釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

エサ

厚木へら鮒センター⑦

翌週に厚木へら鮒センターの大会があるので、その練習をしてきました。
大会の会場は小池ということで、小池南側に入ります。


DSC_0966

DSC_0967






大会は総重量制なので、型が狙いにくい小池では数狙いがセオリーだと思い、反応の良い釣り方を探します。

基本的に8尺をメインに考えます。
棚は自由なので、カッツケからメーターで釣りたいところです。


メーター両ダンゴ
竿:8尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1.0号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.4号 35センチ、下 0.4号 45センチ 後 25センチ、35センチに変更
浮き:花水樹 浅ダナダンゴパイプトップ 7号
針:上 がまかつ ダンゴマスター 5号


 

GD集魚性大
バラケマッハ 100cc、GD 100cc、カルネバ 100cc、凄麩 100cc、水 100cc 餌量 400cc、水量 100cc
始め深めの1.5~2mラインを狙い、型は良いものの数が伸びません。
1ボウル撃ち切り、4枚で終了。

7:05~8:15  4枚


パワーブック2020夏秋ペレットダンゴ
ペレ軽 200cc、浅ダナ一本 100cc、BBフラッシュ 100cc、水 100cc、 粒戦細粒 25cc 餌量 425cc、水量 100cc
1mライン狙いに切り替えます。
餌のタッチはしっとりした柔らかい手触りで、良い感じです。
反応、サイズともに良く、ある程度の手応えを感じます。

8:25~9:20  7枚



萩野孝之さんマッハ2

バラケマッハ 100cc、凄麩 100cc、カルネバ 100cc、水 100cc 餌量 300cc、水量 100cc

餌はいずれも山盛り
餌のタッチは軽い感じで、マッハらしい手触りです。
しかし、この日には固い感じで、反応はイマイチ。

9:30〜10:15  1


途中からカッツケに変更しますが、餌が軽いためアタリのみ。

カッツケ
10:35〜10:45 0枚





カッツケ両ダンゴ
竿:8尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1.0号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 8センチ、下 0.5号 15センチ
浮き:花水樹 浅ダナダンゴパイプトップ 4号 後 5号に変更
針:上 がまかつ ダンゴマスター 8号、下 がまかつ アスカ 5号


 



岡田清さんカッツケ両ダンゴ
コウテン 100cc、ペレ軽 100cc、カルネバ 100cc、水 115cc、浅ダナ一本 50cc 餌量 350cc、水量 115cc
表層狙い
しっとりたタッチでこの日の合っている感じです。
比較的アタリをもらえました。

11:00~11:40  6枚



岡田清さんカッツケ両グルテン
Bグルテン 50cc、水 70cc、浅ダナ一本 40cc 餌量 90cc、水量 70cc
グルテンに水を吸水させ(4~5分放置)、浅ダナ一本を満遍なく混ざるように丁寧にかき混ぜる
表層狙い
ボソっ気の強いタッチなので、手水でしっとりするように調整するとアタリが出る。
ヘラの寄りは④と比較して圧倒的に少ないが、食いアタリは明確で、消し込むことが多い。
いかんせんアタリの数が少ない。効率は悪くないが、数が伸びないイメージ。

11:50~12:30  5枚




ヒゲトロカッツケ
竿:8尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1.0号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 8センチ、下 0.5号 15センチ
浮き:花水樹 浅ダナダンゴパイプトップ 5号
針:上 がまかつ ダンゴマスター 8号、下 がまかつ アスカ 5号


 



岡田清さんヒゲトロセット
凄麩 200cc、ガッテン 100cc、GD 100cc、水 125cc 
 餌量 400cc、水量 125cc

表層狙い
表層のヘラは活性も高く、馴染んでからのアタリを取ることで比較的効率よくヒットした。
餌のタッチはしっとりした手触りで、まとまりも良くいい感じ。
アタリも多く、ヒット率も悪くない。
馴染んで最初のアタリを取らないと、その後はカラツン率高く、当たらないことが大半。

12:35~14:10  15枚


岡田清さんヒゲトロセット
凄麩 50cc、ガッテン 25cc、GD 25cc、水 30cc  餌量 100cc、水量 30cc
同じパターンで延長。
やや餌が固く、アタリが減り、カラツンが増える。
ちょっとした違いで、結果が大きく変わった。

14:10〜14:30  2枚



今日色々と試した感じでは、1m~2mラインはサイズが良い。
数は2m<1mライン、サイズは2m>1mという感じです。
餌のタッチは明らかにボソっ気の強いものより、しっとりしたタッチの方が好反応でした。

色々やりながらでも40枚釣れる厚木って凄いですね。


今日の感じですと、私にはヒゲトロカッツケが数、型ともに安定して良さそうです。
来週が楽しみです!





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

厚木へら鮒センター⑥

25日に続き、厚木へら鮒センターです。


DSC_0940


今回は底釣りとヒゲトロセットがテーマです。

IMG_20210502_071247

DSC_0939

jpg

まずは底釣りから。





両ダンバランスの底釣り
竿:8尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 0.6号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.4号 33センチ、下 0.4号 40センチ
浮き:花水樹 短竿チョウチンパイプトップ 8号
針:上下 がまかつ アスカ 5号


 



ダンゴの底釣り芯華 200cc水 100cc 餌量 200cc、水量 100cc

7:10~10:40  6枚

jpg


底の状態悪く、根掛かり多発で釣りになりません。
9時まで0で、8尺から10尺に変えてようやく釣りになりました。

ダンゴの底釣り芯華は、まとまりも良く、それでいて開きも悪くありません。
寄せたいときはマッハを入れるといいみたいですね。



餌がなくなったので、ヒゲトロカッツケの練習です。


ヒゲトロカッツケ
竿:8尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1.0号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 5センチ、下 0.5号 15センチ
浮き:花水樹 浅ダナダンゴパイプトップ 4号
針:上 がまかつ ダンゴマスター 7号、下 がまかつ アスカ 5号


 


凄麩 200cc、GTS 200cc、ダンゴの底釣り夏 25cc、水 125cc 
浅ダナ一本 100cc 餌量 525cc、水量 125cc

11:10〜12:20 5枚

12:50〜13:20 4枚

13:25〜15:40 21枚

しっとりした感じのタッチで、餌も付けやすいです。
ダンゴの底釣り夏を入れているので、適度に重さもあります。

馴染ませて、しっかりしたアタリを取るようにしました。

jpg
DSC_0938
何とか36枚まで持ち直しました。




今日の昼食
ハンバーグ定食
DSC_0932
厚木のご飯は美味しいですね!



厚木へら鮒センター⑤

先日のNHC大会で18尺を思うようにコントロールできなかったので、その練習を兼ねて厚木へら鮒センターに行ってきました。

jpg

DSC_0927




ペレ宙
竿:15尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 30センチ、下 0.5号 40センチ
浮き:花水樹 短竿チョウチンパイプトップ 8号
針:上下 がまかつ リフト 6号


 


ペレ道 50cc、ペレ軽 400cc、BBフラッシュ 200cc、GD 100cc、水 200cc 餌量 750cc、水量 200cc

餌の感じは、GDが入っていることもあり、しっかりした感じでまとまる。
やや固いイメージ。
棚はメーター。

7:20〜9:00 6枚 リャンコあり
DSC_0928

jpg

同じ餌の半量で
9:05〜10:10 6枚

ハリスを30-40から25-30まで詰めたら、スレが減り、ペースアップ。

最初はアタリがあるものの、全てスレ。
しばらく我慢してやっていましたが、改善しないのでハリスを5センチ詰めると状況が好転。



続いては竿を少し短くし、両ダンゴで狙います。
棚はメーターから最終的にはカッツケ(30センチ)にしました。

両ダンゴ
竿:13尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 1号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 25センチ、下 0.5号 30センチ 
カッツケ 上 0.5号 8センチ、下 0.5号 15センチ
浮き:花水樹 浅だなダンゴパイプストレートトップ 6号
針:上下 がまかつ リフト 6号





バラケマッハ 200cc、凄麩 200cc、カルネバ 200cc、水 150cc 餌量 600cc、水量 150cc

10:20〜12:00 6枚
スレ多く、途中からカッツケへ

メーターではスレが多く、手水を打つなどしても改善せず、カッツケに変更。
柔らかく、小さな餌にすることで、多少は改善した。

お昼は食堂でアスパラの肉巻き。

これで600円はコスパ高いです。DSC_0930


最後は10尺のカッツケ両ダンゴとヒゲトロセットです。

両ダンゴ
竿:10尺
道糸:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUS道糸 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へらスーパープロPLUSハリス 上 0.5号 8センチ、下 0.5号 15センチ
浮き:花水樹 浅だなダンゴパイプストレートトップ 6号
針:上下 がまかつ リフト 6号





コウテン 400cc、カルネバ 300cc、水 230cc 餌量 700cc、水量 230cc

12:30〜14:15 14枚

途中からヒゲトロセット。
しかし、餌の取り方を間違え、ヒゲトロの状態はイマイチ。
スレが多いながらも数を稼げる。
ヒゲトロ、ダンゴと両方食ってくる。
やはり、柔らかいタッチの小さめの餌が良い。
ヘラは湧き湧きなので打つ位置を毎回変えながら、しっかりと馴染んでからのアタリを狙うとヒット率が高かった気がする。

再度半量で
14:20〜15:15 9枚


最後は大雨&雷で強制終了でした。

結果41枚と、色々試しながらでしたがまずまず楽しめました。
数を釣るなら、8尺か7尺のカッツケヒゲトロですね。

課題の長竿の扱いも多少は出来るようになりました。

と言っても15尺ですが。

GW中にもう一回位は行きたいですね。



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


厚木へら鮒センター④

厚木へら鮒センターの4回目の釣行です。
DSC_0841


この日のテーマは、浅棚の釣り。
浅棚はメーターより浅い棚をやりたかったため、自由池の小池の北側9番に陣取ります。


浅棚セットの竿は9尺、ウキは花水樹の浅ダナPCムクトップセットSの4.5号(トップ80mm(0.5/1.0mm)7目盛り、ボディ45mm 直径5.7mm、足1mm×55mm)5号(トップ90mm(0.5/1.0mm)7目盛り、ボディ50mm 直径5.7mm、足1mm×60mm)、希粋の浅ダナセットパイプ4号(トップ75mm(1.3/1.6mm)7目盛り、ボディ55mm 直径5.8mm、足1mm×65mm)を使用しました。
上針 がまかつだんごマスター5号 ハリス0.5号 8センチ
下針 がまかつコム3号 ハリス0.3号 30センチ
道糸 東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.6号
ハリス 東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.3号



浅棚①
浅棚カッツケセットの釣り
7:20〜8:45 3枚
粒戦 25cc、粒戦細粒 25cc、水 90㏄、5分以上放置、セットアップ 50㏄、セット専用バラケ 50㏄、バラケマッハ 50㏄ 餌量 200cc 水 90cc
DSC_0833



ウキの選択を間違い、上手くアタリを出せなかった。
さらにハリスも30センチでスタートするつもりが、50センチでスタートしていました。
これではダメですね。
バラケマッハを入れたことで、軽く開く感じの餌になった。
後で気づいたが、時間経過とともに餌の水分が下に落ちてくる感じで、餌のタッチが軽いものから重いしっとりした感じに変化したので、都度餌を下から掘り起こすようにして餌のタッチが維持できるようにした。

DSC_0834


9:05〜11:55 9枚
粒戦 50cc、粒戦細粒 50cc、水 180㏄、5分以上放置、セットアップ 100㏄、セット専用バラケ 100㏄、バラケマッハ 100㏄ 餌量 400cc 水 180cc
もう一度同じ餌でチャレンジです。
作る量を間違えたため、水の吸水のタイミングが2回となった。
ややしっとりしたので、追いマッハ2回で良いボソが出るようになる。半分に分けて打つ。
開きが多少悪く感じたので、少し手水で柔らかくし、ベトベトの状態までやってみたが、あまり開く感触はなく良くなかった。
DSC_0835


12:10〜12:55 5枚
粒戦 25cc、とろスイミー 25cc、水 75cc、さなぎパワー 50cc、ット専用バラケ 50cc、バラケマッハ 50cc 餌量 200cc 水 75cc
DSC_0836


しっとりとしたボソ。開きも良く、打つペースが速くリズムを作れた。


13:00〜14:40 9枚
粒戦 50cc、とろスイミー 25cc、水 75cc、セットガン 50cc、セットアップ 100cc、セット専用バラケ 50cc 餌量 275cc 水 75cc
DSC_0838DSC_0837


思いのほか開かず、やや重い。マッハを足すと良い感じに開いた。
アタリは多くもらえた。


14:50〜16:00 8枚
粒戦 50cc、粒戦細粒 25cc、さなぎパワー 50cc、水 100cc、ット専用バラケ 100cc、軽麩 75cc 餌量 300cc 水 100cc
DSC_0839
DSC_0840

開きも良く、馴染んだ後にすぐにウキが返して当たる。餌付けが甘いと、馴染みが少なくなった。
トップまで沈没するくらいにつけても、比較的早く返してきた。
まとまりが少し悪いため、押し練りを3回くらいやって持たした。


この日は、餌を棚まで馴染ませ、早めに抜くとアタリがもらえた。
棚で持たすとアタリが少なかったので、馴染んでから数秒後にウキが返し始め、抜けるような餌付けを意識した。
最初は餌付けが大きかったようで(親指の爪サイズ)、小さく付けることを意識した。(人差し指の爪サイズ)この調整はもっとシビアにやるべき。

16時までやりきり、34枚で終了。
アタリを取り損ねることも多く、前回よりはスレは減ったもののそれなりに起きた。
まだ、アタリの見分けがつかないことが多く、手を出して良いアタリかダメなアタリかを見極めたい。




ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

厚木へら鮒センター③

NHC日本へらぶなクラブのウィンターシリーズが延期され、本来であれば椎の木湖の大会に参加していたこの日、厚木へら鮒センターにて練習です。







この日のテーマは、段底とメーターセット。
朝イチは段底から練習です。
場所は大池北側7番。
o1080081014894783298
Photo by 厚木へら鮒センター

DSC_0825


段底の竿は11尺、ウキは花水樹の萱浮き短竿チョウチンパイプの8号(トップ120mm(1.1/1.6mm)10目盛り、ボディ80mm 直径6.2mm、足1mm×70mm)を使用しました。
上針 がまかつ改良ヤラズ7号 ハリス0.5号 8センチ
下針 がまかつコム3号 ハリス0.3号 50センチ
道糸 東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.6号
ハリス 東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.3号







餌は色々試すため、少なめに作った。
クワセ餌は、さなぎ玉、さなぎ玉大、さなぎ玉ハードを使用。

餌① 7:45〜8:30
粒戦 25cc、粒戦細粒 25ccとろスイミー 25cc、水 75cc、セットアップ 75cc 餌量 150cc、水量 75cc 
水を入れたらすぐに次の餌を混ぜる。
餌のまとまりは良かったが、何故だかヘラが上ずり餌が持たない。開きすぎたか?
ウキのサイズを上げて、錘を背負わせるようにすれば良かったかもしれない。

DSC_0824


餌② 
8:45〜10:40 1枚
粒戦 25cc、粒戦細粒 25ccとろスイミー 25cc、ダンゴの底釣り夏 25cc、水 75cc、給水後、段底 50cc 餌量 150cc、水量 75cc
餌持ち良い。軽く圧を掛けずに付けることで、開きが良くなり良い感じ。重めの餌の感じ。

DSC_0827


餌③ 10:50〜12:40
粒戦 25cc、粒戦細粒 25ccとろスイミー 25cc、ダンゴの底釣り夏 25cc、水 75cc、給水後、バラケマッハ 75㏄ 餌量 175cc、水量 75cc
ボソっぽさがあるので指で圧をかけながらハリ付けする。
マッハを入れたことで、最初は餌のタッチは軽く、バラケる感じであった。
しかし、すぐに餌が持つように変わった。恐らく撹拌が足りなかったのと水が若干少なかったと思われる。追いマッハ2回、細粒足すもダメ傾向変わらず、餌が持ちすぎる。

DSC_0828


餌④ 12:50〜13:50 1枚
粒戦 25cc、粒戦細粒 25ccとろスイミー 25cc、水 75cc、さなぎパワー 50cc、段底 50cc 餌量 175cc、水量 75cc 
バラけ、持ちとも良いが、何故か当たらない。サナギパワーを入れたことで、餌の開きは良い。段底で、まとまり、重さもある餌となった。

DSC_0829


餌⑤14:00〜15:00
粒戦 25cc、粒戦細粒 25ccとろスイミー 25cc、ダンゴの底釣り夏 25cc、水 75cc、給水後、バラケマッハ 75㏄ 餌量 175cc、水量 75cc
1回目の時より水を気持ち多くすることで、しっとりとした軽いタッチとなった。
しかし、時間の経過とともに、開きが抑えられてしまい、アタリが遠くなった。



DSC_0828


餌作りの際に、50ccカップで軽量したため、量にバラつきがあったかも。(餌の量に対し、水が少ないor多い)25ccカップがあったので、使えばよかった。
そのため、餌が持ちすぎる傾向に陥り、アタリが遠くなった。
上手く餌が棚に入り、ウキの馴染みがある餌や餌付けが出来た時は、ウキも動き触りが出たが、開きの遅い餌では触りが極端にほぼ出ない。
また、餌が抜けてからの食いアタリも少なかった。
そのため、待つ時間が長くなり、ペースが悪くなった。
基本、浅棚のメーターセットの動きが良かったようだ。


ラスト1時間はメーターセットに挑戦。時間がなかったので、竿は11尺。仕掛けも基本的に同じで、ハリスとウキのみ調整。
メーターセット
メーターセットの竿は11尺、ウキはパイプののぞみ十六(トップ65mm(1.0/1.6mm)6目盛り、ボディ50mm 直径60mm、足1mm×45mm)を使用しました。
上針 改良ヤラズ7号 ハリス0.5号 8センチ
下針 コム3号 ハリス0.3号 30センチ
道糸 東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.6号
ハリス 東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.3号


餌①15:15~16:00
粒戦 25cc、とろスイミー 25cc、水 75cc、さなぎパワー 75cc、セットアップ 75cc 餌量 200cc、水量 75cc餌はしっとりとしつつも、開く餌(しっとりボソ)であったが、時間の経過ともに開かない傾向になったので、手水で調整してみた。
ウキが馴染んでから、餌が開いてウキが返すとアタリが出るが、風が多少強くなり、振り込みがばらつくことで、魚を集められず、アタリが出るまで時間が掛かった。
アタリを出してもスレが多く、結果として食わせることができなかった。

DSC_0830


段底では底取りは何とか出来、バラケが抜けた後にクワセ餌が付いた状態の餌落ち目盛りの一つ下の目盛り(勝負目盛り)も出る状態を作れたが、肝心のクワセアタリを出せなかった。
状況的には、魚が中層に多く、底に引っ張れなかったように感じた。
その理由は、餌の開きを出せなかったために思える。
餌が馴染んでから、開いて返してくる餌は、その際に触りも見られたが、食いアタリが出せなかった。
開かない餌は触りが出ずに、待ち時間が長くなった。
ヘラブナ釣りの基本であるコンスタントに馴染んでから抜ける餌を作ることと、餌を付けることが大切に思う。(ナジミ幅は4〜5目盛り分で、抜け切るまでには約20秒かかる。←このイメージで作る)

石井旭舟さん曰く
「簡単と言ってはなんだが、段底って一番分かりやすい釣り方だと思わないかい?バラケをしっかり付けてウキをナジませ、タナで抜いたらエサ落ち目盛りが出てからのアタリに狙いを絞れば必ず釣れるんだ。段底でうまく釣れない人は、この基本が徹底できていないんじゃないかな。」
だそうです。


この言葉から考えると、バラケを棚で抜くというところが出来ていなかったですね。

練習とはいえ、2枚という結果。
釣り方を縛ったとはいえ、修正点が山盛りなんでしょう。
さらに、修正方法が分かっていないのも問題ですね。
この日はアタリを出せてもスレが多かったし、そもそも触りも少なかった。
練習あるのみです。。









ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。