年に一度、河口湖に全国のNBCチャプターの代表者が集まり、様々なことを確認します。

DSC_0067


一番確認しなければいけないのが、ルール変更です。
JB、NBCのトーナメントは、基本的にその年のトーナメントブックに記載されているトーナメントルールに基づいて運営されます。
フィールドによっては、独自のローカルルールが追加されます。(禁漁区や桟橋の釣り禁止、航路の釣り禁止等)

日本全国どこのJB、NBCトーナメントでも、このルールに沿って運営されますので、出場者だけでなく運営に関わる者としてもよく読んでおく必要があります。

今年、追加されたルールは4点。

①イケス、定置網へルアーをキャストしてはならない。違反した場合、大会中はペナルティ1キロ、網を破損させた場合は失格となり、次大会出場停止。

②ボートの故障で自走できなくなった場合、出場者含むレスキュー艇に曳航されて大会時間内に帰着できた場合は検量可。(時間内に間に合わない場合は失格)自分のボートで帰着できなかった場合は失格。出場者がレスキューした場合、帰着時間に遅れてもペナルティ等はない。

③新規にスポンサー契約する場合、JB本部に事前に申請する。

④新規にスポンサー契約をする場合、JB会長に伺い書を提出し、会長承認のもとで契約を締結する。


①については、当たり前のことですね。
②については、明確になったので良かったですね。

③、④はプロ選手のみに適用される項目です。
主旨としては、スポンサー契約をする側、される側のニーズを明確にし、トラブルが発生しないようにするためのものです。
契約をする側が、選手に対し希望する働きを明確にし、選手はその希望する働きを行なうというのを明確にし、双方がウィンウィンの関係にするものです。


会議終了後、関東Cブロックや東日本ブロックでの打ち合わせを行い終了です。




余談
会議前にベリーパーク鹿留に立ち寄り、ちょっとお仕事してから吉田のうどんを食べてきました。

行ったのは、ノムシュンもお勧めのみやふじうどん店

DSC_0064
DSC_0065


ここは自家製の麺をつかい、湯盛りしかないちょっと変わったお店です。(お湯抜きもできます)
夏場は冷やしもあります。

このうどんに、鰹節、ネギ、天カス醤油や麺つゆで自分の好みに味付けしていただきます。
トッピングは納豆(50円)、生卵(50円)もありました。

私は湯盛りの大(500円)と生卵をオーダー。


しばらく待って着丼。

DSC_0063
手前のプラケースにネギが入ってました。


なかなかのボリュームですね。

ネギ、天カス、鰹節を入れ、麺つゆで味を調整します。

生卵は割って、溶いて、麺つゆを入れて、そこにうどんを漬けて食べました。


どちらもうどんの歯応え、喉越しもよく、美味しかったですよ。
吉田のうどんとしては、ごわごわした感じではなく、柔らかめですね。


今度は、お湯抜きで生卵と納豆と、ネギ、鰹節に生醤油で食べたいですね。