昨年の12月に初めてチャレンジした沖磯でのメジナ釣り。
その後、なかなかチャンスがありませんでしたが、ようやく2回目のチャレンジです。


当初は西伊豆の松崎から釣行予定でしたが、西風の強風が吹き荒れる予報ということで、南伊豆下田の須崎に変更となりました。

須崎には爪木崎というスイセンが有名な場所がありますが、私の母校の大学の施設があり、学生時代に研修で訪れた記憶があります。


前日の29日は、椎の木湖でヘラブナ釣りをやり、終了後その足で下田に移動して翌日の釣りに備えます。

DSC_1336

DSC_1337

コマセはオキアミ6キロ、パン粉2キロ、米ぬか(パン粉の体積比で倍程度)の、いわゆるヌカパンコマセです。
作り方は、下記の動画を参考に作りました。


今回の釣行にあたり、参考にしたのは「日本一グレを釣る男」です。
なので、タックル、仕掛け、コマセと極力コピーしました。









ヘラブナ釣りもそうですが、準備して、想像している時が実際に釣りをしている時と同じくらい楽しいものです。


この日の渡船はすざき丸さんです。



タックル
竿:磯フカセ用 1.5号 5.3m
リール:レバーブレーキ付スピニングリール3000番
道糸:PE0.6号 or  東レ銀鱗®スーパーストロング アイサイト® 2号
ウキ:0~000号
ハリス:パワーゲーム®ルアーリーダー 1.5~2号
針:がまかつ 掛りすぎ口太 4号、5号、6号、デカケングレ 4号、5号、A1一刀グレ 4号、5号、6号
針のポジショニングマップ

掛りすぎ口太は、3種類の中で重さが中間、かつ口の中に掛かりやすい形状をしています。
デカケングレは、餌がズレにくいケンが付き3種類の中で一番太軸です。
A1一刀グレは3種類の中で一番軽く、細軸でナノスムースコートと相まって、針掛かり抜群です。








朝から西風の強風が吹き荒れますが、須崎は西風にめっぽう強いということで出船します。
港には西風を避けた多くの釣り人が集まり、大賑わいです。


上げていただいた磯は二つ根と言われる場所です。

DSC_1338

DSC_1339

DSC_1340

DSC_1343

本命ポイントは西向きのようですが、余りの強風に竿を出せません。
仕方なしに東を向きます。

潮はゆっくりと右沖に流れており、潮目もありますので、それを狙ってコマセを撒き、仕掛けを入れます。


スタートは00の浮きで始め、棚は3mの全遊動仕掛けです。
しばらくして回収時に手応えがあり、ショウサイフグが釣れます。
続いて同様にいい手応えがありますが、足元の根に潜られハリス切れ。


さらにしばらく経って、本命メジナをキャッチ。
31センチの丸々太った魚でした。

DSC_1341


ここから試練の時間が続きます。
風が強く、立っているのもなかなかしんどい。
気を抜くと、風で押されてバランスを崩します。


メジナを釣った際に軽い針を使っていたので、棚は浅いと思いこんでいましたが、風で魚は沈んだようです。
この変化についていけず、餌は取られるもののアタリを出せない時間が続きます。
残り1時間半ぐらいで、浮きを000に変え、針も重くするも時合が過ぎたか釣れません。

そうこうしていると、コマセバッカンが風で飛ばされ、残りのコマセ、付けエサともに海中へ。
強制終了となりました。

DSC_1344

DSC_1345

DSC_1346

釣りとしては消化不良でしたが、悪条件の中、本命メジナの顔も見られ、納釣りとしては悪くありませんでしたね。


沖上がり後は、前日の宿で温泉に入り、さっぱりして帰宅しました。






ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク