先日のNHC大会で18尺を思うようにコントロールできなかったので、その練習を兼ねて厚木へら鮒センターに行ってきました。

jpg

DSC_0927




ペレ宙
竿:15尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 30センチ、下 0.5号 40センチ
浮き:花水樹 短竿チョウチンパイプトップ 8号
針:上下 がまかつ リフト 6号


 


ペレ道 50cc、ペレ軽 400cc、BBフラッシュ 200cc、GD 100cc、水 200cc 餌量 750cc、水量 200cc

餌の感じは、GDが入っていることもあり、しっかりした感じでまとまる。
やや固いイメージ。
棚はメーター。

7:20〜9:00 6枚 リャンコあり
DSC_0928

jpg

同じ餌の半量で
9:05〜10:10 6枚

ハリスを30-40から25-30まで詰めたら、スレが減り、ペースアップ。

最初はアタリがあるものの、全てスレ。
しばらく我慢してやっていましたが、改善しないのでハリスを5センチ詰めると状況が好転。



続いては竿を少し短くし、両ダンゴで狙います。
棚はメーターから最終的にはカッツケ(30センチ)にしました。

両ダンゴ
竿:13尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 25センチ、下 0.5号 30センチ 
カッツケ 上 0.5号 8センチ、下 0.5号 15センチ
浮き:花水樹 浅だなダンゴパイプストレートトップ 6号
針:上下 がまかつ リフト 6号





バラケマッハ 200cc、凄麩 200cc、カルネバ 200cc、水 150cc 餌量 600cc、水量 150cc

10:20〜12:00 6枚
スレ多く、途中からカッツケへ

メーターではスレが多く、手水を打つなどしても改善せず、カッツケに変更。
柔らかく、小さな餌にすることで、多少は改善した。

お昼は食堂でアスパラの肉巻き。

これで600円はコスパ高いです。DSC_0930


最後は10尺のカッツケ両ダンゴとヒゲトロセットです。

両ダンゴ
竿:10尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 8センチ、下 0.5号 15センチ
浮き:花水樹 浅だなダンゴパイプストレートトップ 6号
針:上下 がまかつ リフト 6号





コウテン 400cc、カルネバ 300cc、水 230cc 餌量 700cc、水量 230cc

12:30〜14:15 14枚

途中からヒゲトロセット。
しかし、餌の取り方を間違え、ヒゲトロの状態はイマイチ。
スレが多いながらも数を稼げる。
ヒゲトロ、ダンゴと両方食ってくる。
やはり、柔らかいタッチの小さめの餌が良い。
ヘラは湧き湧きなので打つ位置を毎回変えながら、しっかりと馴染んでからのアタリを狙うとヒット率が高かった気がする。

再度半量で
14:20〜15:15 9枚


最後は大雨&雷で強制終了でした。

結果41枚と、色々試しながらでしたがまずまず楽しめました。
数を釣るなら、8尺か7尺のカッツケヒゲトロですね。

課題の長竿の扱いも多少は出来るようになりました。

と言っても15尺ですが。

GW中にもう一回位は行きたいですね。



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク