思議ではありませんが、藤田京弥選手の逃げ切りが濃厚です。藤田京弥選手はトップ50の2勝目に王手です。


ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


JBトップ50第3戦東レソラロームカップ初日

JBトップ50第3戦東レソラロームカップが7月19日から21日の3日間、徳島県の旧吉野川で開催されます。

top50_yokoku_pc3
Photo by NBC NEWS


前回の開催は2015年6月5日~7日に開催され、青木大介選手との一騎打ちを制した福島健選手が優勝しました。
その前年は2014年10月3日~5日に開催され、台風接近に伴い2日間に短縮され、加藤誠司選手が優勝し、沢村幸弘選手が2位。
2013年10月4日~6日に開催され、川又圭史選手が優勝し、小森嗣彦選手が2位。
2012年8月31日~9月2日に開催され、馬淵利治選手が優勝し、竹内三城選手が2位。
2011年7月22日~24日に開催され、福島健選手が優勝し、横山修史選手が2位。
2010年9月3日~5日に開催され、大熊一徳選手が優勝し、今江克隆選手が2位。
2009年9月4日~6日に開催され、青木大介選手が優勝し、江口俊介選手が2位。
2008年3月28日~30日に開催され、江口俊介選手が優勝し、青木大介選手が2位。
2005年4月15日~17日に開催され、河辺r裕和選手が優勝し、阿部進吾選手が2位。

福島選手、江口選手、今江選手、小森選手が複数回お立ち台に立ち、得意としていますね。


初日の首位は藤田京弥選手。
大変厳しいコンディションの旧吉野川で5本5,125gを持ち込みました。

D_0U3wWUwAAKNQc
Photo by NBC NEWS


2位は鈴木隆之選手が5本4,290g、3位は山下一也選手が5本3,980g。
リミットを揃えたのはこの3名。

4位は川口直人選手が4本3,604g、5位は前田憲次朗選手が4本3,404gでした。

旧吉野川戦で2勝を上げている福島健選手は1本994gで26位、旧吉野川戦は安定して上位に入る小森嗣彦選手は2本1,406gで15位、江口俊介選手は1本1,574gで14位、今江克隆選手は1本940gで27位。
AOYレースで首位を走る三原直之選手は1本1,222gで21位となっています。


48名が参加し、39名がウェイン(ウェイン率81.5%)し、リミットメイクは3人(リミットメイク率6.3%)でした。
4本2名、3本2名、2本11名、1本21名。
5キロ台1名、4キロ台1名、3キロ台3名、2キロ台6名、1キロ台14名、1キロ以下14名という、大変厳しい結果でした。
バスの1本の平均ウェイトは868gで72本のバスが持ち込まれました。


予選通過の30位のウェイトは740gですから、1日1本釣れば予選通過という状況です
厳しいという声は聞こえていましたが、予想以上に厳しい状況のようです。


ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。