10月8日から11日に、エリート第7戦でサウスキャロライナ州のサンティークーパーレイクが開催されます。

elite-series-logo_new
Photo by Bassmaster


2日目の首位は、初日2位の
Brandon Palaniuk選手。18ポンド13オンスをキャッチし、トータル39ポンド14オンスです。
2位は初日首位のCarl Jocumsen選手が12ポンド7オンスと失速するも初日の貯金が効いてトータル37ポンド15オンスで留まります。
3位はDerek Hudnall選手が35ポンド10オンス、
4位はJeff Gustafson選手が35ポンド6オンス、5位はSteve Kennedy選手が34ポンド5オンスとなっています。

決勝進出のカットラインの10位が32ポンド、20位が28ポンド3オンス、30位が25ポンド15オンス、準決勝のカットラインの40位が24ポンド2オンスです。

20位から40位までは混戦模様は変わらずです。

TOURNAMENT STANDINGS





注目の伊藤巧選手は、1本1ポンド10オンスと大失速し、トータル17ポンド3オンス64位と大きく後退です。


AOY Standings


ROY Standings




なかなか厳しい2日目だったようです。
準決勝進出はダメになりましたが、巻き返しに期待しましょう!



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク