釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。タックルベリー、東レフィールドモニター。

JB

JB桧原湖第1戦レジットデザインカップ

2024年の開幕戦、レジットデザインカップが開催されました。

20240512_063522


5月3日、4日の2日間、プリプラクティスを実施。
特に今年はボートを乗り換えたので、様々な部分の確認作業を実施したため、肝心のプリプラについては消化不良な内容。
状況はイージーではなく、なかなか厳しい印象ですが、いつもの場所で魚も触れました。

1715697529990

1715697516166

天候も安定しており、水温の上昇が早そうです。

そして、前日プラクティス。
水温は13度を超え、シャローに魚が差してくると予測し、シャローを見て回ることに。

20240511_071414

20240511_092041

20240511_065715

すると、糠塚島裏のエリアから大川の流れ込までのストレッチで、多くの魚を発見。
特に、糠塚島裏と神社から大川までの間が特に魚が多く見られました。

そこから南下し、双子島の南、雄子沢と見るももう一息。
昨年良かった狐鷹森北側のストレッチもノー感じ。
終了間際に一番魚の多かった神社から大川のストレッチを見るも、今度は魚が消えていました。


試合当日、フライトは第2フライトの5番目ということで、大半の選手がスタートした後。
僅かな希望を持って、糠塚島裏に向かいますが、目当ての場所は先行者がいたため、その周辺を探ります。

すると、見える魚もチラホラおり、慎重に狙うも口を使わずに断念。
もう一か所の神社から大川のストレッチを見に行くも、こちらも気配なし。

一気に南下し、双子島南側のシャローへ入ります。
多くの選手が釣っておりますが、今一つ気配はなし。

しばらく粘るも釣れる感じがしないため、残り1時間強で移動。
早稲沢に戻る前に、狐鷹森の水門に絡むブレイクを狙いに行きます。

先行者がいたので、その脇に入ります。
1.8gのライトキャロで攻めるも、根掛かり。
外しに行ったついでにさらに浅い場所に投げ、ポジションを戻しつつショートドラッギング。
すると、ティップに反応が。
合わせると重い引きが伝わってきます。
慎重にやり取りをして、無事にネットイン。

グッドコンディションのスモールをキャッチ。

その後、周辺をやり切るも追加できずにタイムアップ。

帰着し、運営業務をやりつつ検量すると、1,074グラムとキロオーバー。
1匹ながらも、42位に留まりました。

20240512_140456


参加117名で、ウェイン73名。約1/3がノーフィッシュでした。

ノーフィッシュと紙一重の試合でしたが、諦めなかったことで貴重な1本をキャッチできました。


タックル
ロッド:6.5fソリッドティップモデル ライトアクション
リール:スピニング2000番
ライン:東レ エクスレッド2.5LB

シンカー:1/16OZ
リーダー:トヨフロン® スーパーL・EX ハイパー 0.6号 80センチ

フック:がまかつ キジスペシャル7号
ワーム:2.5インチ ストレート形






ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

JBトップ50第5戦エバーグリーンCUP予選結果

10月13日~15日の3日間、JBトップ50第5戦エバーグリーンカップが北九州の遠賀川で開催されています。


2日間の予選が終わり、予選通過者が決まりました。



チャプター山中湖で役員を務める佐々一真選手は、年間暫定首位で最終戦を迎え、初日は1,024g28位と苦戦。
しかし、勝負の2日目は単日3位となる3,562gを持ち込み、4,586g8位で予選通過。
ウェイトに換算した順位も8位。

年間争いで3P差につけていた志達海輝選手は予選落ち。
6P差の梶原智寛選手は25位(ウェイト順)、16P差の青木唯選手は12位(ウェイト順)、同じく16P差の鈴木隆之選手は3位(ウェイト順)となり、僅差で暫定首位に復帰。
32P差の今泉拓哉選手は佐々選手が決勝に進出したことで逆転の可能性はなくなりました。
よって、年間争いはこの4名に絞られました。


それぞれの年間1位を取る条件をまとめてみると、

佐々一真選手 梶原選手より下位5位以内、青木選手、鈴木選手より下位15位以内
梶原智寛選手 佐々選手より6位以上上位、青木選手、鈴木選手より下位9位以内
青木唯選手 佐々選手より17位以上上位、梶原選手より10位以上上位、鈴木選手より上位
鈴木隆之選手 佐々選手より17位以上上位、梶原選手より10位以上上位、青木選手より上位

となります。

3日目は時間が短く、プレッシャーも高いのでビッグウェイとは期待しにくいです。
佐々選手が有利な状況ではありますが、ウェイト差は詰まっており、一つのミスが勝敗を分けそうです。
佐々選手が2キロ釣ってきたら、この差は詰まらないでしょう。
恐らく1,500gでも逆転は厳しいのでは。
初日は2匹、2日目は3匹と尻上がりですが、数は釣れていません。

鈴木選手は2日間安定して釣っており、上位フィニッシュが期待できます。
青木選手は2日目ウェイトを落としたものの、3日目の強さには定評があります。
梶原選手は初日3匹、2日目1匹と伸び悩んでいます。

リミットメイクは初日2名、2日目0名ですので、3日目も厳しいでしょう。
15位のウェイトは3,746gですので、平均サイズ(約900g)の魚2本釣って5,546g。
佐々選手は1キロ釣って来ればのウェイトに達します。


さあ、注目の最終日どうなりますか。

391710359_2976341475829301_7484124338165138432_n
佐々、頑張れ~!



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


JB桧原湖第4戦イマカツカップ

2023年JB桧原湖シリーズの最終戦となるイマカツカップに参戦してきました。

直前までの猛暑に加え、水位も減水が進み、夏と秋の端境期となったタイミングでの開催です。
ところが、金曜日の夜に雨がかなり降り、気温も一気に下がる変化がみられました。

土曜日のプラクティスではJB2戦が開催されておりましたが、ウィニングウェイトは2,400g台と伸び悩みます。
湖を見た感じ、定番の早稲沢沖はベイトは豊富なものの、バスの反応は簡単には得られません。
しかし、中層を泳がせていたハンクルフライで小型ながらキャッチ。

20230923_095834


ここでトラブル発生。
車のタイヤがパンクしていると連絡が入り、一旦上がります。
早稲沢浜キャンプ場レンタルボートのスタッフの協力もあり、無事に復旧。

20230923_112030


プラに戻り、湖を南下し、前回ベイトの多かった雄子沢沖をチェックすると、相変わらずベイトは豊富です。
キャロ、ダウンショット、キャロシャッドなどで探るもノーバイト。
最後に狐鷹森をチェックし、ダウンショットで1本キャッチ。

ここで上がり、翌日の準備を進めます。

フラットの魚は捉えどころがなく、追いかけにくいことから、ハンプ絡みの魚をメインで考えます。
朝一はベイトの豊富だった雄子沢で、表層とキャロ、ダウンショットで狙い、その状況次第で移動を考えます。

20230924_063612

20230924_072659

20230924_072703

試合当日、フライトは最後なのでスタート船をやってノンビリスタート。
一気に南下し、雄子沢へ。
魚探の映像は昨日と同じ感じですが、反応は得られず時間が経過します。
周囲の選手もほとんど竿は曲がらず、厳しい時間が過ぎます。

10時近くまで時間を使うも、ノーバイトなので移動を決意。
桜島から伸びるハンプ群に向かいます。

一番北寄りの水面に顔を出した岩礁から続くハードボトムの狙います。
キャストしたのはヘビーキャロのフラット系。
数キャストで反応が得られ、小さいながらも貴重なキーパーをキャッチ。

しばらく粘るも追加できず、人がまばらになったので、探索に出ると少し盛り上がったハードボトムでライトキャロにヒット。
先ほどの魚よりも少しサイズアップ。

12時近くまでここで費やすも追加できず、狐鷹森に移動。
しかし、魚探の映像は昨日ほどではなく、最後に早稲沢をキャロシャッドでひと流しして終了。

検量の結果、950/49位/108人でした。

20230924_141009


今回は中層を意識した選手が良い結果を出していたようです。
フラットやハンプというよりも、立木絡みで良い結果を残した選手が多かったように感じます。

年間順位は51位/121人と、初戦のアドバンテージを生かせず終了。
細かなトラブルもあり、結果としては良くありませんでしたが、何とか無事に終了です。

20230924_143746

20230924_145320

タックル
ヘビーキャロライナ
ロッド:ワイルドサイドWSC-610MH
リール:ベイト左巻き
ライン:東レ エクスレッド 10LB

シンカー:1オンス
リーダー:東レ パワーゲーム ルアーリーダー 6LB

フック:オフセット2/0
ワーム:ブルフラット3インチ

ライトキャロライナ
ロッド:スピニング7.1fソリッドティップ
リール:スピニング2500番
ライン:東レ ソルトライン®スーパーライト PE 0.4号

シンカー:2.7g
リーダー:東レ パワーゲーム ルアーリーダー 3LB

フック:マス針
ワーム:ライク2.5インチエラストマー



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村




JB2河口湖第3戦タックルベリーカップ

今週末の土曜日、河口湖でJB2河口湖第3戦タックルベリーカップが開催されました。
今回は残念ながら欠場ですが、会場には行ってきました。

20230916_135840

20230916_075432

20230916_075428

20230916_141051

参加は38チーム。
エントリーは40チームだったので、出席率高めです。

湖のコンディションは一筋縄では行かないものの、大型を狙えるパターンも存在し、上位は飛び抜けた結果を残していました。





最終戦ということで年間順位も決定。
青木唯選手が3連勝で独走。
驚異的な強さを見せつけました。




ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村






JB2河口湖第2戦エンジンカップ

JB2河口湖第2戦エンジンカップが8月19日に開催され、参戦してきました。

20230819_134027


今回のパートナーは、古くからの友人でスーパーNBC会員と言われた清水君。

20230819_060239


今回も長浜旅館のスロープから出撃です。


ミーティングが終了し、スタートは最後尾。
向かった先は三連ワンドの真ん中です。

シャローを流しながら進みますが、時々子バスやギルが見える程度。
ところがある場所でナイスサイズを発見するも見失います。

その近辺のウィードの周囲を、メタルワサビー4gでシャクルとギルが釣れます。
そのままやり続けると、小さいながらもキーパーをキャッチ。

前回ノーフィッシュだったので、貴重です。

そのまま続けるもノー感じなので移動します。
ハワイの沖の魚を見に行きます。

魚探にはいい映像が映り、魚を掛ける選手もチラホラ。
しかし、私たちには手に負えず、ここでタイムアップ。





検量の結果、304gで22位/39チーム。
14チームがノーフィッシュという厳しい試合でした。

20230819_131254


久しぶりの清水君との釣りは、楽しめました。

タックル
ロッド:スピニング 6fソリッドモデルML
リール:2500番
ライン:ソルトライン®スーパーライト PE 0.4号



リーダー:パワーゲーム ルアーリーダー 5ポンド



ルアー:ノリーズ メタルワサビ―4g





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。