釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。タックルベリー、東レフィールドモニター。

内水面漁業変化の時 管理釣り場の活用

前回の内水面漁業変化の時の続きです。



現在、内水面漁業の限界が来ているという内容を書きました。
では、どうすればいいのかという話も少し書きましたが、その続きです。


ルアー関係の釣りが伸びているので、その関係の魚種認定を進め、新たな釣りの対象を増やしてみてはどうかという話でしたが、それの発展系のお話です。


河川や湖沼の漁協は、遊漁料収入が大きな財源のひとつです。
これを元手に、釣場の維持管理や放流を行って、釣場環境を整えています。


遊漁料を徴収するからには、放流(資源維持)もしなさいということです。
しかし、現実には収入が乏しく、放流も満足に出来ない。
その結果、魚が釣れないという負のスパイラルに陥り、立ち直れなくなる所が多くあるようです。

山中湖の場合、ブラックバスが魚種認定されており、少ないながらも定期的な放流を行っていますが、そもそも隠れる場所の少ない湖の特性や湖の環境の悪化(藻の減少、川鵜の食害等)により魚が定着せず、釣れない状況が続き、バスフィッシングが成立し難い状況になっています。

漁協として、漁礁の設置などをやれば良いと思うのですが、なかなか問題も多く進まないようです。
幸い、山中湖ではワカサギが釣れているため、そちらに頼った運営になっていますが、ワカサギが不漁な年は目も当てられない結果になります。

そこで、山中湖を広義の管理釣場という位置付けにして、バスや餌となる魚やエビなどの放流量を増やし、漁礁も設置し、藻の移植なども行い、禁漁区を増やすなど、管理を進めたらどうなるでしょうか?
全ての湖や河川で出来る方法ではありませんが、山中湖ならば可能なはずです。

実現には問題も多いのですが、今のままではジリ貧でダメになるのを待つばかりですから、何かしらの変化をさせないといけないと思います。


実際に湖を活用した例が東古屋湖です。
ここは湖を活用した管理釣場といっていい形態で鬼怒川漁協が運営されています。
大量に放流をすることで、湖のコンディションを整えています。

芦ノ湖も同様に放流をすることでコンディションを整えています。
その結果、いい魚が釣れるということで、集客できています。

同じような観点で、バスフィッシングやトラウトフィッシングが楽しめるフィールドの整備を進めれば、集客も可能で、収入も見込めると思います。


では、河川ではどうでしょうか?
天然の河川を利用した管理釣場は多くあります。
また、道志川では、キャッチアンドリリース区間というものを設けて、資源の有効活用に取り組んでもいます。

DSC_0916


天然河川の管理釣り場の民間の参入障壁を下げることで、漁協は利用料という形で安定的な収益を得ることが出来ると思います。
当然、河川への放流も参入した業者が行うことになり、魚の放流の負担も減ってくると思います。

外来種の流出問題というものはありますが、そもそも放流をすることで資源を維持している内水面において、固有種という概念がどこまで必要なのか疑問です。
(固有種が不要といっている訳ではありません)
放流を繰り返している時点で、既に交雑が進んで、そもそもの固有種というのは存在しないのではないでしょうか。
もちろん、食害などには注意しなければならないのは承知していますので、それなりのこの方法にもハードルはあると思います。

しかし、ひとつの方法として、湖、池、沼、河川等を利用した管理釣場形式を進めることで、効率的な管理やコストの削減、集客など今以上のものが出来るのではないかなと思っています。

内水面漁業変化の時

今朝の新聞に下記のような記事が掲載されていました。

カナコロ

DSC_0510
DSC_0509


釣人が減り、漁協の組合員も減ったことで各地の漁協の収入が大幅に減少し、放流もままならない状況だということです。

そのため、遊漁料の値上げに踏み切る漁協が出てきたそうです。

平成25年度総務省「人口推計」によると、日本の人口は2010年の12,806万人をピークに徐々に減少傾向に転じています。
釣り人口もそれに伴いピーク時の約2,000万人から、700万人前後に落ち込んでおり、レジャー白書2017年によると前年より60万人減少し690万人ということです。

さらに、2017年の国内釣具市場は、日本釣用品工業会発行の「釣用品の国内需要動向調査報告書」によりますと、2003年以来久しぶりに2000億円を超え、2019億1千万と2016年の1,949億9千万から伸び、前年比102.4%となる模様で,2011年の東日本大震災の年の1,683億7千万を底に、回復傾向が続いています。
これは、釣具自体の金額が高騰している要素も多分に含んでおり、釣り人口が減少しているなか手放しで喜べるものではありません。

釣り種別では、ソルトルアーが前年比111.8%と伸び、次いでバス用品が104.5%となっており、ルアー関係で全体の6割を占めています。
それ以外の釣り物は鮎以外軒並み前年割れとなっています。(鮎は増えたといっても、全体の4%未満)
概ね磯、波止が15%前後、船が12%前後、渓流2%前後、ヘラ4%前後、フライ1%前後となっています。

内水面の漁協は、前述の通り組合員からの賦課金と遊漁料収入が主たる財源ですが、組合員や遊遊漁料収入の減少で財源不足に陥っています。
釣人の減少は、人口の減少に伴い避けられない状況ですが、肝心の釣りの対象魚の内訳でも、今回の場合は鮎ですから4%程度(全国で27万6千人程度)しかいませんから、増やすことは難しい状況です。

記事にもあるように、組合員の賦課金の値上げや遊漁料の値上げも対策のひとつとして効果はありますが、根本的な母数を増やさないことには本当の意味の解決になりません。

ここで注目したいのが、釣り人口が減少する中売上は伸びているルアー関係の釣りです。
内水面は、色々な制約があり難しいのは承知していますが、新規の魚種認定を行い釣りの対象を増やす方にシフトすべきだと思います。

そうしなければ、この先内水面の漁協は衰退の一途で、将来は見えてしまっています。
こんな風に考える漁協が出てきたら、地域の発展にも少しは貢献できるのではないかなと思います。

ジャッカル ジョッキーの秘密

ジャッカルのジョッキーが廃盤となったそうです。


見た目はミノープラグですが、その実動きはトップウォーターです。
DSC_0499


通常のフローティングミノーは、水面と水平に浮いていますが、ジョッキーはほぼ垂直に近い80度位の角度で浮いています。

ジャッカルステーション(ジョッキー)


リーリングやロッドアクションをつけてルアーを動かすと、一気にダイブします。
動きは非常に大きなローリング主体の動きです。

リールを2回ほど巻き、ストップすると急激に浮上し、水面に逃げるようなアクションをします。
その動きは予測しにくいイレギュラーなものです。

ダイブする時には、リップの後ろにカップがあり、そこで水を捉えポップ音やスプラッシュも出ます。

ロッドアクションでワンダイブさせると、レッドペッパーのような動きもできます。
この動きにバスは良く反応するんですよね。

普通にリトリーブしても釣れないことはないでしょうが、やっぱりこのルアが一番活躍するのは、トップで使ったときでしょうね。

キャストして、着水。
しばらくポーズを取り、ワンアクション。もしくは、グリグリっと巻いてストップ。

前者は無風状態の時にお勧めで、後者は多少の波がある時にお勧めです。
いずれにしても、余り風が強くない時の方が良いイメージがあります。

スリーフックですから、掛かりの悪いトップでも比較的フッキングは良い方だと思います。

見た目とのギャップもあり、なかなか使い方を理解されないルアーですが、実力は十分です。
これからの時期に活躍するルアーですから、見つけたら買っておいて損はないと思います。


タックルは、ミディアムライトからミディアムクラスのカーボンロッドが扱いやすいと思います。
長さは、6~6.6f程度。
余り長いとロッドアクションをつけ難いの注意してください。

ラインは、絶対にナイロンです。
お勧めは東レ ポリアミドプラスの10~14ポンド。
ナイロンラインの低比重が、ルアーの動きを損ないません。
フロロは比重が高く、ルアーの動きを妨げるので私はこのような時には使いません。

フックはがまかつ トレブルRB-Mのショートシャンクの#5が標準装備されています。
ショートシャンクというのが肝なんですよね。
掛かりをさらに良くしたい場合、スプリットリングの2個付けがお勧めです。

このジョッキーですが、目に遊び心に富んだ仕掛けがあります。

左目には
DSC_0501

酒!


右目には
DSC_0502

酔!

さすが、山木一人さんです(^^)
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。