飯岡港三次郎丸から犬吠埼沖のアカムツ狙いで釣行してきました。


DSC_0955


この三次郎丸には、今から40年ほど前に2回ほどキス釣りでお世話になった記憶があります。
当時の詳細は全く覚えていませんが、乗船したことだけは覚えています。


竿:2.2m グラスロッド
リール:電動リール3000番
道糸:東レスーパーストロング PE 船 F4 4号 400m
仕掛け:自作2本針仕掛け 
幹糸 トヨフロンプレミアム船ハリス8号(上部スイベルから最初の枝まで100センチ、枝間130センチ、捨て糸150センチ)
ハリス トヨフロンプレミアム船ハリス6号 60センチ
針:がまかつ 太地ムツ 18号、ムツケイムラパール 18号
錘:200号
その他:マシュマロボールMサイズ 各色 針1本に1個
餌:ホタルイカ(筒をハサミで切り開いて使用)、サバ短冊(7mm×50mm程度)の抱き合わせ






飯岡港を4時10分頃に出港し、5時40分頃にポイント到着。

DSC_0946

DSC_0945

DSC_0948

DSC_0952

DSC_0953

DSC_0956

水深は終日150m前後でしたが、上潮が早く投入直後はかなり糸吹けが出ますが、棚を取り直すことで道糸が立ってきます。
1投目に底を取り、ゼロテンションで待っていると明確なアタリがあり、ゆっくりと竿を聞き上げ乗せることに成功し、巻き上げ開始。
上がってきたのはやや型は小さいながらも本命アカムツ!

DSC_0944


幸先の良いスタートです。


次いでオマツリ後の1投目でも連続キャッチ。

ポイントには多くの船が集中しています。


その後、多少潮が大人しくなりますが、基本的には同じような感じで、ぽつりぽつりアタリがもらえます。
外道はサバ、ユメカサゴ、サメ、ドンコなど。
最終的に5本キャッチでした。

DSC_0949


釣り方も終日変わらず、ゼロテンションで待っている時にアタリが出ます。
アタリが無ければ、場所移動を兼ねて竿を頭上まで立て、またゼロテンションで待つの繰り返しです。
明らかに底で止めて置いた時に当たりました。


風もなく穏やかな1日で、11時10分過ぎに納竿。
船中0~9匹ということでした。





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク