釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

トーナメント

2022シマノジャパンカップへら釣り選手権大会武蔵の池大会 2022-⑥

ひょんなことからエントリーした2022シマノジャパンカップへら釣り選手権大会武蔵の池大会が5月21日に開催されました。

hCiAX2dpCsM8N9N3vU7FHVwxK6Sz2XSEmMz2mH2l



大会前週の5月15日のプラクティスで、カッツケ、チョーチン、段底の3つに釣り方は絞りました。
1回戦の釣り場抽選次第で釣り方を決めようと思っています。

抽選の結果、座席はF-60(中央桟橋60番)です。

DSC_1582

DSC_1583

DSC_1584

DSC_1585

参加120名。
各ブロックから4名が2回戦進出です。

スタートは8尺のカッツケヒゲセットとしました。
前週のプラクティスの感触で、カッツケが良い印象でした。
さらに勝負を早くするために、ヒゲセットとしたのです。

8尺カッツケヒゲセット
竿:7尺
ウキ:花水樹 浅棚ダンゴストレート4
号(トップ 1.6/1.6mm 90mm、9目盛り、ボディ40mm 直径6.2mm、足1mm×70mm) 
上針:ダンゴマスター6号 
下針:アスカ5号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.8号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 8センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 15センチ








ヒゲセット
カクシン 200cc、コウテン 100cc、バラケマッハ 100cc、水 100cc(標準102cc)
エサ持ち 67 重さ 35 粒子 42

7:00〜8:20 1枚 590g

開始から手返し良く打ち返しますが、思いのほかウキが動きません。
手水を打ちつつ、軟らかくしていくと、少しづつ反応が出ますが、それでも感嘆セットと比べると明らかにイマイチ。
しかし、周囲も竿は曲がらず、我慢の時間が続きます。
そうこうしていると、隣の選手が1枚釣りあげます。釣り方は私が見切ったホタチョーです。
その後も順調に竿を曲げ、12枚キャッチしていました。
これで完全に迷いが生じます。
何とか1枚キャッチし、細粒をふりかけてみますが、これが完全に裏目となりました。
1ボウル打ち切り、沖段底に切り替えます。



15尺段底
竿:15尺
ウキ:花水樹 
短竿チョウチン PCトップセット11号(トップ 0.5/1.2mm 190mm、11目盛り、ボディ110mm 直径6.2mm、足1mm×70mm) 
上針:ダンゴマスター6号 
下針:ギガボトム3号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.8号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 8センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.35号 50センチ










粒戦 50cc、粒戦細粒 50c、とろスイミー 50c、水 150cc(標準127cc)、セットガン 100cc、セット専用バラケ 100cc、段底 100cc 餌量 400cc、水量 150cc 水分 37.5%
エサ持ち 35 重さ 75 粒子 45

8:40~11:00 1枚 510g

20分で準備を整え、巻き返しに掛かります。
しかし、崩れたリズムを立て直すに至らず、1枚追加したのみの大惨敗。

プラクティスで見つけた7尺カッツケセット、9尺チョーチンセット、12尺段底から当日の状況を踏まえて変えたのが裏目に出ました。
経験不足ですね。
素直にカッツケセットで入れば良かったです。

2次予選は、最後に逆転劇がありました。
決勝進出の皆さん、頑張って下さい。

DSC_1590

DSC_1591

DSC_1592

DSC_1593

DSC_1595

次は清遊湖で9月3日に開催です。











ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村



ジャパンカップへの道 武蔵の池2022-⑤ プラクティス

5月21日に武蔵の池でシマノ・ジャパンカップの予選が行われます。
今までのNHCの大会と違い、規定時間内に釣り上げた重量で順位を決める方式で、技術の差が如実に表れます。
今の私の実力では、予選通過どころか予選1回戦すら通過できないでしょう。
しかし、何事も経験ということでチャレンジです。


DSC_1402

練習の時間が作れず、大会開催週の日曜日に行ってきました。
釣り方としては、固定概念を持たず、様々試してみました。






朝イチは水面近くから。
カッツケセットで狙います

7尺カッツケセット
竿:7尺
ウキ:花水樹 
浅ダナパイプセットS5号(トップ 0.9/1.4mm 80mm、7目盛り、ボディ50mm 直径5.7mm、足1mm×60mm) 
上針:ダンゴマスター5号 
下針:コム1号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.8号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 8センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.35号 35センチ→30センチ→25センチ









粒戦 50cc、粒戦細粒 25cc、水 75cc(標準65cc)セットアップ 50cc、ット専用バラケ 50cc、パウダーベイトスーパーセット 25cc(手水、マッハで調整) 餌量 200cc、水量 75cc
エサ持ち 31 重さ 77 粒子 51
さなぎ感嘆 10cc、水10cc

5:50〜7:07 3枚
半量にマッハ50
350g(6:20)、780g(6:29)、490g(6:47)

最初の1枚目はスタートから30分後。触りは5投目位からあるも、なかなか食いアタリにならなかった。
手水を打ち、半量を打ちきった後でマッハを50cc追加すると反応が上向く。
棚は20~50センチをメインに狙った。
1枚目の350gは魚が跳ねたことで軽く表示されたよう。



粒戦 50cc、とろスイミー 25cc、水 75cc(標準59cc)凄麩 50cc、パウダーベイトスーパーセット 50cc、バラケマッハ 25cc(手水で調整) 餌量 200cc、水量 75cc
エサ持ち 43 重さ 66 粒子 57
さなぎ感嘆 10cc、水10cc

7:17〜8:22 2枚
600g(7:29)、680g(8:15)

2ボウル目は最初の餌よりも持つ餌でチャレンジ。
こちらも手水で柔らかくしつつ打つ。反応はあるが、カラツンも多くなる。
ハリスを詰めすぎると今一つの感じ。35センチがベストっぽい。


粒戦 50cc、粒戦細粒 25cc、水 100cc(標準70cc)セット専用バラケ 50cc、セットアップ 50cc、軽麩 25cc、バラケマッハ 25cc
エサ持ち 29 重さ 68 粒子 48
さなぎ感嘆 10cc、水10cc

8:30〜9:46 1枚
580g(8:53)

3ボウル目はバラケる餌に戻す。すると、反応が良くなる。1枚キャッチしたところで浮きが破損し、変更後追加ならず。
ハリス35センチが当たり多く、針を1号に落とすとイマイチ。
3号がベストだった気がする。
隣の方は私の倍のペースでカッツケで釣っていた。


9尺チョーチンセット
竿:9尺
ウキ:天風 
チョーチングラス6号(トップ 0.5/0.5mm 160mm、11目盛り、ボディ60mm 直径5.7mm、足0.8mm×70mm) 
上針:ダンゴマスター6号 
下針:コム1~3号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.8号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 8センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.35号 35センチ








粒戦 50cc、粒戦細粒 25cc、水 100cc(標準75cc)セット専用バラケ 50cc、セットアップ 50cc、軽麩 50cc、バラケマッハ 25cc
エサ持ち 30 重さ 64 粒子 48
力玉さなぎ漬け力玉大粒さなぎ漬け力玉ハード2さなぎ漬け

10:05〜11:30 2枚
510g(11:08)、590g(11:17)

トップまで馴染ませ、トップの長さ以内の誘いを繰り返すと、落ち込みでアタリが出る。
かなり見逃してしまっていた。
3種類のクワセ餌を打ち分けると、明らかに大粒の反応が良い。



次いでホタチョーです。

9尺ホタチョー
竿:9尺
ウキ:花水樹 
チョーチングラストップセミロング9号(トップ 0.6/1.0mm 200mm、11目盛り、ボディ80mm 直径7.0mm、足1mm×90mm) 
上針:ギガリフト13号 
下針:アスカ8号、9号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.8号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 8センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.35号 65センチ→45センチ→35センチ









段差バラケ 50cc、 バラケマッハ 350cc、BBフラッシュ 100㏄ 、水 100cc(標準105cc) 餌量 500cc、水量 100cc
エサ持ち 46 重さ 35 粒子 41
力玉ハード3ビッグ

11:57〜12:37 0枚

12:40〜13:25 1枚
490g(13:15)

先日、椎の木湖で衝撃を受けたホタチョーを見よう見まねでやってみます。
1ボウル目はアタリは出ますが乗せられず、カラツンのオンパレード。馴染みも甘かったです。
手もみを増やすと安定して馴染むようになります。スレも多くイマイチ。
2ボウル目、ハリスを徐々に詰めようやく1枚キャッチもそれっきり。



12尺段底
竿:12尺
ウキ:花水樹 
短竿チョウチン PCトップセット8号(トップ 0.5/1.2mm 160mm、11目盛り、ボディ80mm 直径6.2mm、足1mm×70mm) 
上針:ダンゴマスター6号 
下針:ギガボトム3号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.8号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 8センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.35号 50センチ










粒戦
 50cc、
粒戦細粒 50cc
とろスイミー 50cc、水150cc、セットアップ 150cc  餌量 300cc 水量 150cc
水を入れたらすぐに次の餌を混ぜる。

力玉ハード2

13:53〜15:30
560g(15:29)
9枚 5,650g

隣の方が14~15尺の段底で、良い型中心にいいペースで釣っていたので、両ダンゴをやる予定を急遽段底にチェンジしチャレンジ。
比較的早い段階からアタリが出るも、私がやり始める頃から段底の反応が悪くなり出しました。
スレが多くなかなか追加できないものの、上がってくるヘラは良い型揃い。
ラスト1投できれいに食わすことが出来ました。



ジャパンカップの予選1回戦は、140名の定員で全体の上位20%が2回戦に進出です。
中央桟橋だけでは乗り切れませんので(定員118名)、1割の選手は外周りになります。
外周りで上位20%に入るのは、かなり厳しいです。
練習した15日は、20位が23枚で13キロという感じでしたので、単純計算で6キロ弱当たりがボーダーとなりそうです。

カッツケ 6枚 5:50~9:46 3h56m 39.3分に1枚
350g、780g、490g、600g、680g、580g
Av 580g

チョーチン(ホタチョー含む) 3枚 10:05~13:25 3h20m 66.7分に1枚(チョーチンセットのみは42.5分に1枚)
510g、590g、490g
Av 530g

段底 1枚 13:53~15:30 1h37m 97分に1枚
560g

これだけ見れば、カッツケが優勢ですが、段底も餌の調整次第でもう少しは良くなりそうです。
4時間で10枚キャッチ程度が当落線上になりそうですので、桟橋に乗れたなら7尺カッツケスタート、反応が一段落したら段底にチェンジでしょうか。9尺チョーチンセットも決して悪くないので悩ましいですね。
何れにしても釣り方は7尺カッツケセット、9尺チョーチンセット、12尺段底に絞れました。
カッツケ、チョーチンともに、マッハが入ったヤワネバ系のバラケが良いようなイメージも持てました。

この悩んでいる時間が、また楽しいです!


ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ジャパンカップへの道

5月21日に武蔵の池でシマノ・ジャパンカップの予選が行われます。
今までのNHCの大会と違い、規定時間内に釣り上げた重量で順位を決める方式で、技術の差が如実に表れます。
今の私の実力では、予選通過どころか予選1回戦すら通過できないでしょう。
しかし、何事も経験ということでチャレンジです。


DSC_1402

練習の時間が作れず、大会開催週の日曜日に行ってきます。
釣り方としては、固定概念を持たず、様々試してみようと思います。







ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

シマノジャパンカップ



へらぶなのメジャートーナメントのひとつ、シマノジャパンカップ。
募集が掲載されていたので、関東の3大会に申し込みをしたところ、武蔵の池(5月21日開催)、清遊湖(9月3日開催)に参加できることとなりました。


DSC_1402


当たると思っていなかったので、ちょっとビックリしましたが、実力不足は百も承知です。
体験しなきゃわからないことがありますので、経験値を積むために参加です。




今年のジャパンカップから、新ルールが採用されました。
ハリ外し後のタモ置台での空中放置について、魚を長時間空中に放置しないというルールです。


これ、とってもいい取り組みだと思います。
個人的にも気になっていたことなので、浸透して欲しい取り組みですね。

バストーナメントは、死魚は検量対象外となり、弱った魚もマイナスのペナルティがあります。
なので、出来る限り魚が元気でいられるように、様々な取り組みをしています。
空中に長時間放置するのは、良くないと感じていたので、これはいいですね。


武蔵の池は、NHCのウィンターシリーズでやらかした場所。
一筋縄でいくとは思えませんが、出来る限りのことをしたいと思います。

そして清遊湖。
今から20年ぐらい前に2回ほど行った気がします。
久しぶりなので、楽しみです。






ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


NHC関東シリーズ第1戦 椎の木湖 2022-③

4月29日NHCのレギュラーシリーズ、関東シリーズの第1戦椎の木湖戦です。
前回訪問した4月17日以降、夏日もあり一旦落ちた水温も上昇し17度をコンスタントに上回ってきました。

当日の天候は曇りということで、一番やりたかったペレ宙にはちょっと向いていませんが、季節先取りの戦法で押し通すことに。
試合は2号桟橋渡りの奥で行われますが、ファーストステージでゴルフ場向きになると太陽が正面から当たり、逆光でウキが見えません。
そういう意味では、曇りは歓迎ですが、どうでしょうか。

DSC_1545


17日の状況は、水温が落ちたこともありセット優勢でしたが、水温も上昇し安定してきたのでダンゴ時合と読んで、場合によってはヒゲセットも視野に入れ準備しました。


抽選でファーストステージ243番、セカンドステージ345番となりました。

DSC_1543

DSC_1544

DSC_1542

DSC_1541

DSC_1540




ファーストステージ 243番
6:30~10:30

6:30〜7:45
0枚

7:50〜9:10
0枚

9:15〜10:25
0枚


19尺ペレ宙
竿:19尺
ウキ:花水樹 
チョウチンストレートパイプ11号(トップ 1.6/1.6mm 160mm、11目盛り、ボディ110mm 直径7.0mm、足1mm×70mm) 
上針:リフト7号 
下針:リフト7号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.0号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 40センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 50センチ






ペレ軽 200cc、ガッテン 200cc、GD 200cc、粒戦細粒 25cc、(3つの麩材を混ぜ合わせてから)水 200cc(標準209cc)BBフラッシュ 200cc 餌量 825cc、水量 200cc
エサ持ち 70 重さ 46 粒子 47

ファーストステージでは、先日の練習である程度手応えのあったペレ宙に絞って挑みました。
水温も上昇し、状況は好転するだろうと読んでのことです。
しかし、餌作りでミスをしてしまいます。
水の投入の順番を間違え、タッチが違ったものになってしまいました。

棚は1.5mから始め、2.0m、1.5m、1.2mと棚を探り、2.0mに戻したところでようやく触りが増えてきました。

スレもあり、空ツンもありで雰囲気は良くなるものの、結局最後まで釣ることが出来ませんでした。
終了まで1時間半位から反応が良くなりだしたので、ようやく整ってきたと思っていましたが、そんなに簡単にはいきませんでしたね。

天候が曇りだったこともありますが、餌作りの手順を1度ならず2度も誤ったのが一番の敗因に感じます。
前回の凄麩、カルネバ、ペレ軽、BBフラッシュのブレンドから、今回のブレンドに変更し、上擦り防止を目論んだのですが、そもそもそれが良くなかったのかも知れませんね。

前回のブレンド
カルネバ 200cc、ペレ軽 200cc、BBフラシュ 100cc、凄麩 100cc、水 150cc(標準 135cc)
エサ持ち 77 重さ 31 粒子 48

今回のブレンド
ペレ軽 200cc、ガッテン 200cc、GD 200cc、粒戦細粒 25cc、(3つの麩材を混ぜ合わせてから)水 200cc(標準209cc)BBフラッシュ 200cc 餌量 825cc、水量 200cc
エサ持ち 70 重さ 46 粒子 47



隣の選手が、朝イチから快調に釣りファーストステージのトップウェイトをマーク。
9~15尺のチョーチンセットの釣りでしたが、恐らく30枚はキャッチしていたと思います。
凄い釣りでした。



セカンドステージ 345番
11:30~15:00


13尺ヒゲセット
竿:13尺
ウキ:花水樹 
チョーチングラストップセミロング10号(トップ 0.6/1.0mm 210mm、11目盛り、ボディ100mm 直径7.0mm、足1mm×90mm) 
上針:アスカ9号 
下針:リフト5号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.8号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 8センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 16センチ







凄麩 200cc、バラケマッハ 200ccBBフラッシュ 100cc水 100cc(標準105cc) 餌量 500cc、水量 100cc
エサ持ち 59 重さ 37 粒子 49

4枚 980g、950g、1,140g、1,060g





午後は雨も降り、風が向かい風気味になるので、竿を短くし、ヒゲトロセットでスタートしました。
餌は上記のブレンドでしたが、何を勘違いしたのか水を100ccではなく200cc入れてしまいましたので、慌てて麩材を追加してマッハを多くするブレンドとしました。

比較的早めに1枚目が釣れ、ようやくホッとします。
早い段階で4枚目をキャッチしましたが、雨風が強くなり、餌ボウルにも吹き込みます。
餌がドンドン軟らかくなるので、マッハを追い足ししますが、あっという間に柔らかくなってしまいます。
この対応が上手く出来ず、5枚目を釣ることが出来ませんでした。


今回は、餌作りの段階で失敗しており、気負い過ぎていましたね。
やり切った清々しさはありますが、それ以上に釣れなかった悔しさがあります。
乗るか、反るかのの勝負をしたので、外れればこんなものです。
前半、同じブレンドに固執したのも良くなかったですね。


次回は三和新池です。











ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。