釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

エサ

隼人大池②

4日に続き、NHC関東シリーズ2021の練習で隼人大池に行ってきました。






大会は新池のNo268~328を使うということで、中央の桟橋で行われます。

map
Photo by 隼人大池

IMG_20210718_071614




前回の釣行時、底釣りの方のサイズが良かったようでしたので、大会規定目いっぱいの16尺の底釣りからスタートです。
場所は前回と逆側に陣取りました。




底釣り両ダンゴ
竿:16尺
ウキ:花水樹 オールマイティパイプ14号(トップ 0.9/1.4mm 180mm、11目盛り、ボディ140mm 直径62mm、足1mm×60mm)

上針:アスカ5号 ハリス0.5号 42センチ
下針:アスカ5号 ハリス0.5号 50センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 1号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.5号



  




芯華 75cc、ペレ底 25cc、水 50cc、 餌量 100cc、水量 50cc


7:00~8:10 0枚

芯華 75cc、ペレ底 25cc、水 50cc、 餌量 100cc、水量 50cc

8:10〜9:10 1枚

アタリは活発てすが、なかなか乗りません。

何か気に入らない様子です。



ダンゴの底釣り夏 50ccダンゴの底釣り冬 50ccバラケマッハ 50cc、水 75cc、餌量 150cc、水量 75cc


9:30~10:45 2枚


餌を変えて見ると、こちらの方が反応良い感じですが、長続きしません。



ダンゴの底釣り夏 50ccダンゴの底釣り冬 50ccスーパーD 50cc、水 75cc、餌量 150cc、水量 75cc

11:20〜12:30 4枚

この餌に変えると、非常にいい感じでした。

ペレ宙
竿:16尺
ウキ:花水樹 チョーチンストレートパイプ10号(トップ 1.6/1.6mm 150mm、11目盛り、ボディ100mm 直径70mm、足1mm×80mm)
上針:アスカ7号 ハリス0.5号 40センチ
下針:アスカ7号 ハリス0.5号 50センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 1号ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.5号



  




ペレ軽 200cc浅ダナ一本 100ccBBフラッシュ 100ccもじり 50cc水 100cc、 餌量 450cc、水量 100cc


12:40~13:15 0枚

ペレ軽 200cc浅ダナ一本 100ccBBフラッシュ 100ccもじり 50cc水 110cc、粒戦細粒パラパラ 餌量 450cc、水量 100cc

13:20〜13:50 0枚

ペレ軽 200cc浅ダナ一本 100ccBBフラッシュ 100cc水 100cc、 粒戦細粒 25ccGD パラパラ 餌量 425cc、水量 100cc


14:00~14:55 0枚


周囲がペレ宙好調というので、試すも私には無理という感じです。



カクシン
 250ccコウテン 100cc水 100cc、GD パラパラ 餌量 350cc、水量 100cc

15:00〜15:25 0枚

最後は前回良かった餌を試すも、手が合わずに撃沈。

















ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村






隼人大池①

7月23日に開催される、NHC関東シリーズ2021の練習で隼人大池に行ってきました。






隼人大池は、今から遡ること15年。
当時テレビ東京系列の6局ネットで放送された「Fishing-1 2006 全国高校生釣りバトル」のロケで訪れて以来です。
大会は新池のNo268~328を使うということで、中央の桟橋で行われます。

map
Photo by 隼人大池

DSC_1082

DSC_1081

7月は6時~15時30分の営業ということで、現地には5時半着目指して行きました。

受付は6時から始まり、その後入場です。
料金は男性大人 2,100円です。
駐車場が少し離れていますので、道具を持って受付に行った方が良いようです。


チョーチンがよくなってきたようなので、チョーチンのヒゲトロ、両ダンゴを試します。
スタートから13尺、10尺のチョーチンヒゲトロセット、その後両ダンゴで最後まで。
座席は307番(北側向き)です。

雨で人が少なかったこともあり、湧き湧き状態で両ダンゴによく食っていました。
隣の方は、りゃんこを4回はやっていましたね。


チョーチンヒゲトロセット
竿:10尺、13尺
ウキ:花水樹 短竿チョーチンパイプトップ8~10号(トップ 1.1/1.6mm 10目盛り、ボディ 直径62mm、足1mm×70mm)

上針:ダンゴマスター7号 ハリス0.5号 8センチ
下針:アスカ4号 ハリス0.5号 15センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 1.2号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.5号



   




パウダーベイトスーパーセット 200cc、パウダーベイト 100cc、セット専用バラケ 100cc粒戦細粒 50cc、水 100cc、GTS 100cc 餌量 550cc、水量 100cc

7:05~7:50 2枚

まとまったボソタッチの餌で付けやすい。アタリはあるものの、決めアタリに欠けたり、合わせ切れが多く、ハリス切れを機に13→10尺にチェンジ。(隣の方は9尺チョーチン両ダンゴで好調に釣っていました)
竿の長さ変更に伴い、浮きのサイズもワンランクダウン(10→9)

8:15〜8:55 0枚

依然としてハリス切れ多く、結局10尺では追加できず。



カクシン 250cc凄麩 75cc粒戦細粒 25cc、水 100cc、餌量 300cc、水量 100cc
しっとりしつつも凄麩の粗目の麩と細粒効果でバラケも良い感じの餌に。

9:05~10:20 1枚

次いで新餌のカクシンのブレンドを試し、1枚追加するもペースは上がりません。
完全にダンゴの時合なんでしょう。それと、ヒゲトロの質が良くなかったようにも思います。

我慢ならず、ハリス切れのタイミングで両ダンゴにシフト(ハリス0.5号 上30センチ、下40センチ 針 がまかつリフト7号) 


10:25〜10:35 0枚

餌が少なかったこともあり、このブレンドでは釣れず、次のブレンドに。


チョーチン両ダンゴ
竿:10尺
ウキ:花水樹 短竿チョーチンパイプトップ9号(トップ 1.1/1.6mm 10目盛り、ボディ 直径62mm、足1mm×70mm)→チョーチングラスセミロング9号(トップ 0.6/1.0mm 11目盛り、ボディ 直径70mm、足1mm×90mm)上針:リフト7号 ハリス0.5号 30センチ下針:リフト7号 ハリス0.5号 40センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 1.2号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.5号



  

カクシン 250ccコウテン 100cc水 100cc、GD パラパラ、 餌量 350cc、水量 100cc

しっとりしたタッチの軟らかい餌。

魚の湧きが凄かったこともあり、多少抑える目的でGDをパラパラと振りかける。
受けつつ馴染んで食うという流れが出来、良い感じでした。

10:45~11:35 5枚

DSC_1083



カクシン 250ccペレ軽 100cc GD 25水 100cc、餌量 375cc、水量 100cc
しっとりしつつもややボソっとした感じに仕上がる。
ペレットが強いと評判の隼人大池ですが、天候の為かその感じは全く受けず。
GDが要らなかったかも。

11:45~12:05 0枚


浮きをチェンジ(短竿チョーチンパイプ9→チョウチングラスセミロング9)



12:05〜12:40 2枚

手水でしっとりにするとアタリがもらえる。

_20210705_172332



カクシン 250ccコウテン 100ccGD 25cc、水 100cc、餌量 350cc、水量 100cc
先ほどアタリを一番もらえたブレンドにチェンジも、GDの量が多かったようで、ボソッ気の強い餌になり、不発。

12:45~13:45 1枚



ガッテン 200ccコウテン 200cc水 100cc、餌量 400cc、水量 100cc
しっとりしたタッチの餌で、上からバラケることもあり、湧きの強い今日の状況にマッチしない。

13:50〜14:40 1枚



カクシン 200ccコウテン 75ccGD パラパラ、水 75cc、餌量 275cc、水量 75cc
一番アタリのもらえたブレンドを完全コピーすると、馴染みながらドンというようなアタリが増え、数が伸びた。


14:45〜15:15 7枚


_20210705_172351
DSC_1086





この日は雨パワーで、非常に活性が高く、ヒゲトロセットがあまり機能しませんでした。
早めに見切って両ダンゴにしましたが、餌作りに苦戦しました。
色々試したので、餌のタッチが重要なのが分かったのが収穫です。

後は前日の練習で確認して本番に挑みます。








ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村






筑波湖①

NHC関東シリーズ第2戦筑波湖が、5月31日から6月20日に延期されました。

緊急事態宣言や特措法に基づくまん延防止等重点措置等が出されている地域がありますが、屋外での大会ということで、防止に力を入れつつ開催するそうです。

→残念ながら中止となりました。延期の可能性も少しはあります。そんなこんなで、記事を更新する意欲が削がれていました。





ということで、練習に行ってきました。

DSC_1046

DSC_1047


筑波湖はもちろん初めて訪れましたが、広くて筑波山も見え、環境の良い場所です。
今回の競技エリアは、5号、6号桟橋の奥側です。
ということで、5号桟橋の中央付近に陣取りました。

DSC_1050
DSC_1049

正面に筑波山が見え、とっても環境のよい釣り場でした。


最近は短竿、長竿ともに好調だとか。
ということで、8尺のメーター、チョーチン、18尺の1.5メーターペレ宙を試してきました。

それと、アクションカメラを導入したので、今回テストしてきました。
後にYouTubeでアップしようと思います。


メーターセット、両ダンゴ
竿:8尺
道糸:東レ 将鱗®へら TYPE-Ⅱ道糸 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 40センチ→35センチ、下 0.5号 50センチ→45センチ(両ダンゴ)  東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 8センチ、下 0.5号 35センチ(セット)
浮き:花水樹 浅ダナダンゴストレートパイプ7号(メーターセット)
針:上 がまかつ アスカ6号 下 アスカ6号(メーター両ダンゴ)、上 ダンゴマスター 8号 下 コム 3、4号(セット)


 



①メーターセット
バラケマッハ 300cc、BBフラッシュ 100cc、水 100cc、バラケマッハ 100cc 餌量 500cc、水量 100cc

7:00~8:30  1枚
バラケよく、あまり馴染まない。手水を打ち、
BBフラッシュを追加して多少馴染むようになるが、余りアタリを貰えない。GD足してから、決めアタリが出なくなった。

メーター両ダンゴからスタートしようと思ったのですが、何故か餌を上記の餌で作ってしまったので、セットからスタート。
食わせはさなぎ感嘆のライフガード割り(10cc+10cc)とハードⅡ。
指で混ぜ合わせます。
餌の感じは上記のような感じで、まとまりが想像以上に悪く、BBフラッシュやGDを追い足ししました。(何故かGD足したら、アタリが出なくなりました)
そのままで撃つと、着水直後からヘラが湧いてきます。
恐らく、餌が棚に入っていないのだと思います。

ある程度ウキを馴染ませて、そこから抜きながら寄せる感じが良かったようです。
GDを足したことでバラケ方が気に入らなかったのでしょう。


釣れてくるサイズは大きいですね。
アベレージは700g。




②メーター両ダンゴ
コウテン 400cc、カルネバ 300cc、水 230cc 餌量 700cc、水量 230cc

8:55~9:55  3枚


次いで、予定通り両ダンゴに。
上記のブレンドはしっとりした軟らかいタッチでありあがら、まとまりもよい使いやすいブレンドで、好きな組み合わせです。
新しく出たカクシンもカルネバに近いようですから、こんな感じのブレンドはいいのかも知れませんね。

ハリスの長さが長かったようで、5センチ詰めたことでカラツンが減り3枚キャッチ。



1623047196258


チョーチン両ダンゴ
竿:8尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1.0号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 8センチ、下 0.5号 35センチ(セット)  東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 8センチ、下 0.5号 15センチ(ヒゲトロ)
浮き:花水樹 短竿チョーチンパイプ5号
針:上 がまかつ アスカ7号 下 アスカ4号(セット)、上 アスカ 6号 下 アスカ 4号(ヒゲトロ)、


 
③チョーチン両ダンゴ
バラケマッハ 200cc、GD 100cc、カルネバ 100cc、水 100cc 餌量 400cc、水量 100cc

10:00 〜10:35 0枚

餌がなくなったところでチョーチン両ダンゴに。
このブレンドの評判は良いのですが、今回は不発。
何でだろう?
まとまりは良く、バラケ具合も悪くないと思うのですが、やや餌が重いのでしょうか?


④チョーチン両ダンゴ
バラケマッハ 200cc、GD 100cc、カルネバ 100cc、水 100cc 餌量 400cc、水量 100cc

10:40〜11:30 2枚


再チャレンジです。
しっかりと馴染ませることを意識して、餌付けの調整を考えます。
すると、反応が出るようになりました。

最後に良い型が掛かり、仕掛け切れで強制終了。
仕掛けの見直しが必要ですね。
これ以外にも、ハリス切れが多かった。



④-2チョーチン両ダンゴ
餌の残りで18尺の1.5mを試す。

11:40〜11:50 0枚


当初は16尺を継ごうと思いましたが、餌撃ちの練習のためにも18尺にしました。



1.5メーターペレ宙
竿:18尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1.0号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 40センチ→35センチ、下 0.5号 50センチ→45センチ
浮き:花水樹 短竿チョーチンパイプ10号
針:上 がまかつ リフト7号 下 リフト7号






⑥ペレ宙
ペレ軽 200cc、カルネバ 100cc、もじり 100cc、水 100cc 餌量 400cc、水量 100cc
五指を熊手状に開いて30~50回かき混ぜる。ダマは丁寧につぶす。

11:50~12:30 0枚
12:40〜13:20 0枚
13:25〜14:25 2枚

ここからペレ宙です。
とにかく餌撃が思い通りにいきません。
動画を見たら、その要因がこれではないかというのが分かりましたので、次回は仕掛けを調整します。
ペレ宙では、ハリスが40~50センチ取りますので、道糸が通常の長さだと竿の軟らかさも相まってボウル等に当たるため横振りになっています。
そのため、自分の正面に撃つところが左右にブレます。
おまけに竿先の弾力を使えないので、前後のコントロールが付きにくいです。
なので、道糸を短くし、横振りではなく縦振り出来るようにすれば多少マシになるはずです。
短い竿は、竿先があまり曲がらないし、近くですので問題ないのですが、竿が長いと大問題です。

それでも少しづつ餌撃ちが出来るようになり、それに伴いアタリも出だします。
ここで第2の問題。
餌付けです。
遠くに撃つため、餌の重さを付けようと大きめに付けていましたが、これがカラツンの原因だと思います。
食い込まそうと手水を打てば、投入の途中で落ちる。
これは、前述の理由もあり、勢いを付けるためだと思います。



この動画と自分の動画を見比べて気づきました。
練習あるのみ。


ということで、アタリがあるのに掛けられないことが続き、ムキになってペレ宙をやります。
何とか2枚キャッチ。

1623047208966



吉田康雄ペレ宙2018
ペレ軽 200cc、カルネバ 100cc、もじり 100cc、ペレ道 100cc、水 125cc 餌量 500cc、水量 125cc
上記よりも重めの餌。

14:30〜15:30 1枚

最後はブレンドを変えて、重い餌を試します。
これがなかなかアタリを貰えませんでした。

終了間際にようやくアタリが出だし、餌がなくなる最後の1投で1枚キャッチ。
本当の上りべらとなりました。


1623047204591
最後の1投で釣れた、正真正銘の上りべら。


餌はしっとりした軟ネバタッチが良いように感じました。
浅ダナ、チョーチン、両ダンゴ、セット、ペレ宙ともそれなりに手応えはありました。
NHCは5枚の重量勝負ですので、どの釣り方でも可能性はありそうです。
トロロを試せなかったのは残念ですが、概ねの傾向は分かりました。

仕掛けは1ランク、2ランクと強くしないと駄目だと感じましたので、試合までに作ります。




ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

厚木へら鮒センター⑧厚木HC大会参戦

厚木へら鮒センターの大会に参戦です。
前回の大会にも参加しようと思っていたのですが、余りの天気予報の悪さにビビって取りやめたので、今回が初です。

DSC_1009

DSC_1021


大会の会場は小池です。

DSC_1011

DSC_1010

DSC_1012

6時前に到着し、受付を行います。(今回は外で受付が行われました)
事前予約は必要なく、当日でOKです。
その際に席順の抽選もあります。
席抽選は受付終了後、ミーティングの最後に受付順で行われました。

参加費は3,500円で、釣券、昼食(11時位から 事前にホワイトボードに記載する)、参加費込みと非常にリーズナブルな価格設定です。
釣り方は池の規定に合わせたもので、総重量制です。
1フラシは7キロ規定(約20枚強 7キロ超えるとペナルティ→オーバー分は検量対象外)だそうです。

参加29名。






厚木へら鮒センター主催の釣り大会 
○厚木HC当池大会

年間5回開催致します。
2021年 年間大会予定表
①3月21日(日)当池大会 小池貸切
②5月16日(日)当池大会 小池貸切
③10月17日(日)当池大会 大池桟橋両面
④12月26日(日)当池大会 大池桟橋両面
⑤2022年1月3日(日)お年玉大会 大池貸し切り 以上

参加資格:オープン
参加費:\3,500.-(昼食、景品込み)
釣座:月により大池、小池どちらか異なります
のんびりした大会なので皆さんご参加下さい。

7:15開始
昼に検量(フラシが足りなくなることがあるため、場合によっては途中計量あり)

15:00終了
15時30分から表彰式


抽選の結果、席は5番。
池の北側です。
DSC_1013

DSC_1014

DSC_1015

DSC_1016

DSC_1017

DSC_1019

竿は回転重視で8尺を選択。
棚は自由なので、カッツケ両ダンゴでスタートし、後にヒゲトロセットでスタートしました。

DSC_1018


カッツケ両ダンゴ~ヒゲトロセット
竿:8尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1.0号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロフロロハリス 上 0.6号 8センチ、下 0.6号 15センチ 後 東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 8センチ、下 0.5号 15センチ(ヒゲトロ)、東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 20センチ、下 0.5号 30センチ(70センチ両ダンゴ)
浮き:花水樹 浅ダナパイプセットS 4.5号→浅ダナダンゴストレートパイプ4号→同5号、同7号(70センチ両ダンゴ)
針:上 がまかつ アスカ 6号 下 アスカ 4号(ヒゲトロ)、6号(両ダンゴ)、リフト6号(両ダンゴ)






今回は、ハリスをフロロの0.6号にしてみました。
直線性に優れることと、比重が高く沈みやすいことからのチョイスです。
カッツケは、着水から食わせるまでの時間が短く、浮きから針までを常に張らせておきたいと思い、そのためにフロロハリスを選択です。
短いハリスでショック吸収に不安があるため、0.5号ではなく0.6号と一段階太くしました。

撃ち方も、振り切りでカーブフォールで餌を追わせ、常に浮きから針が一直線になることを意識しました。



餌は先週手応えのあった、しっとり系の餌でスタートです。
カッツケヒゲトロセット
コウテン 100cc、ペレ軽 100cc、カルネバ 100cc、水 115cc、浅ダナ一本 50cc 餌量 350cc、水量 115cc
7:15~8:05  2枚

最初は両ダンゴで撃ち始め、反応が出たところでヒゲトロセットに切り替えます。
しかし、アタリは出るもののカラツンの嵐。
しかも、食いアタリの数も少ない感じです。
50分撃ち切り、たったの2枚。
フロロハリスが良くないと感じ、次からナイロンハリスにチェンジです。

カッツケヒゲトロセット

コウテン 100cc、ペレ軽 100cc、カルネバ 100cc、水 115cc、浅ダナ一本 50cc 餌量 350cc、水量 115cc
8:15〜9:20 4枚 

ナイロンハリスにしたことで、多少回復するも数は伸びません。
何が悪いのか、分からなくなってきました。
餌のタッチはしっとりした感じで悪くないのですが、ヒゲトロの反応が悪く感じます。

カッツケ両ダンゴ
コウテン 100cc、ペレ軽 100cc、カルネバ 100cc、Gd 25水 125cc、浅ダナ一本 50cc 餌量 350cc、水量 115cc
9:25〜10:20 5枚

何かを変えなければということで、やや深め(70センチ程度)で両ダンゴ(ハリス 上20センチ、下30センチ)を試します。
しかし、型は良いもののペースは上がらず、カラツンも多いです。
餌のサイズを小さめにしたり、柔らかくしたり、ハリスを少し詰めたり(上15センチ、下25センチ→上10センチ、下15センチ)しますが、多少上向くも大きく改善せず。
この頃より雨が降り出します。


カッツケ両ダンゴ
コウテン 100cc、ペレ軽 100cc、カルネバ 100cc、Gd 25水 125cc、浅ダナ一本 50cc 餌量 350cc、水量 115cc
10:25〜11:10 1枚

ハリスを短くしても反応が変わらないこと、周囲はカッツケで良いペースで釣っていることから
両ダンゴのカッツケにチェンジ。
しかし、45分で1枚と完全にペースダウンです。
餌のサイズが大きかったかもしれません。また、アタリの見極めが出来ていなかったのかもしれません。


カッツケ両ダンゴ
コウテン 400ccカルネバ 300cc水 230cc 餌量 700cc、水量 230cc
11:15~13:00  3枚

餌を切り替え両ダンゴにチャレンジ。針もアスカ6号(重さ28mg)からリフト6号(重さ26.6mg)にチェンジ。若干軽くします。
開始5分ほどで昼食のお呼びがかかり中断。



お昼はカレーライス。
DSC_1020



20分後に再開し、後半に両ダンゴからヒゲトロセットに切り替えると、反応が良くなる手応えが。

ヒゲトロセット
凄麩 200cc、ガッテン 100cc、GD 100cc、水 125cc 
 餌量 400cc、水量 125cc

13:05~14:30  10枚


水面上のヘラも騒がしくなったので、GDのブレンドにチェンジ。
するとこの日の中ではようやく時すでに遅しの感ありありですが、反応が良くなりました。

ラスト30分同じブレンドで狙うも、メンタルが終わっており1枚追加のみ


ヒゲトロセット
凄麩 100cc、ガッテン 50cc、GD 50cc、水 70cc 
 餌量 200cc、水量 70cc

14:30〜15:00 1枚


合計26枚


5.4キロ+2.4キロ=7.6キロ(フラシ込み)


大会上位
1位 27.2キロ 117枚
2位 25.5キロ 106枚
3位 24.8キロ 92枚
4位 24.4キロ
5位 23.2キロ



私は24位でした。

DSC_1022
参加賞です。

やはり、大会のワクワク感は独特で、楽しいものです。
大会の大小問わず、競技に出ると周囲との差が如実に表れます。
今回は、フロロハリスの選択が間違っていたこと、餌付けが大きすぎたこと(特にカッツケ両ダンゴ)、ヒゲトロに拘り過ぎたことが良くなかったと思います。

優勝した方は、7尺トロダンゴ、2位の方は7尺両ダンゴ、GTS 120cc、ガッテン 120cc、BBフラッシュ 120c、水100cc、3位の方は9尺両ダンゴ、ガッテン 450cc、水100ccという餌でした。














ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

厚木へら鮒センター⑦

翌週に厚木へら鮒センターの大会があるので、その練習をしてきました。
大会の会場は小池ということで、小池南側に入ります。


DSC_0966

DSC_0967






大会は総重量制なので、型が狙いにくい小池では数狙いがセオリーだと思い、反応の良い釣り方を探します。

基本的に8尺をメインに考えます。
棚は自由なので、カッツケからメーターで釣りたいところです。


メーター両ダンゴ
竿:8尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1.0号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.4号 35センチ、下 0.4号 45センチ 後 25センチ、35センチに変更
浮き:花水樹 浅ダナダンゴパイプトップ 7号
針:上 がまかつ ダンゴマスター 5号


 

GD集魚性大
バラケマッハ 100cc、GD 100cc、カルネバ 100cc、凄麩 100cc、水 100cc 餌量 400cc、水量 100cc
始め深めの1.5~2mラインを狙い、型は良いものの数が伸びません。
1ボウル撃ち切り、4枚で終了。

7:05~8:15  4枚


パワーブック2020夏秋ペレットダンゴ
ペレ軽 200cc、浅ダナ一本 100cc、BBフラッシュ 100cc、水 100cc、 粒戦細粒 25cc 餌量 425cc、水量 100cc
1mライン狙いに切り替えます。
餌のタッチはしっとりした柔らかい手触りで、良い感じです。
反応、サイズともに良く、ある程度の手応えを感じます。

8:25~9:20  7枚



萩野孝之さんマッハ2

バラケマッハ 100cc、凄麩 100cc、カルネバ 100cc、水 100cc 餌量 300cc、水量 100cc

餌はいずれも山盛り
餌のタッチは軽い感じで、マッハらしい手触りです。
しかし、この日には固い感じで、反応はイマイチ。

9:30〜10:15  1


途中からカッツケに変更しますが、餌が軽いためアタリのみ。

カッツケ
10:35〜10:45 0枚





カッツケ両ダンゴ
竿:8尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1.0号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 8センチ、下 0.5号 15センチ
浮き:花水樹 浅ダナダンゴパイプトップ 4号 後 5号に変更
針:上 がまかつ ダンゴマスター 8号、下 がまかつ アスカ 5号


 



岡田清さんカッツケ両ダンゴ
コウテン 100cc、ペレ軽 100cc、カルネバ 100cc、水 115cc、浅ダナ一本 50cc 餌量 350cc、水量 115cc
表層狙い
しっとりたタッチでこの日の合っている感じです。
比較的アタリをもらえました。

11:00~11:40  6枚



岡田清さんカッツケ両グルテン
Bグルテン 50cc、水 70cc、浅ダナ一本 40cc 餌量 90cc、水量 70cc
グルテンに水を吸水させ(4~5分放置)、浅ダナ一本を満遍なく混ざるように丁寧にかき混ぜる
表層狙い
ボソっ気の強いタッチなので、手水でしっとりするように調整するとアタリが出る。
ヘラの寄りは④と比較して圧倒的に少ないが、食いアタリは明確で、消し込むことが多い。
いかんせんアタリの数が少ない。効率は悪くないが、数が伸びないイメージ。

11:50~12:30  5枚




ヒゲトロカッツケ
竿:8尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1.0号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 8センチ、下 0.5号 15センチ
浮き:花水樹 浅ダナダンゴパイプトップ 5号
針:上 がまかつ ダンゴマスター 8号、下 がまかつ アスカ 5号


 



岡田清さんヒゲトロセット
凄麩 200cc、ガッテン 100cc、GD 100cc、水 125cc 
 餌量 400cc、水量 125cc

表層狙い
表層のヘラは活性も高く、馴染んでからのアタリを取ることで比較的効率よくヒットした。
餌のタッチはしっとりした手触りで、まとまりも良くいい感じ。
アタリも多く、ヒット率も悪くない。
馴染んで最初のアタリを取らないと、その後はカラツン率高く、当たらないことが大半。

12:35~14:10  15枚


岡田清さんヒゲトロセット
凄麩 50cc、ガッテン 25cc、GD 25cc、水 30cc  餌量 100cc、水量 30cc
同じパターンで延長。
やや餌が固く、アタリが減り、カラツンが増える。
ちょっとした違いで、結果が大きく変わった。

14:10〜14:30  2枚



今日色々と試した感じでは、1m~2mラインはサイズが良い。
数は2m<1mライン、サイズは2m>1mという感じです。
餌のタッチは明らかにボソっ気の強いものより、しっとりしたタッチの方が好反応でした。

色々やりながらでも40枚釣れる厚木って凄いですね。


今日の感じですと、私にはヒゲトロカッツケが数、型ともに安定して良さそうです。
来週が楽しみです!





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。