釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

エサ

海老名運動公園下の池 2022-①

この日も午後から海老名運動公園下の池の真ん中の池に出掛けてきました。
入漁料は、圏央道海老名インター入口近くのデイリーヤマザキで購入。(800円)

DSC_1568


現地着は13時を回り、打ち始めたのは14時過ぎでした。

DSC_1567


最初は、
カルネバ 100cc、GD 100cc、バラケマッハ200cc、水 100ccのブレンド。

やや硬めのボソタッチです。
竿は11尺両ダンゴの80センチ程度の棚でスタートします。

触りは見られますが、もう一息。
ひとボウル打ちますがノーフィッシュ。

ここで餌を廃盤となった
Sデザインイエロー 400cc、GD 100cc、水 100cc

に変えます。

先ほどよりも反応はあるもののヒットに至らず、徐々に手水で柔らかくすると、カラツンが出始めます。

Sデザインイエロー 400cc、GD 50cc、水 100cc

に調整し、ようやく型を見ます。

先日の道満ファミリー釣り場同様に、ヤワネバ系のタッチの方が良さそうなので、

Sデザインイエロー 400cc、GD 50cc、水 120cc

これでスレ混じりですが、ペースが上がり、最終的に6枚キャッチ。

DSC_1569


ヤワネバタッチがこのところ良い反応が得られています。
針のサイズももうワンランク、ツーランク小さくても良さそうです。




11尺両ダンゴ
竿:11尺
ウキ:花水樹 
浅ダナパイプセットS5.5号(トップ 0.9/1.4mm 90mm、11目盛り、ボディ55mm 直径5.7mm、足1mm×65mm) 
上針:ダンゴマスター6号 
下針:ダンゴマスター6号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.6号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 30センチ→25センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 440センチ→35センチ












道満ファミリー釣り場 2022-①

GW3連休の最終日、午前中に所用をこなし、午後から道満ファミリー釣り場に行ってきました。
当初は海老名運動公園の下の池にしようかと思ったのですが、気になっていたこちらにしました。

DSC_1563


到着するとなかなかの人出ですが、やや奥寄りに空き場所を見つけ、両隣の先行者にご挨拶して入ります。

DSC_1562

DSC_1561

この日はまだ魚を釣っていない19尺の竿に入魂するのが最初のテーマです。

19尺両ダンゴ
竿:19尺
ウキ:花水樹 
チョウチンストレートパイプ11号(トップ 1.6/1.6mm 160mm、11目盛り、ボディ110mm 直径7.0mm、足1mm×70mm) 
上針:リフト7号 
下針:リフト7号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.0号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 35センチ→30センチ→25センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 45センチ→40センチ→35センチ







ガッテン 300cc、凄麩 100cc、水 100cc(標準94cc)浅ダナ一本 100cc 餌量 500cc、水量 100cc
エサ持ち 67 重さ 31 粒子 46

12:40〜13:40 0枚
棚は1.5mから入り、徐々に棚を上げていきます。(1.5m→1.2m→1.0m→0.8m)
風による右から左の流れが強く、振り込みにも苦労します。
触りがあるも、決めアタリになりません。
手水を打って、軟らかくすると多少反応が上向き、カラツンがでてきます。


ガッテン 100cc、凄麩 200cc、カルネバ 100cc、水 100cc(標準85cc) 餌量 400cc、水量 100cc
エサ持ち 76 重さ 32 粒子 47

12:50〜12:15 1枚
やや粘る餌に変更するとともに、カラツン対策でハリスを5センチ詰めます。
それが功を奏したか、型は小さいですが綺麗なへらをキャッチ。
同時に入魂完了!

DSC_1563


満足し、15尺に変更し、沖の浅ダナの練習をします。
19尺から15尺に変更すると、振り込みが楽です。

15尺両ダンゴ
竿:15尺
ウキ:花水樹 短竿
チョウチンパイプ8号(トップ 1.1/1.6mm 120mm、10目盛り、ボディ80mm 直径7.0mm、足1mm×70mm) 
上針:リフト7号 
下針:リフト7号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.0号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 35センチ→30センチ→25センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 45センチ→40センチ→35センチ








14:35〜15:05 0枚
餌はそのまま同じブレンドに、GDをパラパラ振りかけたものを使用。
しかし、このブレンドは反応が良くない。

15:10〜16:10
次いで、バラケマッハをパラパラ追加したものを使用。
明らかにマッハの方が反応が良く、カラツンが増える。


カルネバ 100cc、凄麩 200ccバラケマッハ 100cc水 100cc(標準85cc) 餌量 400cc、水量 100cc
エサ持ち 67 重さ 35 粒子 43

16:15〜17:00 2枚

ガッテンからマッハに変えたブレンドに変更すると、何とか2枚キャッチ。
ヤワネバタッチが良いようです。
マッハを入れると、明らかにウキの動きが向上しました。
餌が持たないこともあったので、その時は手もみで対応しました。

DSC_1564

DSC_1565

17:05〜18:05 0枚
同じブレンドをもう一回作り、挑みましたがカラツンのみ。
この日はカラツン対策が上手く行きませんでした。
マッハを入れたことで、明らかにヘラがはしゃぎだし、スレも増えていたので、もう少し手水を打っても良かったのかもしれません。


半日という時間でしたが、癒されました。
常連の方によると、今はハタいているので、食いが悪いそうです。
午前中10時位まではまだ良いようですが、午後からは厳しいそうです。
午後からは1枚という方もいたようです。


釣りをされている方は、帰る際に声を掛けてくれるなど、マナーが良い方が多かったように感じます。
また、時間の空いた時に来たいと思います。






ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

へらエサブレンド計算ツール

ヘラブナ釣りでブレンドパターンに悩む方は多いと思います。
私ももちろんその一人。
同じ餌、同じブレンド、同じ水量で作れば同じようになりますが、その後の対応や餌付けの問題もあります。

それを何とかシンプルに考えたいと思って、自分なりに試行錯誤していましたが、マルキユーのへら鮒天国に素晴らしい計算ツールがあるのをツイッターで知りました。

DSC_0824





それがこちら




へら鮒天国のどこかにこのページがあるのですが、私には見つけられませんでした。
アドレスを見ても独立したページの様で、本来であればトップページの直下に置かれているようですあら、トップページにそのページの入口がありそうですが、見当たりません。

これ、すごくもったいないですよ。
こんな良いツールが埋もれては。

使い方は感嘆です。
ブレンドしようとする餌を選び、入れる量を指定します。
続いて入れる場合は、「餌を追加」のボタンを押せば、新しい欄が作成されます。

入れたい餌を全て指定したら、「ブレンド計算をする」のボタンを押せばOK。

すると、
「エサの量」、それに対する「水の量」(硬め、通常、軟らかめの3つ)が表示されます。
さらに「エサ持ち」、「粒子」、「重さ」が5段階と0~100までの数値で表されます。

数値はレーダーチャート形式でも表されるので、一目瞭然です。

レーダーチャートの見方


「エサ持ち」=数字が大きくなると、エサ持ちがよくなります。
「重さ」=数字が大きくなると、重くなります(ウキトップのナジミ幅が大きくなります)。
「粒子」=数字が大きくなると、エサの粒子が大きくなります(セット釣りのブレンドパターンにご活用ください。)
「エサ持ち」は数字が小さいほどバラケやすいと言えますね。


有名なブレンドである、
カクシン 500cc、コウテン 200cc 餌量 700cc の場合、
水量 硬め 174cc 標準 193cc 柔らかめ 231cc
エサ持ち 3.5 重さ 1.5 粒子 2
エサ持ち 75 重さ 37 粒子 47
となります。

コウテンをバラケマッハに変えた場合、
カクシン 500cc、コウテン 200cc 餌量 700cc の場合、
水量 硬め 165cc 標準 183cc 柔らかめ 219cc
エサ持ち 3 重さ 1.5 粒子 1.5
エサ持ち 60 重さ 32 粒子 37
となります。

両者を比較すると、コウテンブレンドの方がエサ持ちが良く、重さは若干重く(比較した場合で、軽めの餌には変わりありません)、粒子はやや大きい(平均的)です。

そして、標準の水分量は10cc違うため、コウテンブレンドの方がしっとりしていると言うことです。
持たせやすいコウテンブレンド、バラケやすいマッハのブレンドということですね。


とってもわかりやすいです。

これ、もっと宣伝しないともったいないです。
いつからあったんでしょうね。

ところが、今はトラブって繋がりません。
トップページからリンクの修整しているのてしょうかね





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村




厚木へら鮒センター 2022-③

本来はピュアアングラーズのアマダイ釣り教室だったのですが、南西の強風に伴い残念ながら中止。
なので、23日に痛めつけられたメンタル回復のため、ホームの厚木へら鮒センターに行ってきました。






この日は朝の内から西寄りの強風が吹く予報でした。
大池の中央桟橋北向きは例会で一杯。南向きか小池のどちらかにしようと思いましたが、桟橋南向き32番をチョイスしました。

1646145802101



釣り方は9尺段底で始め、次いで14尺のメーターセットです。


9尺段底
竿:9尺
ウキ:花水樹 短竿チョーチングラス7
号(トップ 0.5/1.0mm 150mm、11目盛り、ボディ70mm 直径6.2mm、足1mm×70mm)
上針:ダンゴマスター6号 
下針:ギガボトム3号 
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.6号
ハリス上:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.3号 13センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.3号 50センチ


  





粒戦 50cc、粒戦細粒 50ccとろスイミー 50cc、ダンゴの底釣り夏 50cc 水150cc、給水後、段底 100cc 餌量 300cc 水量 150cc

7:25~9:00
0枚

粒戦 50cc、粒戦細粒 50ccとろスイミー 50cc、ダンゴの底釣り夏 50cc 水150cc、給水後、バラケマッハ 150㏄ 餌量 350cc 水量 150cc

9:00〜11:00
2枚

DSC_1448
1646145795890


付けエサ 魚信力玉ハードⅡ

池の状況は春めいてきており、底釣りよりも宙釣りの分が良かったとはいえ、全く歯車がかみ合いませんでした。
敗因の一つは竿の選択ミス。
非常に軟調子の竿だったので、アワセが効きませんでした。
その結果、スレのオンパレード。
意地になってやりましたが、結果は上記の通り大惨敗。
周囲ではメーターセットで良い感じでしたので、浅い棚をやれば良かったですね。










14尺メーターセット
竿:14尺
ウキ:花水樹 短竿チョーチンパイプ6
号(トップ 1.1/1.6mm 100mm、9目盛り、ボディ60mm 直径6.2mm、足1.0mm×70mm)
上針:ダンゴマスター7号 
下針:コム3号 
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.6号
ハリス上:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.5号 8センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.3号 40センチ→35センチ→33センチ→30センチ→27センチ


  




粒戦 100cc、トロスイミー 50cc、セットガン 100cc、水 150cc、セット専用 100cc、セットアップ 100cc、GTS 100cc 餌量 550cc、水量 150cc

付けエサ 感嘆(10cc ライフガード12cc) 

11:15〜12:00(昼食休憩)
1枚

DSC_1450

DSC_1451

餌の配合量を間違えました。
 粒戦 100cc、トロスイミー 50cc、セットガン 100cc
          ↓
正 粒戦 50cc、トロスイミー 25cc、セットガン 50cc

どうも、ボソが強く、まとまらないと思いました。
手水を打って調整しましたが、そりゃ上手く行くはずありませんね。
昼食休憩後も1枚追加したのみ。
しかし、浮子の動きは明らかによくなり、空ツンが多いのでハリスも詰めて対応しますが、バラケすぎではどうにもならず。

12:30~14:15
1枚


粒戦 100cc、粒戦細粒 50cc、水 200cc、セット専用 100cc(山盛り)、セットアップ 100cc(山盛り)バラケマッハ 100cc(山盛り) 餌量 450cc、水量 200cc

14:20〜16:00
6枚

1646145806705


餌を作り直してからは、ペースアップできました。
この餌に変えてから、強風も治まり、水面にもへらの姿が確認できるようになりました。
風が強くなると、魚の位置が下がった気がしたので、浮子1本分程度下げて対応。
2回下げると、良い反応でした。
風が弱くなるのに合わせ、1本分上げて釣りました。

何とか10枚。
午前中の竿の選択ミス、午後の餌作りのミス。
これでは数が伸びませんね。













ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村









可能性を探る 武蔵の池2022-③

2月23日に開催されるNHCウィンターオープンの練習で.2月13日に続き、2月20日に武蔵の池に行ってきました。
前回は段底である程度の手応えを得ることが出来ましたので、今回はそれ以外の可能性のありそうな釣り方を試します。

ウィンターオープンは中央桟橋のNo60~92を使うということで、練習に来ていたNHCの仲間と67番に入りました。

大会前最後の練習ということで、まずは18尺両グルテン底、18尺段底、9尺チョーチンセットを試しました。

DSC_1436

DSC_1435

18尺両グルテン底
竿:18尺
ウキ:花水樹 オールマイティグラス
トップ12号(トップ 0.5/1.0mm 190mm、11目盛り、ボディ120mm 直径6.2mm、足1mm×60mm) 
上針:コム4号 ハリス0.4号 60センチ
下針:コム4号 ハリス0.4号 75センチ
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.4号







水温
0m 7.3度
1m 7.2 度
2m 7.1度
3m 7.1度
4m 7.1度


固い餌
グルテン四季 20cc、わたグル 20cc、水 35cc

軟らかい餌
グルテン四季 20cc、わたグル 20cc、水 45cc

7:35~11:00
2枚(740g、610g)

比較的早い段階で1枚釣れるも、当たりは多くなく、型も段底と差はなかった。
餌は明らかに柔らかい餌の方がよく、固い餌では当たらなかった。
途中、オカユポンプが角木から脱落し、そのまま水中に落下するアクシデントがありました。(次回回収にチャレンジです)
ドボンも途中で試しましたが、こちらはノー感じでした。

DSC_1433

DSC_1434

水温10:30
0 7.4
1 7.1
2 7.1
3 7.1
4 7.1


18尺段底
竿:18尺
ウキ:花水樹 短竿チョウチンセットPCムクトップ11号(トップ190mm(0.6/1.2mm)11目盛り、ボディ110mm 直径6.2mm、足1mm×70mm)
上針:ダンゴマスター6号 ハリス0.5号 13センチ
下針:クワセマスター4号 ハリス0.35号 60センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.6号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.35号

   



粒戦 50cc、とろスイミー 50c、水 150cc、セット専用バラケ 100cc、セットアップ 100cc、段底 100cc、セット専用バラケ 100cc 餌量 400cc、水量 150cc 水分 37.5%

水でふやかした粒戦(50ccに水35cc)を適宜追加

11:15~14:15
2枚(720g、750g)

DSC_1437

DSC_1438

グルテンの餌がなくなり、一瞬2本半の宙釣りを試しますが、ノー感じだったのでそのまま段底に。
沖段底ということで、ダンゴ餌が抜けてからの誘いがやりにくかったが、2枚キャッチ。
餌は重めの方が良さそうで、ハードⅡの2個付け。

隣の方が、8尺チョーチンで午後から良く絞っていたので、試しにチャレンジです。

9尺チョーチンセット
竿:9尺
ウキ:天風 チョーチングラス4号(トップ130mm(0.5/0.5mm)11目盛り、ボディ40mm 直径5.7mm、足1mm×70mm)

上針:ダンゴマスター6号 ハリス0.5号 13センチ
下針:コム1号 ハリス0.3号 35センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.6号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.3号



   


粒戦 50cc、とろスイミー 50c、水 150cc、セット専用バラケ 100cc、セットアップ 100cc、段底 100cc、セット専用バラケ 100cc 餌量 400cc、水量 150cc 水分 37.5%

セット専用バラケバラケマッハを追い足しし、バラケるように調整
14:30~15:30
0枚

隣の方は、水面に付いた直後からすぐにバラケるような餌で、棚に入ってから誘いを入れ、結構待っていたイメージ。ハリスは35センチで、30センチだと当たらないと言っていた。
私も多少は当たるも、全てカラ。ハリスの段差が短かったことと、餌の配合が良くなかった。

全般的には段底が優位な状況に変化はなかった。
沖、手前とものそん色はないため、操作性を重視する方が良さそう。
浅い棚では、数は少ないものの、良いサイズが釣れていた。(大会の人が多い状況では厳しいか?)
釣れてくる魚は、ほぼ新べらで、旧ベラの活性は著しく低い様子。

3回に渡って武蔵の池に通いましたが、なんとなく傾向が掴めてきました。
大会では、段底(12~16尺)メインで、抑えに7尺、9尺のチョーチンとします。
特に段底は途中で間が空くタイミングがあるので、スタートから2時間程度は段底で狙い、その後タイミング見計らいチョーチンに切り替えるようにしたいと思います。








ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

















スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。