釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

ウィンターオープン

富里乃堰 2022-①

NHCウィンターオープン南関東第3戦富里乃堰は、2月11日開催予定でしたが、荒天予報に伴い3月21日に延期となりました。





前日の20日はお墓参りに行くので練習できず、前週も仕事のため行けませんので、6日に行ってきました。

DSC_1457

DSC_1456





水深図(PDF)

長竿の浅ダナが良いという話から、それを試し、徐々に竿を短くして差が出るか調べ、余裕があれば8尺チョーチンを試し、午後は長竿のグルテン底を探る計画です。

大会が西桟橋18~53番で行われるので、水深図を見つつ、浅くなる46番に荷物を置きます。(5m先の水深は3.57m 右側が深くかけ上がりから上がったショルダー部分)

DSC_1464
DSC_1463


両サイドとも人はおらず、人災とは無縁。
DSC_1462

DSC_1465


17尺浅棚
竿:17尺
ウキ:花水樹 短竿チョーチンパイプ7
号(トップ 1.1/1.6mm 110mm、9目盛り、ボディ70mm 直径6.2mm、足1.0mm×70mm)
上針:ダンゴマスター7号 
下針:コム3号 
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.6号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TYPE-Ⅱ ハリス 0.5号 8センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.3号 
55センチ→50センチ


  






粒戦 50cc、トロスイミー 25cc、セットガン 50cc水 150cc、セット専用 100cc、セットアップ 100cc、GTS 100cc 餌量 550cc、水量 150cc

付けエサ 感嘆(10cc ライフガード12cc) 

7:10〜7:50
0枚
この日は朝から西寄りの風が強く吹き、地形的に富里乃堰では北側から風が回り、それに伴い強烈な流れが発生していました。
この状況では、私の技量ではまともに投入できず、右に左に手前にと全く安定しない。
流れも速く、浅ダナは難しい状況で、40分余りで断念。
当初は13尺、9尺も試すつもりでしたが、余りのバッドコンディションに11尺に変更です。
入口近くはまだマシな雰囲気でしたが、時間が経つにつれてやはり同様に。
止めは、餌の入ったボウルが風で飛ばされ、バック等に降りかかる惨事が。
それぐらい強烈な風でした。


11尺浅棚
竿:11尺
ウキ:花水樹 短竿チョーチンパイプ5
号(トップ 1.1/1.6mm 90mm、9目盛り、ボディ50mm 直径6.2mm、足1.0mm×70mm)
上針:ダンゴマスター7号 
下針:コム3号 
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.6号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TYPE-Ⅱ ハリス 0.5号 8センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.3号 
50センチ→48センチ


  





8:20〜8:50
0枚

何とか残った餌で30分撃つも、手前側も流れが早く竿掛けにおいての釣りは不可能。
竿でウキを追いかける始末で。アタリ貰えず。
餌を違うブレンドに作り変え、再チャレンジ。


粒戦 100cc、粒戦細粒 50cc、水 200cc、セット専用 100cc(山盛り)、セットアップ 100cc(山盛り)バラケマッハ 100cc(山盛り) 餌量 450cc、水量 200cc

付けエサ 感嘆(10cc ライフガード12cc)

9:00〜10:00
0枚

結局11尺ではアタリは数度ありましたが、釣れずに終了。
少しでも流れが緩いのではと微かな期待をして8尺チョーチンにチェンジです。







8尺チョーチンセット
竿:8尺
ウキ:天風 チョーチングラス5号(トップ130mm(0.5/0.5mm)11目盛り、ボディ50mm 直径5.7mm、足1mm×70mm)

上針:ダンゴマスター6号 
下針:コム3号  
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.6号 8センチ
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.3号 48センチ→30センチ



   


8尺チョーチン 
10:25〜11:50

ハリス 48センチ 1枚 
_20220307_141824


ハリス 30センチ 1枚
DSC_1470

DSC_1471

手前側の流れも速く、左側に餌を撃ち、そこで出来る限り餌が沈むまで待ち、ウキを馴染ませてウキのトップ分のみ誘う釣り方。
大体正面に流れて来た時(2回目の誘い程度)で餌が抜け、一番右まで流れた時にクワセに餌の粒子が降りかかるイメージ。
流し終わりの辺りで、ゆっくりとアタリが出てようやく片目が空きます。
サイズは500g弱。


早めに餌と同調させようとハリスを30に詰め、もう1枚追加。
これは新べらで800g位はありそうな、肉厚なやつでした。

しかし、ここから追加はならず。
アタリは浅ダナより明らかにももらえました。
強い風を嫌がったのでしょうか。

そして、そんな条件にも関わらず、沖の両グルテン底釣りにチャレンジ。
段底にしなかったのは、大会が3月21日となり段底が徐々に弱くなるであろうと予想したため。
段底は風に弱く(下針1本)、バランスの底釣りの方が多少マシ(針2本)と思ったので。
最悪、ドボンにすれば止まるだろうと考えてのこと。



20尺両グルテンバランス底
竿:20尺
ウキ:花水樹 オールマイティPC
トップ13号(トップ 0.9/1.2mm 200mm、11目盛り、ボディ130mm 直径6.2mm、足1mm×60mm) 
上針:コム4号 
下針:コム4号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.8号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.4号 60センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.4号 75センチ









軟らかい餌
新ベラグルテン 20cc、わたグル 20cc、水 35cc

12:40~14:00
1枚
_20220307_141906


棚を取り、上針を5センチ位這わす(下針は20センチ這わす)ようにセッティングします。
これで多少でも流れに対抗します。
投入は相変わらず難しかったですが、時折風が緩くなるタイミングがあり、そこで集中して釣ります。
触りらしきものが見られ、アタリも出ます。
ムズっとしたアタリでナイスサイズの新べらをゲット。
餌は上記のブレンドですが、風で乾燥した感じだったので、手を水に濡らし、軽く拭いた手で丸め、気持ちしっとりさせたもの。
この後も掛かってからバレることもありました。(スレではなく、掛かりが浅かったよう)
しかし、風流れが一段と強くなり、止まらなくなってきたのでバランスのドボン(錘1.8g)にチェンジ。


20尺両グルテンバランスドボン
竿:20尺
ウキ:花水樹 底釣パイプ
トップS15号(トップ 0.9/1.3mm 150mm、11目盛り、ボディ150mm 直径5.2mm、足1mm×40mm) 
上針:コム4号 
下針:コム4号 
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.8号
ハリス上:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.4号 20センチ
ハリス下:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.4号 30センチ








新ベラグルテン 20cc、わたグル 20cc、水 40cc

14:05〜15:30
1枚
_20220306_162102


先ほどよりも餌を軟らかく作り、ウキの調整を行います。
バランス錘だけで、パイプトップの根本が出る程度とし、1.8グラムの外通し式(利根式ドボン仕掛け)でセット。
水深よりもかなり深くしてようやくウキが出ます。
2目程度でもアタリましたが、4~5目出しが一番良かったみたいですね。
明らかに魚が寄ってきた雰囲気が出て、触りが増えます。
バラした後(これも口切れっぽかった)、ラスト1投でミラクルフィッシュをキャッチ。



結局、朝から爆風もそうですが、川のような流れに翻弄されました。
今まで流れると思っていたのは、全く流れていないといっていいほどの流れ。
チョーチンで左側に撃ち、右側まで流れるのに恐らく5回ほど誘うのが精一杯というスピードです。

いつもこんなに流れるのかは分かりませんが、体験しておいて良かったです。
試合本番で、いきなりこの流れを体験したのでは、面食らうだけですからね。

流れがあったからだと思いますが、浅ダナでは太刀打ちできませんでした。
後で考えたら、ハリスを詰めて試すべきでしたが、頭が回りませんでした。

8尺チョーチンでは、すぐに気配が出ましたので、今日のような条件ならばありですが、大会で人災確実となれば、通用するかは疑問です。


そんな訳で、NHCウィンターオープン南関東第3戦富里乃堰では、21尺の両グルテン(もしくはバラグルセット)バランスの底釣りをメインに、風流れにはバランスドボンで対抗します。
シリーズ戦として1戦欠場しシリーズタイトルとは無関係。
クラシック参加権も獲得しているの、狙うは表彰台の真ん中。(表彰台はありませんが)

この日試した限りでは、浅ダナで数を釣ってもサイズが分からず抜け出せませんので、より強い釣りでチャレンジします。
竿は、21尺をメインに、風を考慮して19尺、17尺、15尺、13尺を予備で持って行きます。
餌はグルテンと底釣りの餌のみ。
セットの餌は置いていきます。


こんなこと書いていますが、直前で気が変わるかも知れませんけどね。

備忘録 西桟橋は正面から日が当たるため、まぶしくてウキが見えません。





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村






NHCウィンターオープン北関東第3戦 武蔵の池 結果 再び悶絶 2022-④

2月23日に埼玉県の武蔵の池でNHCウィンターオープン北関東第3戦が開催されました。


DSC_1445




2戦を終了し、第1戦の大ゴケを第2戦で取り返し、73ポイントで同ポイント重量負けの13位。(9位から13位まで同ポイント)
首位とは25ポイント差ということで、これを逆転するのはほぼ不可能ですが、5位の82ポイントとは9ポイント差なので可能性はまだあります。



参加は30名、今回は座席が北向き18席、南向き14席と変則なので、いつものように両サイドを釣るのではなく、2回とも全席での抽選となります。

ファーストステージ 78番
DSC_1440

DSC_1441

DSC_1442

セカンドステージ 79番



両ステージとも南向き。
この日は北風がかなり吹くということで、南向きは避けたかったのですが、仕方ありません。


釣り方は段底メインで、抑えに短尺のチDSC_1443

ョーチンを考えていました。
午前中は段底のみ。
午後は、段底が効かなくなる時間帯でチョーチンに切り替える戦略です。
晴れた日が3日続くので、午後からの水温上昇でサーモクラインが出来れば、その層を狙い撃ちです。
段底では両サイドの選手と長さを変えたいので、12~16尺(メインは12尺と15尺)を想定します。
針は重めの方が良かったので、ギガリフト3号をメインにします。バラケは小さめが良かったので、ダンゴマスターの6号とします。
道糸は東レ 将鱗®へら スーパープロPLUSの0.6号、ハリスは東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.35号をメインに、繊細に釣りたいと思います。

ファーストステージ
7:00~10:30

まずは風が弱いうちに15尺の沖段底からスタートします。

沖段底
竿:15尺
ウキ:花水樹 短竿チョウチン PCトップセット11号(トップ190mm(0.6/1.2mm)11目盛り、ボディ110mm 直径6.2mm、足1mm×70mm)
上針:ダンゴマスター6号 ハリス0.5号 8センチ
下針:ギガボトム3号 ハリス0.35号 55センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.5号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.35号

   




粒戦 50cc、粒戦細粒 50c、ペレ道 100cc、水 200cc、段底 200cc、セット専用バラケ 100cc 餌量 500cc、水量 200cc 水分 24.0%

丁寧に撃ち続けますが、風が強く、打ち込みが一定せず、ウキも流される辛い展開です。また、波立ってしまい、流されることでウキがシモリ、アタリも触りも全く判別できません。
何となくの感触で合わせますが、釣れません。
9時の時点で12尺に変更しますが、悪い流れを断ち切ることができず、無念のノーフィッシュ。
魚を釣ったのが、11名/30名ということです。特に南向きは釣った人が少なかったです。
トップは3枚で2,410グラム。


セカンドステージ
11:30~15:00

気を取り直し、12尺段底で勝負です。

段底
竿:12尺
ウキ:花水樹 短竿チョウチン PCトップセット9号(トップ170mm(0.6/1.2mm)11目盛り、ボディ90mm 直径6.2mm、足1mm×70mm)
上針:ダンゴマスター6号 ハリス0.5号 13センチ
下針:ギガボトム2号 ハリス0.35号 55センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.6号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.35号

   




粒戦 50cc、とろスイミー 50c、粒戦細粒 50c、水 150cc、セットガン 100cc、セット専用バラケ 100cc、段底 100cc 餌量 450cc、水量 150cc 水分 33.3%

後半戦が始まり、多少風が止まる時間が出ます。
それに伴い、触りが見られ、スレながらも魚からの反応を得られます。
針を午後のスタートから、ギガボトム4号にサイズアップし、ハリスは0.3号を落としてみましたが、スレだけだったので、セオリーとは反対の軽いギガリフト2号にチェンジします。
良いアタリも出るものの、ことごとく空ツンで終わり、セカンドステージもノーフィッシュで終了。



優勝者は、ファーストステージ2枚、セカンドステージ4枚の計6枚で4,250グラム。
ファーストステージノーフィッシュでも、セカンドステージだけの結果で3位に入賞した方もいました。

当初の目論見からは大きく外れた結果でしたが、1枚釣るならば段底ということで粘り過ぎたかもしれません。
風の対応ができなかったのもよくありませんでした。
午後の風のないタイミングでは、チャンスがありましたが、モノにできなかったのが残念です。




ウィンターオープン北関東シリーズは、これにて終了。
3位入賞があり、クラシック出場権を獲得できたのは良かったですが、経験が少なすぎてこの日のようなコンディションでの対応ができないのが悔しいですね。
今、考えればチョーチンに切り替えるべきでした。段底に固執し過ぎましたね。



年間順位は13位から17位に転落するも上位50%以内に残り、年間ランキングでもクラシック出場権を獲得です。


残るウィンターオープンは、南関東の冨里の堰(3/21)。
この試合は、年間順位が関係ないので、トップ5目指して強い釣りをしたいと思います。

前日はお墓参りに行くので練習できませんが(前週も仕事のため行けません)、一度は行きたいと思います。









ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。