釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

エサ

芦ノ湖深良桟橋のヘラブナ釣り③ 2022-4

7月末の大惨敗のリベンジ釣行で、芦ノ湖うえのさんに行ってきました。
最初に来たときもジャパンカップの翌日だったので、縁起を担いでの釣行てす。

当初は九頭竜に入ろうと思っていましたが、状況が芳しくないということで、深良の桟橋に変更です。

DSC_1811
DSC_1812
DSC_1813


芦ノ湖も水が増え、状況が上向くことを期待しました。
水深は、沖を向くと26~27尺、横を向いて24~25尺ということなので、私は深良水門側を向き、同行者は反対を向きます。

最初は魚を寄せることを重視したブレンドでスタートです。

24尺バランス底
竿:24尺
ウキ:花水樹 グラスムクストレート
15号(トップ 1.0/1.0mm 220mm、11目盛り、ボディ150mm 直径6.0mm、足1mm×60mm) 
上針:アスカ7号 
下針:アスカ7号 
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 道糸 1.5号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 55センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 65センチ








ダンゴの底釣り夏 200cc、バラケマッハ 200ccペレ道 200cc水 250cc(標準173cc) 粒戦 25cc、粘力 4〜6杯 餌量 600cc 水量 250cc
エサ持ち 57 重さ 71 粒子 35

6:40〜11:00
0枚

DSC_1816


最初はテンポよく打ちます。
すると、ウキが動き、ゆっくりでしたが2節動きますが空振り。
そこから触っているように感じるものの、落としません。

途中から、食わせにグルテンを投入。

野釣りグルテンダントツ 1分包わたグル 30cc、水 70cc(標準71cc) 餌量 200cc 水量 80cc
エサ持ち 80 重さ 54 粒子 42


しかし、好転せず、11時に餌切れ。
次いで、上からアピールすることで状況を打開しようと、軽めのブレンドです。

ダンゴの底釣り芯華 100cc、カクシン 100cc浅ダナ一本 100cc、水 100cc(標準93cc) 餌量 600cc 水量 250cc
エサ持ち 70 重さ 36 粒子 46

11:15〜16:15
0枚

グルテン四季 50cc、わたグル 50cc、水 100cc 
厳寒期
(20cc+20cc、水 40cc 柔らかめ 
20cc+20cc、水 30cc 硬め

途中でグルテンをチェンジ。
最後はグルテンとダンゴを混ぜるマーブルにもチャレンジしましたが、触りが3回で終了。

流れが出る時間もあり、ウキがしもったので、ハリスオモリを付けたり、棚を深くしたり、前回の反省を踏まえ色々と思いつくことをしましたが、ヘラブナの反応を得られませんでした。
同行者はギル5枚。

DSC_1814
DSC_1815


もうひとつの桟橋の方のノーフィッシュだったようです。

ボート屋の桟橋では、38センチ位までがコンスタントに釣れているようですが、深良桟橋は厳しいですね。
10月に再チャレンジしたいと思います。





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村




ブレインズ例会ゲスト参加 厚木へら鮒センター

お盆休みの14日、予定ではピュアアングラーズの釣り教室でしたが、台風の影響で中止。
ということで、急遽厚木へら鮒センターで行われるブレインズの例会にゲスト参加してきました。

DSC_1783

DSC_1782

スタートは7尺のチョーチン両ダンゴで先日のチョーチン王座決定戦の反省を行い、その後はメーター両ダンゴの練習のつもりで行いました。

抽選の結果、私は一番最後。
残り物には福がある作戦です(笑)
DSC_1781


7尺チョーチン両ダンゴ
竿:7尺
ウキ:花水樹 短竿チョーチンPC10
号(トップ 0.9/1.4mm 90mm、7目盛り、ボディ55mm 直径5.7mm、足1.0mm×65mm)  
上針:リフト8号 
下針:リフト8 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.0号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 30センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 40センチ









カクシン 400cc、コウテン 100cc、GD 100cc、水 230cc
(標準88cc) 餌量 600cc、水量 230cc
エサ持ち 78 重さ 32 粒子 44
7:15〜8:00
4枚
ますは、チョーチン王座決定戦である程度手応えのあったブレンドからスタート。
45分で4枚とイマイチ。
本来のメーター両ダンゴにチェンジです。


10尺メーター両ダンゴ
竿:10尺
ウキ:花水樹 浅ダナパイプ竹足6
号(トップ 1.4/1.4mm 90mm、7目盛り、ボディ60mm 直径5.7mm、足1.0mm×70mm) → 花水樹 短竿チョウチンセットグラスムクトップ6号(トップ 0.5/1.0mm 140mm、7目盛り、ボディ60mm 直径6.2mm、足1.0mm×70mm)
上針:リフト7号→6号 
下針:リフト7→6号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.0号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 30センチ→12センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 40センチ→20センチ







8:15〜8:25
2枚
餌は同じブレンドで2枚追加。しかし、浮子が馴染まず、グラスムクにチェンジ。
次はこちらのブレンドを試します。

バラケマッハ 200cc、GD 100cc、カルネバ 100cc、水 120cc(標準98cc) 餌量 400cc、水量 100~125cc
エサ持ち 61 重さ 36 粒子 30

8:30〜9:30
0枚
合わせ切れによりラインブレイク。

9:40〜10:15
8尺に変更
7枚

再びラインブレイク。ここまで7枚キャッチもペースは上がらず。

10:22〜10:30
0枚



ガッテン 400cc、浅ダナ一本 100cc、カルネバ 100cc、水 125cc(標準119cc) 餌量 600cc、水量 125cc
エサ持ち 71 重さ 25 粒子 42

10:30〜11:00
7枚
浅ダナで実績のあったガッテン+浅ダナ一本にカルネバを加え、軽さと粘りのあるブレンドとし、ウキを馴染ませてからのアタリを取るようにしたらペースが上がる。

午前中 20枚
8.54キロ(フラシ込)


お昼は皆で一緒に取ります。
DSC_1784
今日は油淋鶏定食。
デザートはスイカ。

午後スタート
11:35〜11:45
1枚

コウテン 200cc、カルネバ 150cc、浅ダナ一本 50cc、水 100cc(標準95cc) 餌量 400cc、水量 100cc
エサ持ち 73 重さ 31 粒子 41

12:00〜12:35
4枚
先ほどの餌よりも重さがあるためか、昼休憩後の食い渋りか、ペースはイマイチ。

カクシン 150ccパウダーベイトヘラ 150ccGD 50cc、水 100cc(標準90cc)餌量 350cc、水量 100cc
エサ持ち 75 重さ 40 粒子 45

12:47〜13:23
5枚
さらに重さのあるブレンドにするもペースは上がらず。

コウテン 400cc、カルネバ 300cc、水 250cc(標準175cc) 餌量 700cc、水量 250cc
エサ持ち 78 重さ 32 粒子 44

13:25〜15:00
8枚
軽めのブレンドに戻すも、ペースは上がらずに終了。



合計38枚 16.62キロ(フラシ込)
午後18枚 8.08キロ(フラシ込)
13位/18人

優勝は7尺のメーター両ダンゴ。
ハリス上17センチ、下23センチ
針 バラサ6号
ウキ ボディ7センチ PCトップ
カクシン 400cc、水 120cc
魚の寄りが悪くなったら、マッハを足す。





ハリスは長めから入るも、短いハリスが明らかに良かったと思います。
餌は軽くて、持つ餌が良かったようです。
水面にヘラが湧くので、水面に落ちた時に餌が開かないブレンドが良かったとのことです。
色々試すと、違いが鮮明になりますね。
まだまだ総重量制は経験が浅いため、勉強になります。





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

NHC関東シリーズ第3戦 野田幸手園2022-②

NHC関東シリーズ第3戦の野田幸手園が7月10日に開催されました。

DSC_1713



1週間前のプリプラクティスの結果、短竿のチョーチンと中尺のメーターペレ宙にある程度の手応えを得て挑みます。
感触としては魚は上っ調子も、サイズは8尺チョーチンがまとまっている感じです。
しかし、プリプラからの一週間、雨模様で池の水は多少変わっているのでどうなるのか?

当日の朝、前日の状況を聞くとメーターの模様が良くなっているようです。
少し迷いましたが、10尺メーター両ダンゴから入ることにしました。
セカンドステージは18尺のペレ宙勝負で入る予定です。

桟橋はもみじ桟橋の中央から先端です。

抽選の結果、ファーストステージは黒5番(事務所向き)、セカンドステージは赤2番です。
セカンドステージは風が強くなりそうで、やや心配です。

_20220711_234505
DSC_1710

DSC_1711

DSC_1712

10尺メーター両ダンゴ
竿:10尺
ウキ:花水樹 
浅ダナパイプセットS5.5号(トップ 0.9/1.4mm 90mm、7目盛り、ボディ55mm 直径5.7mm、足1.0mm×65mm)  
上針:リフト7号 
下針:リフト7 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.0号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 40センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 50センチ









コウテン 200cc、カルネバ 150cc、水 125cc
(標準88cc) 餌量 350cc、水量 125cc
エサ持ち 78 重さ 32 粒子 44
6:30〜7:30
6:55 1
7:05 1リリース650
7:10 1
7:20 1

1時間打ち、比較的コンスタントにキャッチできました。
最初の1枚は精神的安定のため入れましたが、サイズが小さかったので本来はリリースすべきでした。
逆に2枚目の650gは入れるべきでしたね。
このあたりがNHCの面白いところであり、難しいところです。
少なく見積もっても200gは軽くなりました。


コウテン 400cc、カルネバ 300cc、水 250cc(標準175cc) 餌量 700cc、水量 250cc
7:30〜
7:35 1
8:15 リリース
9:55 1 リリース
10:00 1 リリース
10:10 1

5枚 3,340グラム

好調にアタリを貰えることから同じ釣りで押します。
4枚になってから我慢しましたが、終了20分前に5枚目を入れました。
周囲は4キロ超えもチラホラ。
ちょっと失敗ですね。

午後は巻き返しを期し、強風の中18尺ペレ宙で挑みます。

18尺ペレ宙
竿:18尺
ウキ:花水樹 
短竿チョウチンパイプトップ10号(トップ 1.1/1.6mm 100mm、11目盛り、ボディ100mm 直径6.2mm、足1mm×70mm) 
上針:リフト7号 
下針:リフト7号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.0号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 40センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 50センチ







ペレ道 50cc、ペレ軽 400cc、BBフラッシュ 200cc、GD 100cc、水 200cc(標準176cc) 餌量 750cc、水量 200cc

エサ持ち 71 重さ 46 粒子 50

11:30〜12:30 0枚
余りの強風で仕掛けがコントロール出来ず、カラツンはあるものの状況の好転がないと判断し、13尺に変更します。


13尺ペレ宙
竿:13尺
ウキ:花水樹 
短竿チョウチンパイプトップ8号(トップ 1.1/1.6mm 80mm、10目盛り、ボディ100mm 直径6.2mm、足1mm×70mm) 
上針:リフト7号 
下針:リフト7号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.0号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 40センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 50センチ







ペレ道 50cc、ペレ軽 400cc、BBフラッシュ 200cc、GD 100cc、水 200cc(標準176cc) 餌量 750cc、水量 200cc

エサ持ち 71 重さ 46 粒子 50

12:50〜
13:30 1
13:45 1
14:50 1

3枚 2,700グラム



竿を短くしたことでコントロールしやすくなり、ようやく型を見たのは残り時間が1時間半となったところ。
型は悪くなく、これで5枚揃えれば4キロオーバーのサイズです。
しかし、風の対応、時間に追われ、カラツンにも悩まされました。
前半からハリスを詰めると良くないイメージだったので詰めなかったのも良くなかったのかも。
ちなみにブレンドは優勝者を同じだったので、狙いは間違っていなかったのですがね。
結局リミットを揃えられず、3枚で終了。

総合で6,040グラム24位とブービー賞(ありませんが)です。


前半は入れる魚を誤りましたが、それでも200グラム程度ですから、よくて3,500グラム。
後半、最初から13尺で勝負していれば、4,500グラム取れたとして、合計8キロ。
ちょっと優勝には届かない感じでしたので、致し方ありません。
風の状況踏まえて18尺を選択したのが、そもそものミスでした。
棚は1日を通してメーターで挑みましたが、これ間違っていなかったように思います。
餌のタッチは、しっとりとした柔らかい餌を使っていましたが、マッハの入ったボソタッチが午前中は良かったようです。

前半は狙い通りの展開で、3,500グラムでOKと踏んでいたのですが、想像以上に周りが釣れていました。
ここは自分の読みが甘かった。
上位との差が大きかった(1キロ)ので、挽回するには強い釣りをと考えたのが良くなかったですね。
特に右からの向かい風で、長い竿を出す人はいないと読んだまでは良かったですが、私の技術では無理でした。
優勝の戸井田さんは、そんな風をものともせず18尺ですから凄いですね。
13尺でも取っ散らかっていましたので、まだまだ練習が必要ですね。

それと今回の反省点がふたつあります。
①ハリスの長さの調整
ハリスは40センチ-50センチで通しました。これは、プリプラとファーストステージの感触から長めのハリスで、ゆっくり落とす方が良いように感じていたからです。しかし、ファーストステージの途中でポツポツは釣れていたもののカラツンも多かったです。
セカンドステージのペレ宙では、カラツンがさらに酷かった。
これをハリスを詰めるのではなく、餌を軟らかくすることだけで解消しようとしたのが間違いでした。
ハリスも詰めるべきでしたね。上位入賞者のコメントを聞いて気づきました。

②ウキのサイズダウン
これはセカンドステージのペレ宙の時です。
ハリス長めで倒れ込みのアタリを狙うのは間違いでなかったと思います。
しかし、結果はカラツンのオンパレード。
ウキの動きだけを見て入れば、今にも釣れそうな動きをしていたので、ハリスも詰めず、ウキも変えず、餌を少し軟らかくするだけで、釣れてくるだろうと思っていました。
風が強かったこともあり、10センチボディのパイプトップを使っていたのですが、プリプラでは6センチのボディを使っていて、良い感じで食っていました。
少なくとも8センチボディに落とすべきでした。
このままでも、いつか釣れるだろうと甘く考えていたのが失敗ですね。

以上、2点次は気を付けます。






ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

野田幸手園2022-①

NHC関東シリーズ第3戦の野田幸手園が7月10日に開催されます。
それに先立ち1週間前のプリプラクティスです。

昨年の9月以来の野田幸手園です。
メインには21尺のペレ宙と思っていましたが、長竿の調子が良くないということで13尺。
対抗は10尺チョーチンです。

今回はピュアアングラーズ釣り教室に参加してくれているHさん親子が、ヘラブナ釣りを体験したいということで来てくれました。

DSC_1700

DSC_1701


まずは3人でチョーチン両ダンゴで狙います。
私は10尺、お二人はレンタルの9尺で試します。

10尺チョーチン両ダンゴ
竿:10尺
ウキ:花水樹 
短竿チョウチン PCトップセット10号(トップ 0.5/1.2mm 180mm、11目盛り、ボディ100mm 直径6.2mm、足1mm×70mm) →8号(トップ 0.5/1.2mm 160mm、11目盛り、ボディ100mm 直径6.2mm、足1mm×70mm) 
上針:リフト7号 
下針:リフト7号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.0号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 40センチ→30センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 50センチ→40センチ







バラケマッハ 400cc、カクシン 400cc、
芯華 50cc、水 250cc(標準269cc)、BBフラッシュ 200cc 餌量 1,050cc、水量 250cc
エサ持ち 64 重さ 32 粒子 43

6:55〜8:50
0枚

そのままではウキの動きは良くなく、手水を打ってボウルのヘリに押し練りをするようにこすり付け、かなり軟らかくすることで馴染み、触りとも増え、アタリも出だすが空ツンのみ。

カクシン 200cc、コウテン 200cc、カルネバ 100cc、水 150cc(標準132cc) 餌量 500cc、水量 150cc
エサ持ち 78 重さ 32 粒子 44

9:00〜10:00
2枚

10:10〜11:05
1枚

餌を作ってから、手水を打ちボウルのヘリに押し練りをするようにこすり付け、かなり軟らかくすることで馴染み、触りとも増え、アタリも出だし、釣れ出すが効率悪い。


カクシン 250cc、コウテン 100cc、水 100cc(標準96cc) 餌量 350cc、水量 100cc
エサ持ち 77 重さ 32 粒子 44
Hさん親子は、上記ブレンドで徐々に餌を軟らかくしてアタリを出し、順調に釣り上げます。

DSC_1702

DSC_1703

DSC_1705

DSC_1707

13尺ペレ宙
竿:13尺
ウキ:花水樹 
短竿チョウチンパイプトップ6号(トップ 1.1/1.6mm 100mm、9目盛り、ボディ60mm 直径6.2mm、足1mm×70mm) 
上針:リフト7号 
下針:リフト7号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 1.0号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 40センチ→30センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 50センチ→40センチ







ペレ軽 200cc、カクシン 100cc、コウテン 50cc、水 100cc(標準81cc)餌量 350cc、水量 100cc
エサ持ち 72 重さ 45 粒子 50

11:40〜12:25
0枚

アタリは出るも、全てカラ。
先週からカラツン地獄に陥っています。
餌を軟らかくするも、合わすことが出来ない。



ペレ軽 400cc、浅ダナ一本 200cc、GD 100cc、粒戦 50cc水 200cc(標準167cc)餌量 750cc、水量 200cc
エサ持ち 58 重さ 48 粒子 44

12:30〜14:20
5枚

ブレンドを変更し、バラケやすい餌に切り替えると少しづつヒット率が上がった。



ぺレ軽 200㏄ 、軽麩 100㏄、浅ダナ一本 100㏄、水 100cc(標準89cc) 浅ダナ一本 100㏄ 餌量 500cc、水量 100cc
エサ持ち 51 重さ 34 粒子 41

14:30〜15:15
1枚

最後に1枚追加し、餌切れ終了。









ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

海老名運動公園下の池 2022-①

この日も午後から海老名運動公園下の池の真ん中の池に出掛けてきました。
入漁料は、圏央道海老名インター入口近くのデイリーヤマザキで購入。(800円)

DSC_1568


現地着は13時を回り、打ち始めたのは14時過ぎでした。

DSC_1567


最初は、
カルネバ 100cc、GD 100cc、バラケマッハ200cc、水 100ccのブレンド。

やや硬めのボソタッチです。
竿は11尺両ダンゴの80センチ程度の棚でスタートします。

触りは見られますが、もう一息。
ひとボウル打ちますがノーフィッシュ。

ここで餌を廃盤となった
Sデザインイエロー 400cc、GD 100cc、水 100cc

に変えます。

先ほどよりも反応はあるもののヒットに至らず、徐々に手水で柔らかくすると、カラツンが出始めます。

Sデザインイエロー 400cc、GD 50cc、水 100cc

に調整し、ようやく型を見ます。

先日の道満ファミリー釣り場同様に、ヤワネバ系のタッチの方が良さそうなので、

Sデザインイエロー 400cc、GD 50cc、水 120cc

これでスレ混じりですが、ペースが上がり、最終的に6枚キャッチ。

DSC_1569


ヤワネバタッチがこのところ良い反応が得られています。
針のサイズももうワンランク、ツーランク小さくても良さそうです。




11尺両ダンゴ
竿:11尺
ウキ:花水樹 
浅ダナパイプセットS5.5号(トップ 0.9/1.4mm 90mm、11目盛り、ボディ55mm 直径5.7mm、足1mm×65mm) 
上針:ダンゴマスター6号 
下針:ダンゴマスター6号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.6号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 30センチ→25センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号 440センチ→35センチ












スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。