釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

がまかつ

深良桟橋のヘラブナ釣り②大惨敗 芦ノ湖2022-③

先日自己記録更新した芦ノ湖の深良桟橋へ再びチャレンジです。


うえ乃Facebookより

先日もボート桟橋からトップ30枚、最大40センチという釣果が出ていましたが、小さめが多いと言うことで今回も深良桟橋です。

DSC_1751

DSC_1752

DSC_1753

DSC_1754

24尺バランス底
竿:24尺
ウキ:花水樹 底パイプ
トップセットS15号(トップ 0.9/1.3mm 150mm、11目盛り、ボディ150mm 直径5.2mm、足1mm×40mm) →花水樹 オールマイティPC15号(トップ 0.6/1.2mm 220mm、11目盛り、ボディ150mm 直径6.2mm、足1mm×60mm)→花水樹 グラスムクストレート15号(トップ 1.0/1.0mm 220mm、11目盛り、ボディ150mm 直径6.0mm、足1mm×60mm)
上針:アスカ7号 
下針:アスカ7号 
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 道糸 1.5号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 55センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 65センチ







ダンゴの底釣り芯華 100ccGD 100cc、水 80cc(標準83cc) 餌量 200cc 水量 100cc
エサ持ち 82 重さ 74 粒子 32

釣りグルテンダントツ 1分包わたグル 30cc、水 70cc(標準71cc) 餌量 200cc 水量 80cc
エサ持ち 80 重さ 54 粒子 42

6:10〜8:30
前回釣った桟橋ではなく、もう一つの桟橋に乗せてもらいます。
前日は5枚釣れたとのこと。
風は左から弱く吹いていますが、釣りに支障はなし。
24尺を出し、穂先を穂持に差し込もうとすると、5センチほどのところで折れています。
綺麗に折れていたので、そのまま穂先を差し込み使用でき、難を逃れます。
棚を取り、穂先から一本尺余る感じです。

前回良かったバラグルセットで打ち始めますが、ウキの動きはなし。
底の藻はそれほどでもなく、所々にある感じです。
ハリスが長いこともあり、馴染み幅は6目程。
始めは魚を寄せるべく、比較的早いテンポで打ち返しますがノー感じ。
約1時間半打ちますが、反応を得られないため、パイプトップからPCムクトップに変更。



8:30~11:00
ウキチェンジ パイプ→PCムク
同様に打ち続けるも、流れが左から右に強くなり、止まらなくなります。
棚を深くして対応しますが反応を得られません。
昼食の牛丼が届きますが」、隣の桟橋の方共々ノーバイト。

DSC_1757
牛丼はボリューム満点!


11:15~11:40
ウキチェンジ PCムク→グラスムク
ウキをグラスムクに変更しますが、いよいよ流れが強く、風も強くなってきたので、25尺のドボンに変更。




25尺バラグルセットバランスドボン
竿:25尺
ウキ:花水樹 グラスムクストレート15
号(トップ 1.0/1.0mm 220mm、11目盛り、ボディ150mm 直径6.0mm、足1mm×60mm) 
上針:アスカ6号 
下針:アスカ6号 
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 道糸 1.5号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 30センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 40センチ
錘:2.5g







11:50〜12:20
バランスのドボンに変更。針のサイズもワンランク小さく修正。
25尺で振り切ると、糸が少々足りずイマイチ。
そうこうすると風が弱くなってきたので、もう一度バランスに戻す。





25尺バラグルセットバランスの底
竿:25尺
ウキ:花水樹 グラスムクストレート15号(トップ 1.0/1.0mm 220mm、11目盛り、ボディ150mm 直径6.0mm、足1mm×60mm) 
上針:アスカ6号 
下針:アスカ6号 
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 道糸 1.5号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 55センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 65センチ








ダンゴの底釣り芯華 100ccGD 100cc、水 80cc(標準83cc) 餌量 200cc 水量 100cc
エサ持ち 82 重さ 74 粒子 32

釣りグルテンダントツ 1分包わたグル 30cc、水 70cc(標準71cc) 餌量 200cc 水量 80cc
エサ持ち 80 重さ 54 粒子 42

12:30 ~16:10
隣の桟橋の方が型を出し、15時半位までに7枚まで伸ばす。
こちらは相変わらず反応なく、明確なアタリは皆無。
不明瞭なアタリらしい動きを合わせますが、全て空振り。
餌も柔らかくしたり、ボソッ気を出したりと試しますが、どうにもなりません。
時間もなくなり、ラスト一投。
ウキが馴染まず、諦めて竿を立てると、手応えが。
営業べらが来たかと思いましたが、引きが弱まりブルーギルに確定。
最後に竿に掛かってくれました。

DSC_1759
貴重な引きを味わさせてくれたブルーギルさん。
ありがとう。

さらに、後片付けをし、仕掛けを水中に入れていて回収すると、バスがヒット。
空針を食ってきました。
これはハリス切れで逃げられましたが、ラスト二投?で連続ヒットでした。


何が良くなかったのか、正直分かりません。
思いつく手立ては打ちましたが、全くダメでした。
底の状態も悪くなかったと思いますが、何故なんでしょう?

誰か教えて欲しいです。



おまけ
何故か芦ノ湖でヘラブナ釣りしてると、この方と遭遇します。
確率100%。
DSC_1758









ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

深良桟橋のヘラブナ釣り 芦ノ湖2022-②

先日芦ノ湖で初めてボートから釣りをしましたので、次は沖の桟橋からチャレンジです。

293544968_5333374713417782_6696332204149564033_n
うえ乃Facebookより

このところボート桟橋から異次元の釣果が出ていますが、やっぱり沖の桟橋が気になります。
水深は24尺で底が取れるということです。

DSC_1720

DSC_1724

25尺バランス底
竿:25尺
ウキ:花水樹 底パイプ
トップセットS18号(トップ 0.9/1.3mm 180mm、11目盛り、ボディ180mm 直径5.2mm、足1mm×40mm) 
上針:アスカ7号 
下針:アスカ7号 
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 道糸 1.5号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 55センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 65センチ







ダンゴの底釣り芯華 150ccGD 50cc、水 100cc(標準92cc) 餌量 200cc 水量 100cc
エサ持ち 86 重さ 83 粒子 38

まずは両ダンゴでスタート。
触りはあるが、食いアタリがでません。午前中いっぱいがんばりますが、明確な食いアタリを貰えず、ギル1枚のみ。
このままではアカン、何かしら変えなければということで、ウキ、餌の変更をしてみます。


25尺バラグルセットバランス底
竿:25尺
ウキ:花水樹 グラスムクストレート15
号(トップ 1.0/1.0mm 220mm、11目盛り、ボディ150mm 直径6.0mm、足1mm×60mm) 
上針:アスカ7号 
下針:アスカ7号 
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 道糸 1.5号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 55センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.6号 65センチ








ダンゴの底釣り芯華 100cc
GD 100cc、水 80cc(標準83cc) 餌量 200cc 水量 80cc
エサ持ち 82 重さ 74 粒子 32

野釣りグルテンダントツ 1分包わたグル 30cc、水 70cc(標準71cc) 餌量 200cc 水量 80cc
エサ持ち 80 重さ 54 粒子 42

ウキを変えた効果か、餌を変えた効果か分かりませんが、すぐに触りが出て、食いアタリがでます。
数回のカラツンの後、ついにヒット。
重量感のある手応えがが伝わってきます。

これこそが長竿の醍醐味です。
たまりません!

慎重にやり取りし、姿を現したのはグッドサイズのヘラブナ。
何とか玉網に入れることに成功。

検寸すると43センチ。
傷一つない、肩の張ったきれいなヘラブナです。

_20220717_132329
_20220717_132319
IMG_20220717_224842_075



自己記録更新に思わず、笑顔がこぼれます。

フラシに入れて打ち始めると、まだ触りがでます。
しばらく打ち直すと、再びヒット。

今度は重量感はないものの、走り回る元気なヘラブナです。
立ち上がって取り込みました。

やや長手の、これまた傷のないきれいなヘラブナ。
検寸すると39センチでした。

1658058777410

1658058777320

1658058777469

もう満足です。
その後も、アタリはでるものの掛けることは出来ません。
餌をグルテンから両ダンゴに変えてもカラツンはもらえましたので、ウキの変更が良かったようです。

釣りしてたら、沖から見覚えのあるボートが。
バレないように盗撮してみました(笑)

DSC_1722

DSC_1723


納竿後、桟橋で記念撮影し、31日の予約もしちゃいました。

293544968_5333374713417782_6696332204149564033_n

こんなの釣れるんですから、やめられませんがな。








ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

針の結び、結節のよもやま話

どんな釣りでも、結節は必ず存在します。

バスフィッシングの場合、ルアーへの結節、ライン同士の結節などがあります。
一般的な釣りの場合、これに針の結びがあります。




DSC_0880



特に最近やっている磯のフカセ釣りやヘラブナ釣りでは、針結びが欠かせません。

私は基本的に、外掛け枕結びで巻いています。
巻き数は5回としています。(5回目を針の軸に巻く)

枕を入れることで強度が増します。

そして針結びに限らず結節で大切なのは締め込み方。
ゆっくりと、熱を掛けないように締め込むことですっぽ抜けが減ります。


締め込み方が弱いと、結び目がズレて針の耳に当たって切れるようです。
このところ、針の結び目がしっくりきていませんので、改めて注意したいと思います。













ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ピュアアングラーズタチウオ釣り教室

ピュアアングラーズタチウオ釣り教室が、小柴港三喜丸から35名の参加者を集め開催されました。

タチウオ仕掛けと言えば、がまかつです。
_20211031_071848


今回は1号船と2号船で出船です。
私は2号船の担当。
DSC_1179


本日の参加者。
DSC_1181

DSC_1182

DSC_1183

DSC_1184

DSC_1185

DSC_1186

DSC_1187

DSC_1188


釣り場は観音崎沖の70メートル立ちがメインです。

寒くなったこともあり、上へ上への誘いよりも、1か所で粘る誘いの方が良かった印象です。


電動スロー巻きも良かったみたいです。

DSC_1189

DSC_1190

DSC_1191

DSC_1192

DSC_1193

DSC_1194

DSC_1195

DSC_1196

DSC_1197

DSC_1199
DSC_1200
DSC_1201
DSC_1202
DSC_1198


こんな感じで、皆さん頑張りました。
私はタチウオ釣りが初めての親子を担当しましたが、何とかお父さんに釣ってもらえました。

頑張っていたので、嬉しい一匹でしたね。


次回は長井新宿港小見山丸からカワハギ釣り教室です。


ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ショートLTアジ 根岸丸

お盆休みの初日、美味しいアジを釣りに根岸丸さんに初めてお邪魔してきました。


DSC_1128
DSC_1127




DSC_1129

釣り座は予約時に決められ、左舷の艫から2席です。
片舷5名の総勢10名で出船です。

釣り場は港の真沖、航程10分ほどです。
根岸湾の入口あたりです。

魚探で魚を探り、投入の合図が出ます。
この日は終日下げ潮で、風は北東でしたので、基本的に右舷に向かって流れる潮なのですが、上側の潮は反対側に流れ、やや釣りにくい。


数投の入れ替えで釣れ始めますが、食いはイマイチで追い食いは少なく、1匹づつ確実に釣りあげる展開です。
コマセも1mで撒いて、50センチ程度上げて撒いて、そのまま待つイメージで、一番上の針に食うことが多かったです。
胴の間からミヨシ寄りの方は好調に釣り上げています。

船長は釣れ具合を見極め、アンカーを投入しました。


コマセを撒いてもすぐに食わず、かなり待ってからようやく当たる展開で、空振りはないものの、なかなか数が伸びないじれったい展開です。

アンカーが外れポイントがズレたのか、食いが落ち空振りが目立ちます。
ここまで25匹ほど。
右舷のミヨシの方は50匹だとか。


アンカーを入れ直すと、またアタリが出だし、釣れ出します。

すると大型船が近づき、移動の警告を受け、少々移動。
ラスト1時間半あたりから、潮が緩み食いが活発になってきました。

コマセを1mで撒き、50センチ上げて撒き、50センチ上げて待つと即当たる展開になり、最後で数が大幅に伸びました。
ほとんどダブルで、トリプルもあり、楽しく締めくくりが出来ました。

最終的に88匹で終了。
同行者も、ほぼ初挑戦ながらも50匹ほど確保しました。

外道はサメ、シコイワシ、小鯖で、同行者はイシモチ、シコイワシ、小鯖でしたね。



DSC_1130


根岸丸さんには初めてお邪魔しましたが、非常に気の利く船宿さんです。
船は綺麗に手入れをされ、タオルもレンタルしてくれ、沖上がり前には、凍らせたタオルを渡してくれるサービスも。

餌は赤タンと青イソメがついております。
乗船料は8,000円でポイントカードに2個スタンプを押してくれます。
氷は別料金で、1個200円で板氷を貰えます。

駐車場も船宿の目の前なので、荷物運びも楽でした。

現在の釣り物は、ショートLTアジとシロギスで、季節によってスミイカにも出るようです。

船宿の入口の前に、乗船名簿があり、そこにまずは記入し、その後女将さんが登場したらお会計という流れです。
このあたりはちょっと分かりにくかったです。


また、行きたい船宿さんですね。





タックル
ロッド:LTタックル用ロッド
リール:小型両軸リール
道糸:東レ スーパーストロング PE 船 F4 1号

アンドンビシ:LT用40号
小型天秤
クッションゴム:1.2mm×20cm
ハリス:東レ トヨフロン® スーパーLハード 1.5~1.7号 2.3m 枝ス20cm



針:がまかつ 金ムツ10号






ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。