釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。タックルベリー、東レフィールドモニター。

念願の芦ノ湖尺半べらをゲット!

2024年の芦ノ湖のヘラブナ釣りは、5月のGWから過去に例をみないほど好調を維持しています。
うえ乃の釣果によると、尺半釣れ、40アップを中心に数も2桁が珍しくなく、先日は62枚という驚異的な釣果も記録されています。

20240526_165822
20240526_165825



ここに2年、3週目の日曜に釣行していましたが、今年はもう1週遅れた26日に釣行です。

芦ノ湖に向かう途中、道路沿いに鹿がいて、通過しようとするといきなり飛び出してきて、危うくぶつかるところでした。
平塚あたりから雨がパラつき、湖尻うえ乃についても降っていました。

受付を行い状況を聞くと、絶好調だったのは先週までで、調子は下降気味だとか。
でも、何枚かは出るだろうと気軽な気持ちでスタートです。

同行者とかるがもになって出船です。

20240526_050534


ポイントはキャンプ場。私は一番手前の水竿に着け、同行者は一つ飛ばして5席ある真ん中です。

20240526_053844

20240526_134412
20240526_053847

一昨年と同じ場所でした。

竿は21尺のバランスの底釣りです。

21尺バランス底
竿:21尺
ウキ:
花水樹 底パイプトップS18号(トップ 0.9/1.3mm 180mm、11目盛り、ボディ180mm 直径5.2mm、足1mm×40mm)
上針:アスカ6号 
下針:アスカ6号 
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 道糸 1.2号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 60センチ→52センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 70センチ→60センチ







ペレ道(つなぎグルテン入り) 100cc、芯華 100cc、水 100cc(標準100cc)
 餌量 200cc 水量 100cc
 エサ持ち 90 重さ 87 粒子 31

ダンゴの底釣り夏 50cc、ダンゴの底釣り冬 50cc水 70cc(標準70cc)バラケマッハ 60cc 餌量 110cc 水量 70cc
エサ持ち 63 重さ 71 粒子 36

メモ
5:45 釣りスタート
6:36 ウグイ
7:35 42センチ
8:05 ウグイ
9:02 38.7センチ

9:20 ハリス60-52センチに変更 餌 夏冬マッハに変更
10:00 37.5センチ
10:08 37センチ食い上げ
10:39 38.5センチ
11:55 スレ
13:06 ウグイ
13:20 36.5センチ
14:55 45.5センチ
15:10 37センチ
15:46 43.5センチ


5時に出船し、ボートを着け、準備をして5時45分餌打ち開始。

餌は流行りのペレ道につなぎグルテンを入れたものに、芯華を1:1で混ぜた物。
開始からしばらく触りのようなものはありますが、明確なアタリはありません。
開始から約50分、明確なアタリを合わせると、定番の外道ウグイ。

昨年はこのウグイも釣れなかったので、前向きに考えます。
同行者もこのウグイに悩まされ、ウキが馴染まないと言ってます。

そうこうすると同行者が1枚目をキャッチ。
41センチの良型です。

20240526_072159


私に最初の魚が来たのは7時35分。
2年ぶりの芦ノ湖のヘラブナです。
船上で検寸すると、42センチ。(上がってからの検寸では41.5センチ)
20240526_073219

とてもきれいで、コンディションの良いヘルシーなヘラブナです。

この頃から風が吹き出し、右に流れるようになります。
外道のウグイを挟んで9時過ぎに2枚目の38.7センチ。
惚れ惚れする体形です。
しかも良く引く。
20240526_090240

20240526_090418

20240526_090424

同行者も2枚、3枚と追加していきますが、アタリの出方が少ないので餌を変更。
いわゆる夏冬マッハです。
最初は水85ccと多めのブレンドでしたが、マッハを追い足ししてボソッ気を出した方がアタリをもらえました。
併せてハリスも短く詰め、段差も2センチ縮めます。

これが良かったのか、10時、10時8分と連発し、39分にも1枚追加。
サイズは38センチ前後ですが、どれも素晴らしいプロポーションで、よく引きます。
20240526_095838

20240526_100830

20240526_103938

ここでお弁当のカツ丼到着。
釣果も報告すると、喜んでくれました。

20240526_104426

20240526_104445

小休止を挟み次の1枚が遠かった。
良い引きで上がってきたのはスレ。しかも40上のナイスフィッシュ。
スレた魚は大きいと言いますが、残念。

次いではウグイ。

ようやく6枚目が来たのは13時20分。
この間、流れに対応して強引に止めていたのですが、これが良くなかったのか、流れについて行くようにしたらアタリました。

20240526_115320


そして今度は風が西寄りになり、それに伴い流れが左に行くようになります。
同じように流れについて行きますが、底藻に掛かるようになります。

15時少し前、ウキが徐々に抑え込まれ、弱いアタリにも見えたので、餌切りのつもりで合わせると、底に張り付く手応え。
重みはあるものの、泳ぎ回るような感じではありません。
浮かせたヘラはでかい!
ここから泳ぎ回られ、玉に入れるのに苦労しました。

魚を見ると、今日の最大魚に間違いなし。
玉を持ち上げると、玉の柄が折れそう。

20240526_145440

20240526_145556

20240526_145558

簡易な検寸をすると、45.5センチ。
尺半です。

芦ノ湖は43センチ位までは良く出るものの、それ以上はなかなか釣れない。
うえ乃の記録を見ても、今期の尺半は1枚のみ(46センチ)。
昨年も最大魚が46センチでしたので、芦ノ湖においてマックスクラス。
そんな尺半がなかなか釣れない芦ノ湖で、尺半を釣りたいと思っていましたので、6回目のチャレンジで釣れたこの魚は本当にうれしかった。(3タコ食らってましたので、なおさら嬉しい!)
釣れてくれてありがとう。

残りの1時間はこの余韻に浸りつつ、あと2枚釣りたくて頑張ります。

15時45分に9枚目となる43.4センチが釣れ、夕マズメの時合のようです。

20240526_151257
20240526_154716


確かに、15時頃から、底で引っ掛けることが多くなりました。
この日は特に多く、スレ掛かりは6~7回はあったと思います。
それだけ、ヘラが寄っているんですね。
それと、ハリスが少し長かったのかも。60-70センチでスタートし、52-60センチに詰めましたが、もう5センチ詰めても良かったかも知れませんね。

でも、この寄ったヘラが口を使わないんです。
今の私の実力では無理。

何とかもう1枚釣って、つ抜けしたかったのですが、最後は2連続で底で引っ掛け、餌切れで16時に納竿です。
先週のアナゴと一緒でつ抜けならずでしたが、尺半をキャッチしたのでニコニコで終了でした。

桟橋に戻り、検寸するとなんと46センチ!
しかも、うろこひとつ掛けていない、小顔のグラマラスボディのヘラでした。

20240526_165822
20240526_165825

FB_IMG_1716712833924
満面の笑みです。


同行者も41センチ頭に10枚とよい釣果に恵まれました。


今日の感じですと、まだまだ行けそうです。
10枚も釣ったら、満足できる芦ノ湖のグッドコンディションのヘラブナ。
今がチャンスですよ。


朝のうち、持つ餌(ペレ道+つなぎグルテン、芯華)で打つも反応がイマイチ。
バラケる夏冬マッハに切り替え、ボソッ気が出るようにマッハを追加して調整すると反応が良くなりました。
回遊する魚待ちといった感じの釣りですが、いかに足止めするかも大切なようです。
そして、途中にも書きましたが、魚は多く、スレが多いです。
口を使わすにはどうするかというのが課題ですね。




ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村























木更津沖の夜アナゴ釣り

昼間、神奈川県立武道館での神奈川県柔道高段者大会に出場し、終了後に一路川崎へ。

中山丸から夜アナゴ釣りです。


20240519_202703


現地には15時前に到着したので、車の中で仮眠し釣りに備えます。
夜アナゴは、かなり前に浦安の吉野屋からキスアナゴのリレーで経験したのみ。
その時の仕掛けを探すも見当たらず、今回は自作の仕掛けを2種類用意しました。

ひとつは小田原型の夜光オモリにリーダーにつけたスナップスイベルを付け、そこに花火で装飾し、スイベルに針を付けたいわゆるリーダーレスダウンショット。

もうひとつは、中通しの25号にタコ糸を通した野毛屋仕様の錘の上下に針を付けてみました。

針はうなぎ針の11号。
絡み防止に夜光パイプを付け、針のチモトに夜光玉を付けます。

17時過ぎに出船し、右舷の3番、4番で釣ります。
ポイントまで30分ほど走り、アンカーを入れて釣り開始。

針に青イソメをたっぷりと付け、釣り開始です。
2本竿でリズミカルに叩きを入れて誘いますが、潮の流れが強烈に早く釣り辛い。

これを見た船長、すぐに潮の緩いところに移動宣言。
次の場所はいくらかマシですが、それでも後ろに仕掛けが流され釣り難いです。
隣の中乗り兼の女性の方、慣れた手つきでアナゴをキャッチしています。
よく釣り方、誘い方を観察します。

風が回り、船の向きが安定せず、時折潮が前に行くようになるタイミングで初物ゲット。
ここから、ポツポツ釣れ、4本まで伸ばします。
同行者も初アナゴながらも、1匹キャッチ。
一生懸命に誘い、3本まで伸ばしました。

私も魚捌きのタイミングまでで8本。
捌いてもらっている最中に1本追加し、9本キャッチできました。

通常の釣り鐘オモリではなく、小田原型や中通しオモリを使いましたが、釣れ方にそん色はありませんでしたね。
それよりも竿選びの方が問題だと思います。

私は、マルイカ用の竿を使ったのですが、調子が少し違うため、誘いのリズムやアタリの違和感を感じにくかった。
同じ竿の方が明らかに分かりますので。
小さなモゾっといったアタリや何となく持たれるようなアタリを合わせるのは楽しいです。

また、行きたいけどどうでしょう。
釣ったアナゴは白焼きと天ぷらで食べましたが、絶品でしたね~。





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

JB桧原湖第1戦レジットデザインカップ

2024年の開幕戦、レジットデザインカップが開催されました。

20240512_063522


5月3日、4日の2日間、プリプラクティスを実施。
特に今年はボートを乗り換えたので、様々な部分の確認作業を実施したため、肝心のプリプラについては消化不良な内容。
状況はイージーではなく、なかなか厳しい印象ですが、いつもの場所で魚も触れました。

1715697529990

1715697516166

天候も安定しており、水温の上昇が早そうです。

そして、前日プラクティス。
水温は13度を超え、シャローに魚が差してくると予測し、シャローを見て回ることに。

20240511_071414

20240511_092041

20240511_065715

すると、糠塚島裏のエリアから大川の流れ込までのストレッチで、多くの魚を発見。
特に、糠塚島裏と神社から大川までの間が特に魚が多く見られました。

そこから南下し、双子島の南、雄子沢と見るももう一息。
昨年良かった狐鷹森北側のストレッチもノー感じ。
終了間際に一番魚の多かった神社から大川のストレッチを見るも、今度は魚が消えていました。


試合当日、フライトは第2フライトの5番目ということで、大半の選手がスタートした後。
僅かな希望を持って、糠塚島裏に向かいますが、目当ての場所は先行者がいたため、その周辺を探ります。

すると、見える魚もチラホラおり、慎重に狙うも口を使わずに断念。
もう一か所の神社から大川のストレッチを見に行くも、こちらも気配なし。

一気に南下し、双子島南側のシャローへ入ります。
多くの選手が釣っておりますが、今一つ気配はなし。

しばらく粘るも釣れる感じがしないため、残り1時間強で移動。
早稲沢に戻る前に、狐鷹森の水門に絡むブレイクを狙いに行きます。

先行者がいたので、その脇に入ります。
1.8gのライトキャロで攻めるも、根掛かり。
外しに行ったついでにさらに浅い場所に投げ、ポジションを戻しつつショートドラッギング。
すると、ティップに反応が。
合わせると重い引きが伝わってきます。
慎重にやり取りをして、無事にネットイン。

グッドコンディションのスモールをキャッチ。

その後、周辺をやり切るも追加できずにタイムアップ。

帰着し、運営業務をやりつつ検量すると、1,074グラムとキロオーバー。
1匹ながらも、42位に留まりました。

20240512_140456


参加117名で、ウェイン73名。約1/3がノーフィッシュでした。

ノーフィッシュと紙一重の試合でしたが、諦めなかったことで貴重な1本をキャッチできました。


タックル
ロッド:6.5fソリッドティップモデル ライトアクション
リール:スピニング2000番
ライン:東レ エクスレッド2.5LB

シンカー:1/16OZ
リーダー:トヨフロン® スーパーL・EX ハイパー 0.6号 80センチ

フック:がまかつ キジスペシャル7号
ワーム:2.5インチ ストレート形






ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。