釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

ヘラブナ

芦田湖水光園プリプラクティス

NHC関東シリーズ第4戦は、初の開催となる芦田湖水光園です。
ということで、1週間前にプリプラクティスに臨みます。



比較的大型が釣れるという事前情報ですので、どの釣り方で反応するかを探るのが一番の目的。

釣場への入り口は狭く、注意していなければ見逃すところでした。
のぼりがあったので、辛うじて気づきました。

受付は特に行わず釣り場に入れます。
後で、管理人の方が入場料を徴収に回ってきます。
お昼の注文も、ここで行います。

ちなみにお昼は放送があり、食堂でセルフサービスで料理を受け取ります。
昨日は、焼肉定食(800円)のみでしたが、なかなかボリューミーでした。
ご飯はお代わりOK、メインの焼肉の他、副菜としてタケノコの煮付け、漬物、味噌汁、デザートと豊富。

DSC_1820

DSC_1821

DSC_1822

DSC_1823
リャンコも2回ありました。


肝心な釣りは、水面にヘラが群れるような状態で、メーター規定のある大会ではちょっと大変です。
魚は型も良く、良く引くヘルシーなヘラブナが多かったです。


ある程度釣り方は絞れましたので、大会当日を楽しみにしたいと思います。





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2022東レ将鱗ヘラブナフェスタ開催

久しぶりの開催となる、東レ将鱗ヘラブナフェスタが、関東、関西で行われます。

関東


関西



関東は10月29日(土)に武蔵の池(定員118名)、関西は11月19日(土)甲南へらの池(定員100名)で開催です。

従来のような競技会形式ではなく、8キロリミットに近い方が勝ちというシステムです。
応募は、個人、ペア、ファミリーと応募でき、競技は個人で争う形式です。
申し込みはWEB上で行えます。


また、子供釣り教室も先着5名(参加費無料)で開催ということです。
5名というところがポイント。
東レのインストラクターがマンツーマンに近い形でサポートするためです。

こちらの応募はメールで行うそうです。


どちらの会場も、先着順ということですので、お早めに!

DSC_0124
DSC_0125






ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

芦ノ湖深良桟橋のヘラブナ釣り③ 2022-4

7月末の大惨敗のリベンジ釣行で、芦ノ湖うえのさんに行ってきました。
最初に来たときもジャパンカップの翌日だったので、縁起を担いでの釣行てす。

当初は九頭竜に入ろうと思っていましたが、状況が芳しくないということで、深良の桟橋に変更です。

DSC_1811
DSC_1812
DSC_1813


芦ノ湖も水が増え、状況が上向くことを期待しました。
水深は、沖を向くと26~27尺、横を向いて24~25尺ということなので、私は深良水門側を向き、同行者は反対を向きます。

最初は魚を寄せることを重視したブレンドでスタートです。

24尺バランス底
竿:24尺
ウキ:花水樹 グラスムクストレート
15号(トップ 1.0/1.0mm 220mm、11目盛り、ボディ150mm 直径6.0mm、足1mm×60mm) 
上針:アスカ7号 
下針:アスカ7号 
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 道糸 1.5号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 55センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 65センチ








ダンゴの底釣り夏 200cc、バラケマッハ 200ccペレ道 200cc水 250cc(標準173cc) 粒戦 25cc、粘力 4〜6杯 餌量 600cc 水量 250cc
エサ持ち 57 重さ 71 粒子 35

6:40〜11:00
0枚

DSC_1816


最初はテンポよく打ちます。
すると、ウキが動き、ゆっくりでしたが2節動きますが空振り。
そこから触っているように感じるものの、落としません。

途中から、食わせにグルテンを投入。

野釣りグルテンダントツ 1分包わたグル 30cc、水 70cc(標準71cc) 餌量 200cc 水量 80cc
エサ持ち 80 重さ 54 粒子 42


しかし、好転せず、11時に餌切れ。
次いで、上からアピールすることで状況を打開しようと、軽めのブレンドです。

ダンゴの底釣り芯華 100cc、カクシン 100cc浅ダナ一本 100cc、水 100cc(標準93cc) 餌量 600cc 水量 250cc
エサ持ち 70 重さ 36 粒子 46

11:15〜16:15
0枚

グルテン四季 50cc、わたグル 50cc、水 100cc 
厳寒期
(20cc+20cc、水 40cc 柔らかめ 
20cc+20cc、水 30cc 硬め

途中でグルテンをチェンジ。
最後はグルテンとダンゴを混ぜるマーブルにもチャレンジしましたが、触りが3回で終了。

流れが出る時間もあり、ウキがしもったので、ハリスオモリを付けたり、棚を深くしたり、前回の反省を踏まえ色々と思いつくことをしましたが、ヘラブナの反応を得られませんでした。
同行者はギル5枚。

DSC_1814
DSC_1815


もうひとつの桟橋の方のノーフィッシュだったようです。

ボート屋の桟橋では、38センチ位までがコンスタントに釣れているようですが、深良桟橋は厳しいですね。
10月に再チャレンジしたいと思います。





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村




シマノジャパンカップ 清遊湖予選

9月3日に行われるシマノジャパンカップ清遊湖予選に行ってきました。

8月28日のプリプラクティスの感触から、釣り方は9尺のセットでスタートし、時合が落ちたところでチョーチンセットに切り替えようと思います。

抽選の結果、エリアはE。153番で、奥から3人目です。

DSC_1803

DSC_1804

DSC_1805

DSC_1806

9尺メーターセット
竿:9尺
ウキ:
花水樹 浅ダナPCムクトップセットS4.5号(トップ 0.5/1.0mm 70mm、7目盛り、ボディ45mm 直径5.7mm、足1.0mm×55mm)
上針:ダンゴマスター6号 
下針:コム4号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.2号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 8センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.4号 35センチ









粒戦 100cc、美緑 50cc、水 150cc(標準122cc)セットアップ 100cc、ット専用バラケ 100ccGTS 100cc 餌量 450cc、水量 150cc
エサ持ち 37 重さ 67 粒子 58

クワセ さなぎ感嘆さなぎ玉

7:00〜11:00
7枚

7時にスタートし、最初は手返しよく打ち返し魚を寄せます。
水面に魚が見えるようになり、ウキも動き出します。
最初の1枚は開始から30分ほど。
その後もカラツンに悩まされ、1時間で2枚。
餌を作り直します。

粒戦 100cc、粒戦細粒 50cc、水 200cc(標準140cc)、セットアップ 100cc、ット専用バラケ 100cc、バラケマッハ 100cc 餌量 450cc、水量 200cc 
エサ持ち 30 重さ 71 粒子 47


隣の選手はペース良く釣り上げ、終わってみたら35枚で予選通過でした。
このペースにまったくついて行けず、時間2枚ペース。
クワセ餌も色々試しますが、決め手を欠きます。

結果的には抜きセットが良かったようですが、私は持たせる方向で頑張り過ぎたようです。

最初の戦略が通用しない時に、次の一手が見えてこないのが課題ですね。
予め、ある程度の流れを考えておかなければダメですが、試合となるとなかなか頭が回転しません。

7枚5キロ何某で終了。


予選終了後、NHC組で並んで反省会。
反省会では、メーターヒゲが好調。
私も、抜きセットのブレンドで試すと、短時間で数を伸ばせました。

DSC_1807


優勝した内島さんの、
粒戦 200cc、BBフラッシュ 200ccもじり 200cc、水 200cc(標準190cc)
餌量 600cc、水量 200cc 
エサ持ち 36 重さ 55 粒子 70
というブレンドは驚きました。
G杯椎の木湖予選でも好結果を出したブレンドだと言うことです。

想像外のブレンドでしたね。

DSC_1808

DSC_1809










ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

清遊湖プリプラクティス 2022-1

9月3日に行われるシマノジャパンカップ清遊湖予選のプリプラクティスに行ってきました。

清遊湖は、私が人生2回目にへらぶな釣りをした場所。
今から20年以上前のNHCの前身の大会のことでした。

メーター両ダンゴを竿の長さを変えて試すのと、両トロロ、セットを短時間で試そうと思います。

DSC_1799

DSC_1798

DSC_1800

DSC_1801

9尺メーター両ダンゴ
竿:9尺
ウキ:花水樹 浅ダナパイプセットS5.5
号(トップ 0.9/1.4mm 90mm、7目盛り、ボディ55mm 直径5.7mm、足1.0mm×65mm) → 花水樹 浅ダナPCムクトップセットS5.5号(トップ 0.5/1.0mm 90mm、7目盛り、ボディ55mm 直径5.7mm、足1.0mm×65mm)
上針:リフト6号 
下針:リフト6号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.2号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 13センチ→15センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 20センチ→25センチ








メーター両ダンゴ①
凄麩 100cc、カルネバ 100cc、水 65cc(標準60cc)浅ダナ一本 100cc 餌量 300cc、水量 65cc
エサ持ち 66 重さ 25 粒子 36
6:30~7:15 45分 1枚
0枚
7:00ウキ細パイプ5.5→PC5.5
1枚

メーター両ダンゴ②
カクシン 125cc、カルネバ 25cc、浅ダナ一本 25ccバラケマッハ 50cc、水 60cc(標準111cc) 餌量 225cc、水量 60cc
エサ持ち 67 重さ 26 粒子 36
7:20~7:55 35分 2枚
1枚
7:50ハリス13-20→15-25
1枚

メーター両ダンゴ③
ガッテン 50cc、浅ダナ一本 50cc、バラケマッハ 100cc、水 50cc(標準74cc) 餌量 200cc、水量 50cc
エサ持ち 48 重さ 32 粒子 36
8:00~8:25 25分 0枚
0枚
バラケ過ぎ良くない。BBF足すも変わらず。

メーター両ダンゴ④
カクシン 100cc、コウテン 100cc、浅ダナ一本 50cc、水 50cc(標準61cc) 餌量 250cc、水量 50cc
エサ持ち 68 重さ 34 粒子 43
8:30~9:05 35分 0枚
0枚

メーター両ダンゴ⑤
カクシン 100cc、カルネバ 100cc、浅ダナ一本 50cc、水 50cc(標準61cc) 餌量 250cc、水量 50cc
エサ持ち 76 重さ 18 粒子 33
9:15~10:00 45分 3枚
3枚

9尺チョーチンセット
竿:9尺
ウキ:天風チョーチングラス6
号(トップ 0.5/0.5mm 160mm、7目盛り、ボディ60mm 直径5.7mm、足0.8mm×70mm) 
上針:リフト6号 
下針:コム4号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.2号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 8センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.4号 35センチ→40センチ→25センチ









チョーチンセット①
粒戦 100cc、美緑 50cc、セットガン 100cc、水 150cc(標準157cc)セットアップ 200cc、セット専用バラケ 100cc、BBフラッシュ 100cc 餌量 650cc、水量 200cc
エサ持ち 38 重さ 41 粒子 52

10:45~13:00 135分 5枚
5枚




13尺メーター両ダンゴ
竿:13尺
ウキ:花水樹 
浅ダナダンゴストレートパイプ7号(トップ 1.6/1.6mm 95mm、8目盛り、ボディ70mm 直径6.2mm、足1.0mm×80mm) 
上針:リフト6号 
下針:コム4 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.0号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 30センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 40センチ









沖セット①
粒戦 50cc、粒戦細粒 25cc、水 100cc(標準70cc)、セットアップ 50cc、ット専用バラケ 50cc、バラケマッハ 50cc 餌量 225cc、水量 100cc 
エサ持ち 30 重さ 71 粒子 47
13:25~14:10 45分 2枚
2枚

沖セット②
粒戦 25cc、美緑 25cc、セットガン 50cc、水 75cc(標準53cc)セットアップ 50cc、ット専用バラケ 50cc 餌量 200cc、水量 75cc
エサ持ち 37 重さ 70 粒子 48
14:20~15:15 55分 2枚
2枚



なかなか一筋縄では行かない感じです。
両ダンゴは難しい。
メインはセットになりそうです。














ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。