JBトップ50第3戦東レソラロームカップが7月19日から21日の3日間、徳島県の旧吉野川で開催されます。

top50_yokoku_pc3
Photo by NBC NEWS


前回の開催は2015年6月5日~7日に開催され、青木大介選手との一騎打ちを制した福島健選手が優勝しました。
その前年は2014年10月3日~5日に開催され、台風接近に伴い2日間に短縮され、加藤誠司選手が優勝し、沢村幸弘選手が2位。
2013年10月4日~6日に開催され、川又圭史選手が優勝し、小森嗣彦選手が2位。
2012年8月31日~9月2日に開催され、馬淵利治選手が優勝し、竹内三城選手が2位。
2011年7月22日~24日に開催され、福島健選手が優勝し、横山修史選手が2位。
2010年9月3日~5日に開催され、大熊一徳選手が優勝し、今江克隆選手が2位。
2009年9月4日~6日に開催され、青木大介選手が優勝し、江口俊介選手が2位。
2008年3月28日~30日に開催され、江口俊介選手が優勝し、青木大介選手が2位。
2005年4月15日~17日に開催され、河辺r裕和選手が優勝し、阿部進吾選手が2位。

福島選手、江口選手、今江選手、小森選手が複数回お立ち台に立ち、得意としていますね。


決勝となる3日目の単日首位は年間暫定1位の三原直之選手が3本3,392gを持ち込みました。






2位は小林明人選手が2本2,500g、3位は野村俊介選手が1本2,406g、4位は篠塚亮選手が3本1,744g、5位は前田憲次朗選手が1本1,514gでした。

最終日もノーフィッシュが続出し、参加30名中19名がノーフィッシュという、初日、2日目を上回る厳しいコンディションでした。


30名が参加し、11名がウェイン(ウェイン率36.7%)し、リミットメイクは0名(リミットメイク率0%)でした。
3本2名、2本2名、1本7名。
3キロ台1名、2キロ台2名、1キロ台5名、1キロ以下3名で、バスの1本の平均ウェイトは1,008gで17本のバスが持ち込まれました。


この結果、優勝は最終日をノーフィッシュながらも2日間尾の貯金が物をいった藤田京弥選手。
2位は最終日のトップウェイトをマークした三原直之選手、3位は小林明人選手、4位は山下一也選手、5位は前田憲次朗選手となりました。



D_-WLzZUEAAp8IV
Photo by NBC NEWS

年間争いは暫定首位の三原直之選手が2位との差を広げ147ポイント。
2位には今大会優勝の藤田京弥選手が順位を上げ17ポイント差の130ポイント。
3位は今大会3位の小林明人選手で129ポイント。
4位は遠賀川戦を優勝し、今大会13位フィニッシュの沢村幸弘選手が124ポイント。
5位は小森嗣彦選手がやや離れて114ポイントとなっています。



2日目結果

予選結果

3日目結果

最終結果


ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク