先日の河口湖でエンジン不調に陥った愛艇。
IMG_5479

received_361790914357448


今日、修理をお願いしていた富士五湖ボートサービスから残念な連絡が入りました。

エンジンの圧縮が出来ていないということです。
このため、プレーニングしなかったのです。

このエンジンは1998年の物ですから、24年経過しています。
未だに、セルを回した時はほぼ一発で掛かるのですが。

対策としては、
①エンジンを修理する
②エンジンを載せ替える
③ボートごと乗り換える
④廃船
の4つでしょうか。

恐らく一番費用が掛からないのが④の廃船。
次いで①も修理。
②と③は選択次第です。

修理をすれば再び走れるようになるそうですが、年式が古いので再び同じような症状が出る可能性もあり、お勧めできないそうです。
となると、エンジンの載せ替えかボートの乗り換えですが、新品のエンジンを今更乗せるのもどうかと思いますし、ボートを乗り換えるのも正直気が進みません。
こればかりはタイミングもありますので、急に掘り出し物が現れるかも知れないので何とも言えませんが。
個人的な事情もありバストーナメントに集中出来ておらず、モチベーションが正直上がっていません。
そんな訳で、あまり気が進まないのです。

④の廃船という選択も現実的にはあります。
そうなると、新規にボートを準備するという意欲が低い今、長年続けたバスプロも引退かもしれませんね。

しばらく悩みます。





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村