釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

野尻湖

ワイルドサイドWSS-64ML

レジットデザイン ワイルドサイドWSS-64ML




全長: 6ft.4inc / 標準自重: 98g / アクション: MF / グリップ長: -mm / 先径: 1.64mm / 元径: 9.9mm / 継数: 1pc / 適合ルアー: 2.7-11g / 適合ライン: 3-6/0.4-1(PE) / カーボン: 85% / アラミド: 10% / グラス: 5% / メーカー希望小売価格: 29,000円 / 品番: 111-035 / JAN: 4573126350350

シャッド単体、キャロライナリグ+シャッド、小型ミノーなどをジャーク、トゥイッチするための要素をすべて盛り込んだ、スペシャルモデル。投げにくいルアーを快適にキャストできるスムースなベンドカーブ。PEライン、モノフィラライン共に対応するガイドセッティング。シャッドの挙動を把握し、じゃれつくようなバイトを絡め獲ることが出来る繊細さを持ちつつ、ブレの少ないティップ。ハードジャークや繊細なトウィッチをひたすら繰り返すことが可能な操作性。軽さ、操作性、しなやかさ、粘り。相反する要素を1本にまとめ上げたレジットデザインならではのロッドです。

ミノー、シャッドをジャークさせることを主眼においたロッドということで、キャロシャッドの対応を目論見導入しました。

当日は、通常のシャッドを付け、投げてみました。
キャロシャッドをメインに考えているだけに、ロッドのパワーは十分。
そのため、単体での使用では、ロッドの曲がりが十分に取れないのではと懸念していましたが、垂らしを長めに取ることで問題なくキャストでき、飛距離も十分。(笑い話ですが、飛び過ぎて木の上にルアーを引っ掛け、ロストしてしまいました)

ジャークをする際も、PEセッティングだったのですが、上手くジャークすることができます。
これまた、完成度の高いロッドですね。
軽量のルアーにどこまで対応できるかは、これから継続してテストしたいと思いますが、キャロシャッドはこれで大丈夫ですね。

しかい、唯一の難点が。
これは、私のロッドの握り方との相性の問題ですが、フックハンガーの位置に指が当たることが多く、使いにくい。
持ち方を考えなければいけませんね。

それ以外の使い心地は良かったです。








さて、次はどれかな?
気になるロッドが多くて困ります。

個人的には、ロングリーダー対応のソリッドモデルのキャロロッドが欲しい。
ニッチな番手ですが、7.3~7.6fクラスで欲しいです。

作ってくれないかな~。



ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


NBC関東Cブロックチャンピオンシップ 河口湖

NBC関東Cブロックのチャプター(河口湖、ヒューマン河口湖、山中湖、山中湖第2、東京、神奈川)の各試合で上位30%以内に入賞することで参加権が得られる関東Cブロックチャンピオンシップ。


この大会で上位5名に入賞すると、東日本決勝大会に出場することができます。
東日本決勝大会は、東北、関東A、関東B、関東C、中部・北信越の5つのブロックから5名づつ参戦します。
今年は野尻湖で開催です。


東日本決勝大会の出場権を賭けて、関東Cブロックチャンピオンシップが河口湖で開催されました。
事前エントリーは75名、当日エントリーは2名、欠席2名の合計75名の参加者で争われました。
DSC_0792


事前にエントリーしていた選手を25名づつの3フライトに分け、最後に当日受付がスタートし、13時から5分刻みで帰着時間を設定しました。

スタート抽選の結果、ファーストフライトは赤で、帰着時間は13時、セカンドフライトは青で、帰着時間は13時5分、サードフライトは黄で、帰着時間は13時10分、最終フライトは当日受付の白で、帰着時間は13時15分となりました。


朝から冷たい雨が強くはないものの降り続け、選手の体温を奪っていきます。
風が強くないのがせめてもの救い。
気温は朝の時点で8度。日中も13度程度までしか上がりませんでした。

水温は20度前後と、徐々に落ちてきている状況です。

この厳しい条件のなか、75名中41名がウェインしました。(ウェイン率54.7%)
5本のリミットを揃えた選手はおらず、3本が最高でした。

44024468_709865276056765_6522038822593626112_n
お立ち台の5人。野尻湖での東日本決勝大会でも釣ってきてくださいね!


5位の及川選手は、浅川の湖波ボート桟橋左のアシが切れるあたりのウィードを、5gダウンショット(エコワンポーク4インチ)でカーブフォールさせて狙い、1,825gのグッドサイズをウェイン。
44038413_364927267580435_5919506149924667392_n



4位の黒田選手は、黒岩ワンドの入口の目に見えるウィードパッチを、10gの直リグにエコワンポークストレート4インチで釣り、着底と同時に重くなったのが貴重な2キロフィッシュ。
43950354_344520599451374_6998844930491678720_n



3位の豊田選手は、プラで良かった八木崎の岬のあたりに入り、朝のうちは3mフラットで1/16DS豚うなぎハーフカットのブラックで1本取り、その後10時頃に5mラインでスモラバ1/20+エコワンポークストレート6インチを4インチ程度にカットしたものでもう1本追加した。
44091853_241574383189749_7511344381283008512_n



2位の清水選手は、この時期に良さげなエリアを周るも不発で、小海の10mのハードボトムに入り、イガジグスピン7gをボトムでジャークしてベイトを散らし食わせたということ。
思いの外サイズがよく、驚いたそうですが、ペナルティがあったために優勝を逃すという悔しい結果に終わりました。
44115779_2162756957322630_2825032953900302336_n



優勝の加藤選手は、朝イチから大石に入り、ブレイクに点在するウィードパッチを7gのダウンショット(Zファクトリー 豚うなぎ グリーンパンプキンハーフカット、O.Nプランニング ミラクルストレートJr チョコレート)で狙い、3投目にキロアップのキッカーフィッシュを釣り上げ、その後も同エリアを狙い続け2本の500グラムフィッシュを追加したということです。
大石の桟橋からスロープ前までを何往復もしたということです。

44023307_322846654934881_3404220834343026688_n


お立ち台には立てなかったものの、6位~10位の選手。

44050109_305895650004982_7897968420916822016_n


最後は集合写真

43952040_246575416032903_4305109590686564352_n


今回協賛いただきた各社様。

DSC_0787
DSC_0788
DSC_0791


チャプター山中湖に良く参加してくれている選手が3人もお立ち台に立ってくれました。

FB_IMG_1539516882801
優勝の加藤選手、3位の豊田選手、5位の及川選手!
河口湖でこの結果、これは本当に嬉しかった。
3人ともおめでとう!

JBマスターズ第4戦ダイワカップ2日目 AOY決まる

JBマスターズ第4戦ダイワカップ2日目が開催されました。

台風の影響を懸念され、短縮された試合ということで、リミットメイクが優先されました。

2日目は林晃大選手が5本 4,310gとぶっちぎりました。
2位には五十嵐誠選手が5本 2,986g、3位には初日2位の伊藤康晴選手が5本 2,788g、4位には林直樹選手が4本 2,436g、5位には近藤健広選手が3本 2,374gでつけました。

Screenshot_20180930-145727


この結果、優勝は同ポイントながらトータルウェイトで上回った伊藤康晴選手。トータルウェイトは6,512gで2位の林直樹選手は6,434gと僅か78g差です。
3位には近藤健広選手、4位には頼末敦選手、5位には林晃大選手が入賞しました。

Screenshot_20180930-145917



AOYレースは最終戦8位に入賞した藤田京弥選手が逃げ切り達成。
初のAOY獲得となりました。
2位には昨年のクラシックチャンピオン斉藤哲也選手、3位には野村俊介選手、4位には上西浩史選手、5位には林直樹選手が入りました。


Screenshot_20180930-145932


藤田選手は見事なAOY獲得でした。
以前、野村俊介選手がデビューしてきた時を思い出すような活躍ぶりでした。
二人の共通点は、ベリーパーク鹿留で働いていること!

ではなく、サイトフィッシングが得意なことですね。

これからの活躍が楽しみです!

JBマスターズ第4戦ダイワカップ野尻湖

JBマスターズの最終戦となる第4戦が長野県野尻湖を舞台に開催されています。

例年、秋が深まるにつれ、釣り難くなる野尻湖ですが、今年もいつも通り釣り難くなり、マスターズ仕様になったようです。

初日は、林直樹選手が5本3,998gが首位に立ちました。
林選手は、以前の野尻湖のマスターズ戦を優勝しており、その時に周囲を圧倒する釣果を目の前でたたき出すことから「林劇場」と言われています。
今回も「林劇場」第2部といったところでしょうか。

2位には、スモールが得意な伊藤康晴選手。5本 3,742gで首位林選手を追いかけます。

3位には2017年のクラシックチャンピオンで年間争いで3位につける斉藤哲也選手が、5本 2,952g、4位にはトップ50の小林知寛選手が5本 2,902g、5位にはAOYレースで首位を走るトップ50でBP鹿留で働く藤田京弥選手が5本 2,866gでつけています。

Screenshot_20180929-210017


年間2位の佐々一真選手は1本 538gで66位と大きく出遅れました。
藤田選手はAOYに王手です。 

マスターズはポイント制で争われますので、ウェイト差はあまり関係ありません。
釣れないといわれつつも、115人参加で80人がウェイン(ウェイン率69%)ですから、さすがですね。

明日は、台風が近づくことで、最長12時までと時間短縮となりそうですが、どうなるでしょうか?
明日も林劇場が開幕するのか、それとも逆転があるのか。

年間争いは藤田選手が逃げ切るか、それとも気まぐれなスモールが違う選手を選ぶのか?

荒れる野尻湖で栄冠を掴むのは誰でしょう?

Bass Pro Tour(BPT)の進捗状況

アメリカのバストーナメントが騒がしくなっています。


メジャーリーグフィッシングが新たなツアーを始めると発表があり、紹介しました。
紹介記事はこちら→「2019MLFメジャーリーグフィッシングが「BASS PRO TOUR(BPT) 」に!


B.A.S.S.のエリートシリーズ、FLWのTourシリーズともにエントリーのタイミングもあり、B.A.S.S.は色々と策を講じているとか。

深江選手のブログ「米国メジャートーナメント事情」に書かれています。

私も中にあったリンクから状況を覗きましたが、書いてあることが本当ならば、エリートシリーズもFLWのTourシリーズも大変なことになりますね。

Angler decision tracker

かなりの大物の名前も挙がっています。
多くの選手がBPTに移籍しそうな勢いですね。

どうなってしまうのでしょうか?


日本では、明日から野尻湖でマスターズの最終戦が行われます。
先週の状況は、かなり厳しいものだったようです。(まあ、毎年のことですが)

そんな中でも釣る人は釣りますからね。
トーナメントはここが面白いです。
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。