釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

船釣り

相模湾のショウサイフグ

6月27日、腰越港池田丸よりショウサイフグ釣りに行ってきました。

3861732_1


当初は、東京湾のショウサイフグに行こうと思っていましたが、天気予報が悪かったにも関わらずまさかの満船。

ということで、池田丸に連絡すると無事に予約完了。

当日は台風5号の影響が懸念されましたが、結果的に風も吹かず、雨も降られずという釣り日和な一日となりました。
天気予報の外れっぷりは酷いですね。


港は5時に開門されるので、それに合わせて到着し、駐車場代500円を払い、指定の場所に車を止めて船宿で受付です。
受付では、乗船料9,500円の他に氷代100円(クラッシュ氷)を支払います。
仕掛けが不足していれば、ここでも購入できます。
ちなみにフグ船は割引対象外ですが、餌は使い放題なのでお得感がありますね。

DSC_1073


この日の乗船は4名ということで、席は右舷ミヨシに陣取ります。
昨日は20名だったということですので、天気予報のお陰ですね。


乗船者も揃ったので、定刻の20分前に河岸払いです。

ポイントまでゆっくりと進み、稲村ケ崎の沖合でスタート。
ほぼ終日このあたりで釣りをしました。


最初のポイントでは餌も取られず、小移動。
潮は左舷に流れています。
ポイントを移動すると、餌が取られる場面が目立ってきます。

ここでトラブル発生。
リールのスプールの隙間にラインが入り込んでいるのに気づかず、手でラインを引っ張りだしたら高切れです。

仕掛けの組み換えのタイムロス。
気を取り直し、仕掛けを投入すると、サバフグが釣れてきます。
サバフグも唐揚げやお味噌汁に入れると美味しいので、持ち帰りです。

なかなか本命が釣れず、カワハギ(型はでかいです)、サバフグが元気です。
8時頃にようやく本命のショウサイフグをキャッチ。


ここで本日のクライマックスが訪れます。
アタリをキャッチし、合わせると、良い引きを見せて上がってきたのは、トラフグ!

チラシ仕掛けの餌針とカットウに掛かっていました。

3861732_1
Photo by 池田丸
なぜか、名前は渡辺さん。決して名前を公開していない訳ではないのですがね。

DSC_1074


この後、ショウサイフグをキャッチするも、あとはまったりした時間が過ぎます。
まるでトラフグで満足したかのようです。(間違いではないのですが)


サバフグ、カワハギは追加できるものの、ショウサイフグが釣れません。
最後にマルイカをカットウで釣って終了です。

そんな感じで、大きな盛り上がりはなく終了と思ったら、一人左舷に入った方は23本キャッチしていたそうです。
そういうことだったんですね。



仕掛け
竿:湾フグ用 美咲 健スペシャルタイプ1
リール:小型両軸左巻き
道糸:東レ スーパーストロング PE 船 F4 150m 0.8号



食わせ仕掛け(2本針):幹糸 東レ トヨフロン® スーパーL・EX ハイパー 4号 1m ハリス 東レ トヨフロン® スーパーL・EX ハイパー 4号 10センチ 針 がまかつ 丸海津 13号





自作チラシ針仕掛け:東レ トヨフロン® プレミアム船ハリス 8号 針 がまかつ 丸海津 15号 カットウ針 がまかつ F1カットウ鈎 L







カットウ針は、これ一択です。
これに勝る針はないと思っています。この形状は、針に掛かれば掛かるほど食い込む感じが気に入っています。もちろん刺さりも抜群です。

そのうち、自作のチラシ仕掛けの作り方も説明しようと思います。



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ピュアアングラーズイサキ釣り教室 真鶴港誠いち丸、海良丸

6月のピュアアングラーズ釣り教室のターゲットはイサキ。
真鶴港誠いち丸と海良丸からチャレンジです。

DSC_1054

DSC_1055

ポイントは港を出てすぐの三石が見える場所。
狙う水深は15~20m、40~50mがメイン。
なので、手巻きのライトタックルで狙います。

DSC_1056

DSC_1057


この日は波もなく、晴れのち曇りという釣りをしやすいコンディションでしたが、魚の活性はイマイチ。
最初の投入でタカベが口を使いましたが、それからはあまり反応を貰えません。

DSC_1058


ポイントをこまめに変えて、狙っていきますが反応を得られず、業を煮やした船長は深場のポイントでアジを狙います。
ここで、多少の反応が得られ、良い型のアジをキャッチ。

DSC_1059
DSC_1060
DSC_1061



お土産を確保した後、再びイサキにチャレンジです。

DSC_1062

DSC_1063

ようやくポツポツとイサキが顔を出します。
その他はワカシ、アマダイ、イトヨリなんかもゲスト出演です。

DSC_1064

DSC_1065


魚の数は多くなかったものの、お土産は確保できました。

DSC_1066
DSC_1067
ワカシのトリプル!

DSC_1068
ようやくお父さんにも!
やっと釣れたから、一緒に写真撮ってあげるわと、娘さん^^;

次回は7月11日佐島港海楽園からハタ五目です。


今回の模様を動画撮影してみました。
そのうち編集してアップしたいと思います。








ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

犬吠埼沖のアカムツ

飯岡港三次郎丸から犬吠埼沖のアカムツ狙いで釣行してきました。


DSC_0955


この三次郎丸には、今から40年ほど前に2回ほどキス釣りでお世話になった記憶があります。
当時の詳細は全く覚えていませんが、乗船したことだけは覚えています。


竿:2.2m グラスロッド
リール:電動リール3000番
道糸:東レスーパーストロング PE 船 F4 4号 400m
仕掛け:自作2本針仕掛け 
幹糸 トヨフロンプレミアム船ハリス8号(上部スイベルから最初の枝まで100センチ、枝間130センチ、捨て糸150センチ)
ハリス トヨフロンプレミアム船ハリス6号 60センチ
針:がまかつ 太地ムツ 18号、ムツケイムラパール 18号
錘:200号
その他:マシュマロボールMサイズ 各色 針1本に1個
餌:ホタルイカ(筒をハサミで切り開いて使用)、サバ短冊(7mm×50mm程度)の抱き合わせ






飯岡港を4時10分頃に出港し、5時40分頃にポイント到着。

DSC_0946

DSC_0945

DSC_0948

DSC_0952

DSC_0953

DSC_0956

水深は終日150m前後でしたが、上潮が早く投入直後はかなり糸吹けが出ますが、棚を取り直すことで道糸が立ってきます。
1投目に底を取り、ゼロテンションで待っていると明確なアタリがあり、ゆっくりと竿を聞き上げ乗せることに成功し、巻き上げ開始。
上がってきたのはやや型は小さいながらも本命アカムツ!

DSC_0944


幸先の良いスタートです。


次いでオマツリ後の1投目でも連続キャッチ。

ポイントには多くの船が集中しています。


その後、多少潮が大人しくなりますが、基本的には同じような感じで、ぽつりぽつりアタリがもらえます。
外道はサバ、ユメカサゴ、サメ、ドンコなど。
最終的に5本キャッチでした。

DSC_0949


釣り方も終日変わらず、ゼロテンションで待っている時にアタリが出ます。
アタリが無ければ、場所移動を兼ねて竿を頭上まで立て、またゼロテンションで待つの繰り返しです。
明らかに底で止めて置いた時に当たりました。


風もなく穏やかな1日で、11時10分過ぎに納竿。
船中0~9匹ということでした。





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ピュアアングラーズオニカサゴ釣り教室 三崎港佐円丸

4月最初の日曜日は、三崎港佐円丸からオニカサゴ釣り教室です。

応募者多数につき、2艘出し。
11号船と第2福丸とで出船です。

DSC_0895

DSC_0902
DSC_0896

DSC_0898

DSC_0899

DSC_0900

釣り場は沖の瀬から洲崎沖にかけて広く転戦。
周囲にはイカ狙いの船も多数見られました。


いきなり釣れたのは良い型のカイワリ。
DSC_0906


続いて中層でサバの猛攻を受け、交わして底までたどり着くとポツポツ本命が釣れ出します。

DSC_0904
DSC_0905DSC_0908

DSC_0909



慣れない方も多く、オマツリが頻発しますが、何とか修正しつつ釣りを継続。


終盤に洲崎に移動すると、良い型が出始め、みなさんニッコリでした。

DSC_0910

DSC_0911

DSC_0912

DSC_0913

DSC_0915

DSC_0916

港に戻る前にドット島を通過。
今日は釣り人いませんでした。
DSC_0917


次回は5月30日小網代港太平丸からのキス・カサゴです。
残席僅かのようですから、参加希望の方はお早めに!





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

渚丸ライト深場

DSC_0818

先月に続き、黒ムツが美味しかったので捕らぬ狸の皮算用ということで、片瀬江の島港渚丸からライト深場に行ってきました。

DSC_0817

DSC_0819

前回と違い、この日は最高気温17度予想ということで、防寒着も持っては行きましたが上着は結局未着用。
暖かく、凪の海を満喫しました。

乗船者は5名。
これに仲乗りのかい君が竿を出し、片舷3名づつのソーシャルディスタンスばっちりで出船です。

江の島東沖の水深300m前後を狙います。

1投目からアタリがあるも、サバと白ムツの一荷。
2投目は、底まで落ちずにサバにつかまり、3投目、4投目と空振りとバラシ。
5投目は強烈な引きで2キロ位のメダイと白ムツの一荷。
6投目は再び白ムツ。
7投目空振り、8投目は投入時にトラブりパスと、なかなか流れに乗れません。

9投目はサバ、10投目空振り、11投目白ムツの一荷、そして12投目に待望の黒ムツ!
長かったですよ(笑)

そして13投目も小さいながらも黒ムツを連続キャッチ。
14投目白ムツ、15投目空振り、17投目サバ。

そして18投目からアカムツ狙い。
艫の方が連発でアカムツを釣りあげます。
私は音沙汰なし。
後で聞いたら、マシュマロボールを付けていたそうです。
持っていっていたのですが、付けませんでした。

そんなこんなで、お土産は確保し、スミヤキをかい君に分けてもらい満足です。
さらに渚丸名物の姫わかめもお土産でいただきました。

DSC_0822




釣り方は前回と同じでしたが、どうも上手くハマりませんでしたね。

帰宅後、白ムツを捌いていたら口から食べたばかりのイカが(笑)
DSC_0823


食べる前に釣られちゃいましたね。



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。