釣りは何をやっても面白く、楽しいですね。
バストーナメント、船釣り等ジャンルにとらわれず、興味があることを書き連ねたいと思います。

NHC

NHCウィンターシリーズ南関東第1戦、北関東第2戦 三和新池





NHCウインターシリーズは「北関東」と「南関東」の2地区で開催されています。
その両シリーズの合同戦が、1月10日に北関東シリーズ第2戦、南関東第1戦として三和新池で開催されます。

DSC_1372

DSC_1370
DSC_1367


大会は西桟橋で開催です。
抽選の結果、
ファーストステージ赤4番(東向き)
セカンドステージ黒12番(西向き)
です。

ファーストステージの場所は、前日の席の右隣。
午前中西向きであれば、19尺のグルテン底で勝負と思っていましたが、東向きということで悩んだ末に守りの釣りである10尺チョーチンセットで入ることにします。
当初は9尺でやるつもりでしたが、泉さんからのアドバイスで10尺に変更です。
3枚を1時間で揃え、残りは19尺両グルテン底に変更する予定でスタートです。

ファーストステージ 7:00~10:30

10尺チョーチンセット
竿:10尺
ウキ:天風 チョーチングラス5
号(トップ 0.5/0.5mm 130mm、11目盛り、ボディ40mm 直径5.7mm、足0.8mm×70mm)
上針:ダンゴマスター7号 ハリス0.5号 8センチ
下針:コム4号 ハリス0.35号 60→50→40センチ
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.35号








粒戦 50cc、粒戦細粒 25cc、サナギパワー 50cc、水 100cc、セットアップ 50cc、セット専用バラケ 50cc、段底 50㏄、 餌量 275cc、水量 100cc


7:00〜8:00
1枚

途中で釣り方を変更することを視野に入れ、餌を少なめに作ります。
ハリスは長めの60センチからスタートしますが、朝イチの動きは悪く、たまに当たってもスレという展開が続き、ワンボウル打ち終わって何とか1枚という展開に、ファーストステージは揃えることを目指してセットを続けます。

粒戦 100cc、粒戦細粒 50cc、サナギパワー 100cc、水 200cc、セットアップ 100cc、セット専用バラケ 100cc、段底 100㏄、 餌量 550cc、水量 200cc


8:00〜10:30
3枚
ハリスを短くしますが、やはりスレが多くなかなか食わせられません。
40センチまで詰めてようやく食わせられます。
終了45分前に4枚目をキャッチし、5枚揃える可能性が広がりました。
左隣の選手は、17尺の段底でスタートし、反応が悪かったので12尺チョーチンに変更し、5枚をあっという間に揃えていました。
私は、前回からの流れでハリス切れに悩まされ、最後の1枚がどうしても揃いません。
そしてタイムアップ。

検量の結果、4枚 1,650g。
FB_IMG_1641999524569


また、やってしまいました。


午後は失うものがありませんので、19尺両グルテン底釣りで勝負です。
その前に腹拵え。

油淋鶏タルタル丼
DSC_1368
ボリュームありました。


セカンドステージ 11:00~15:30
黒12番

右隣はファーストステージトップの近江さん。
左隣は私同様にファーストステージコケタ浜口さん。
3人揃って19尺両グルテン底釣りです。

私と浜口さんは失うものはなし。
近江さんは守るものがあります。
この差が出ました。

DSC_1369



両グルテン宙釣り~底釣り
竿:19尺
ウキ:花水樹 オールマイティ
グラストップ12号(トップ 0.5/1.0mm 190mm、11目盛り、ボディ120mm 直径6.2mm、足1mm×60mm) 
上針:アスカ5号 ハリス0.5号 60センチ
下針:アスカ5号 ハリス0.5号 75センチ
道糸:東レ 将鱗®へら  TypeⅡ 道糸 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へら TypeⅡ ハリス 0.5号









へらグルテンLL 50cc水100cc1:1マッシュ 50cc 餌量 100cc、水量 100cc

11:00~14:10
5枚

底取りをして、上針を7センチほど這わせるセッティングでスタート。
1投目、棚取りをしたまま錘をつけ忘れてしまい、浮きが立ちません。
?マークが浮かびつつ、錘を付けていないことに気づき回収。
仕切り直しの1投目、浮きに触りが出て、明確に1節のアタリ。
合わせると見事に乗ります。

しかも、今までと全く違う重量感のある手応えです。
慎重にやり取りしますが、なかなか寄らず、立ち上がってやり取りします。

何とか寄って、玉網を持つと、何と玉網が抜けてしまい、急遽浜口さんの網を借りてキャッチ。
後検量で890gのキッカーフィッシュ。
この時はキロオーバーかと思いましたが、そこまで大きくありませんでした。

これで余裕が出てきます。
続いて近江さんが1枚キャッチ。
さらにもう一枚キャッチしますが400g位だったので、強気にリリース。

その後、私が1枚キャッチ。
そして、必殺技のカレーパンマジックを発動します。
バスのトーナメントでも同じてすが、カレーパンを食べると釣れるジンクスがあります。

ヘラ釣りあるあるの話で、手を話しているとアタリが出るというものがあります。
竿を持つと多少は揺れますから、それが伝わっているのかもしれません。
なので、竿を置いて、手を離しているとアタリが出るよなんて話していると、本当にアタリます。

これで1枚追加し、12時半ころまでに4枚キャッチです。
浜口さんは大型をバラしたり、スレ掛かりであったりとなかなかリズムに乗れません。
近江さんも、苦しみ、段底に変えて、再び両グルに戻すなど迷走が続きました。

最後は飲み物飲んだ直後にアタリ、14時10分に5枚目の魚をキャッチし、リミットメイク完了でした。
5枚目は一瞬スレかと思いましたが、回っていただけで何よりです。

ハリスを長めに取り、触りが出たら3節位の誘いを入れ、ハリスを張るようにしてみました。
ハリスを這わせたのは、糸を地底に着けて目立たせないようにするためです。
誘いは、餌を動かすというよりも、ハリスを張らすのが目的で、アタリを出すためにやりました。

小さなムズっとしたアタリもありましたが、この動作で乗せることができました。


検量の結果、5枚 3,390gでセカンドステージトップ。
これは嬉しかったですね。


そして、総合順位も大まくりで3位まで浮上。
クラシックの出場権を獲得です。
昨年のように苦しまずに獲得出来て、何よりです。

FB_IMG_1641999509681


偶然にも、近江さん、浜口さんは以前からお話させていただいたこともあり、リラックスした状態で挑めたのが良かったと思います。



昨年のウィンターオープンの最終戦からエントリーし、NHC7試合めでのステージトップと3位入賞はやはりうれしいものです。
ファーストステージのミスがなければ、優勝にも手が届いていたので、そこは次の課題です。
合わせが強すぎるクセを直さないといけませんね。


FB_IMG_1641999537942










ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

NHCウィンターシリーズ南関東、北関東合同 三和新池 プラクティス





NHCウインターシリーズは「北関東」と「南関東」の2地区で開催されています。
その両シリーズの合同戦が、1月10日に北関東シリーズ第2戦、南関東第1戦として三和新池で開催されます。


その前日練習からのレポートです。

IMG_20220110_040802_645


大会は西桟橋で開催されることから、西桟橋の東向きの69番に入りました。
三和新池では、新べら放流も数回行われているので、まずはこれを狙ってみたいと思いますが、どうでしょうか。
現地で合流した練習に入る参加者と並んで釣ります。その方がグルテンでやるというので、私は16尺の段底から始めます。

16尺段底
竿:16尺
ウキ:花水樹 オールマイティ
グラストップ12号(トップ 0.5/1.0mm 190mm、11目盛り、ボディ120mm 直径6.2mm、足1mm×60mm) 
上針:ダンゴマスター8号 ハリス0.5号 13センチ
下針:ギガボトム2号 ハリス0.4号 50センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.4号


  






粒戦 50cc、とろスイミー 25cc、水 100cc、段底 100cc、セットアップ 100cc、軽麩 50cc 餌量 325cc、水量 100cc

7:40~9:30
1枚

触りは出るものの、餌が抜けると反応が出ず、たまに当たってもスレが多かったです。
印象としては、途中のヘラがはしゃいでいるイメージです。
そして、肝心のサイズも悪いので、早々に見切りをつけ、13尺チョーチンセットに変更です。


13尺チョーチンセット
竿:13尺
ウキ:天風 チョーチングラス6
号(トップ 0.5/0.5mm 150mm、11目盛り、ボディ60mm 直径5.7mm、足0.8mm×70mm)
上針:ダンゴマスター7号 ハリス0.5号 8センチ
下針:クワセマスター1号 ハリス0.35号 50センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.35号


  





9:40〜11:30
1枚

期待していたものの、これも空ツン、スレが多く今一つ。

餌がなくなったところで次いで沖目のセットを試してみます。

13尺メーターセット(1.5m→1.2m)
竿:13尺
ウキ:花水樹 チョーチンパイプ6
号(トップ 1.1/1.6mm 100mm、9目盛り、ボディ60mm 直径6.2mm、足1.0mm×70mm)
上針:ダンゴマスター7号 ハリス0.5号 8センチ
下針:クワセマスター1号 ハリス0.35号 50センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.35号


  





粒戦 100cc、とろスイミー 50cc、セットガン 100cc、水 150cc、セットアップ 100cc、ット専用バラケ 100cc、GTS 100cc 餌量 550cc、水量 150cc

11:40〜13:45
4枚

比較的アタリも多く出ますが、いかんせんサイズが悪い。
5枚揃えて2キロいかない感じです。


最後にグルテンの底釣りを試します。



両グルテン宙釣り~底釣り
竿:19尺
ウキ:花水樹 オールマイティ
グラストップ12号(トップ 0.5/1.0mm 190mm、11目盛り、ボディ120mm 直径6.2mm、足1mm×60mm) 
上針:リフト7号 ハリス0.5号 60センチ
下針:リフト7号 ハリス0.5号 75センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 1.0号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.5号


  





へらグルテンLL 50cc、グル1:1マッシュ 50cc水100cc 餌量 100cc、水量 100cc

14:10~15:00
3枚

50分で3枚キャッチ。
思っていたようなサイズではないものの、他の釣りより一回り大きい魚でした。

一緒にやっていた三澤さんも良い型をキャッチ。
DSC_1366
両グルテン底いいですね。

触りも多く、良い感じでした。
しかし、この釣り方、まだ慣れておらず自信がありません。

この結果を基に、翌日の作戦を考えます。













ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

NHCウィンター北関東シリーズ第1戦椎の木湖

NHCウィンター北関東シリーズ第1戦が12月25日に椎の木湖で開催されました。



12月中旬を過ぎ、それまで12度あった水温は10度を切る位まで落ちてきました。




DSC_1210




受付を済ませ、抽選の結果、ファーストステージは447番、セカンドステージは541番になりました。

ファーストステージ 7:00~10:30 447番
セカンドステージ 11:30~15:00 541番

_20211225_055445

_20211225_055428



釣り方は先日のプラクティスで比較的型の良かった9尺チョーチンセットでスタートします。
ただし、餌は持たせ系、抜き系の2つを用意し、持たせ系からスタートです。
また、ハリスは早く沈ませ張らせたかったのでフロロを選択しました。


9尺チョーチンセット
竿:9尺
ウキ:天風 チョーチングラス4
号(トップ 0.5/0.5mm 130mm、11目盛り、ボディ40mm 直径5.7mm、足0.8mm×70mm)
上針:ダンゴマスター7号 ハリス0.5号 8センチ
下針:クワセマスター4号 ハリス0.35号 60センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロフロロ ハリス 0.35号


 







粒戦 100cc、
とろスイミー 50㏄、セットガン 100cc、水 200cc、セットアップ  100cc、セット専用バラケ 100㏄、バラケマッハ 100cc  餌量 550cc、水量 200cc

付けエサ 感嘆2 10cc(ライフガード 12cc)、さなぎ玉さなぎ大玉さなぎ玉ハードⅡ

7:00~9:00
1枚

粒戦 100cc、粒戦細粒 50㏄、セットガン 100cc、水 200cc、セットアップ  100cc、セット専用バラケ 100㏄、バラケマッハ 100cc  餌量 550cc、水量 200cc

付けエサ 感嘆2 10cc(ライフガード 12cc)、さなぎ玉さなぎ大玉さなぎ玉ハードⅡ

9:00~10:30
0枚

ファーストステージは結果的に1枚で終了。
1週間前と同様に、アタリを出すことは出来ましたが、ことごとくハリスが切れてしまいました。
前週ではこのようなトラブルはなかったのですが、ファーストステージ、セカンドステージともにこのミスに悩まされました。
試合ということで、余計な力が入り、合わせが強くなっていたのでしょうか。
タラレバは禁物ですが、このミスがなければ予定通りのウェイトにはなっていたと思います。
練習とセッティングは変えていないのですが、何故なんでしょうか?

ファーストステージ 1枚:840g 28位/33人



セカンドステージ
釣り方を変えるか悩みましたが、再び9尺チョーチンでチャレンジします。

DSC_1323

DSC_1324

粒戦 100cc、粒戦細粒 50㏄、セットガン 100cc、水 200cc、セットアップ  100cc、セット専用バラケ 100㏄、バラケマッハ 100cc  餌量 550cc、水量 200cc

11:30~14:00
2枚

粒戦 100cc、とろスイミー 50㏄、セットガン 100cc、水 200cc、セットアップ  100cc、セット専用バラケ 100㏄、バラケマッハ 100cc  餌量 550cc、水量 200cc

付けエサ 感嘆2 10cc(ライフガード 12cc)、さなぎ玉さなぎ大玉さなぎ玉ハードⅡ

14:00~15:00
1枚

セカンドステージ 3枚:2,680g 24位/33人 

セカンドステージもことごとく切られるので、最後は針をコム4号の0.4号にチェンジしました。
しかし、その後もアジャスト出来ず終了です。

棚まで馴染ませ、縦誘いで釣るという釣り方。
餌は練習時は感嘆2が良かったのですが、この日は力玉ハード2のさなぎ漬けが反応良かったです。

全体的には段底が優勢で、チョーチンは13~15尺のやや沖目狙いが良かったです。
練習と違い(練習時は、左が2席空き、右が1席空き)、左右に人が隙間なく入ったことで、手前の魚が警戒したのか、釣れるサイズも一回り小さくなっていました。
練習では13尺の方が魚が小さかったのが、逆転しました。

餌は手水を打って、軟らかくして使うようにしてタッチを変えて調整したものの、アワセでハリスを飛ばしては意味がありません。

針は重い方が良い感触でしたが、優勝者はコムの1号ですから、何とも言えませんね。

DSC_1325



メーカー  品名      サイズ  線径mm 重さmg 推奨ハリス
がまかつ  アスカ      2号  0.41   13.8    0.2〜0.4
がまかつ  アスカ      3号  0.435   17.5    0.2〜0.4
がまかつ  イヅナ      1号  0.3   5.7    0.2~0.4
がまかつ  イヅナ      2号  0.33   7.6    0.2~0.5
がまかつ  イヅナ      3号  0.35   9.7    0.3〜0.5
がまかつ  イヅナ      4号  0.37   12    0.3〜0.5
がまかつ  コム      1号  0.37   9.3    0.2〜0.3
がまかつ  コム      2号  0.37   10.7    0.2〜0.3
がまかつ  コム      3号  0.39   12.5    0.2〜0.3
がまかつ  コム      4号  0.41   14.4    0.3〜0.4
がまかつ  クワセマスター   1号  0.37   10    0.2〜0.4
がまかつ  クワセマスター   2号  0.39   12    0.2〜0.4
がまかつ  クワセマスター   3号  0.41   15    0.2〜0.4
がまかつ  クワセマスター   4号  0.435   18    0.2〜0.4



当初、想定した釣り方が崩壊した時の立て直し方が確立していないのが問題ですね。
29日に再度椎の木湖を訪れますので、段底と中尺チョーチンを試したいと思います。





次回のNHCは、1月10日に三和新池で南関東との合同大会です。
前日に練習に入ります。

その前に、厚木へら鮒センターでのお年玉大会にも出場してきます。


ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

NHCへらぶなクラシック2021in釣堀センター菊水

NHC関東シリーズから、年間ランキングでギリギリ出場権を獲得できたNHCへらぶなクラシック2021。
11月21日に和歌山県紀の川市にある釣堀センター菊水で開催されます。

img_20121206T164214640_2_2_2_2_thumb





座席抽選の結果、ファーストステージは11番、セカンドステージは81番となりました。
前日のプラクティスでは13番でしたので、ファーストステージは練習の成果を試せます。


菊水案内図(R02-02-21).jpg
Photo by 釣堀センター菊水

DSC_1269

DSC_1270


池の水温を測ると、
表層 14.1度
1m 14.3度
2m 14.2度
3m 14.2度
4m 14.2度
と言う結果。
前日のような水温躍層はありません。

ということで、昨日の朝イチ周囲が好調だった段底でスタートしました。


段底
竿:13尺
ウキ:花水樹 
チョウチンセミロンググラストップ10号(トップ 0.6/1.0mm 210mm、11目盛り、ボディ100mm 直径7.0mm、足1.0mm×90mm)
上針:ダンゴマスター号 ハリス0.5号 8センチ
下針:クワセマスター3号 ハリス0.35号 50センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.5号、0.35号


  






粒戦 100cc、とろスイミー 50cc、水 200cc、段底 200cc、セットアップ 200cc、軽麩 100cc 餌量 650cc 水量 200cc

食わせ さなぎ玉ハードⅡさなぎ大玉


しばらく打ち返し、魚を寄せます。
ウキに触りが出て、食いアタリも出て、まずは500g強ですが1枚キープ。
その後は、スレアタリも多く、追加できません。
周囲の選手も苦戦しています。
前日も隣で釣っていた、西田選手が23尺グルテン宙釣りで良い型を釣りますが、アタリ自体が減ってきました。
本来であれば、8~10尺のチョーチンセットに切り替えなければいけなかったんだと思いますが、餌が残っていたこともあり、もったいないお化けが出て続行しました。
終了間際に1枚追加したものの、万事休す。

ファーストステージ11番 2枚 1,160グラム 37位/50人

段底に拘り過ぎたのが失敗でした。
チョーチンセットに何故切り替えなかったんだって話ですね。
この失敗で、ルーキーオブザイヤーも夢となりました。



セカンドステージの81番と言う席は、大会エリアの端でした。

DSC_1271

DSC_1272

水深は2.7m程度ということなので、8尺のチョーチンセットでチャレンジします。

チョーチンセット
竿:8尺
ウキ:天風 チョーチングラス4
号(トップ 0.5/0.5mm 130mm、11目盛り、ボディ40mm 直径5.7mm、足0.8mm×70mm)
上針:ダンゴマスター7号 ハリス0.5号 8センチ
下針:クワセマスター3号 ハリス0.35号 50センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.5号、0.35号


  





粒戦 100cc、とろスイミー 50㏄、セットガン 100cc、水 200cc、セットアップ 100㏄、セット専用バラケ 100㏄、バラケマッハ 100cc BBフラッシュをパラパラかけて調整  餌量 550cc、水量 200cc

付けエサ さなぎ玉ハードⅡ

餌落ちは空針で5目、食わせを付けて4目出し。トップ先端まで馴染ませて、縦誘いで狙います。
開始からしばらくして触りが出ます。
バラケを棚まで持たせ、トップ分の縦誘いでバラケを誘発し、落ち込みのアタリを取ります。

すると、狙い通りに500gクラスをキャッチ。
順調にアタリを捉え、3枚目までフラシに入ります。
4枚目はやや小型だったのでリリース。
4枚目をキャッチした時点で1時30分ころだったので、最後の1枚を19尺のグルテン宙釣りで狙いますがキャッチならず。
残り45分で再び8尺チョーチンセットに戻し、しばらくして1枚キャッチするもサイズが小さくリリース。
残り30分を切り、キープサイズをキャッチしリミットメイク完了。
最後に上りべらを釣って納竿としました。


セカンドステージ81番 5枚 2,770グラム 20位/50人

トータル3,930グラム 30位/50人

ファーストステージの出遅れがあり、結果は30位。
初挑戦ではこんなもんですね。


DSC_1274

DSC_1276

DSC_1275

DSC_1277

DSC_1279

セカンドステージはスレ掛かりが1度もありませんでした。
隣で釣っていた、南郁子選手は同じような釣り方をしていたのですが、スレ掛かりに苦しんでいました。クワセは同じ力玉ハードⅡ、ハリスの長さは40センチと言われていたので、針の重さの関係でしょうか。

サイズは伸びなかったものの、守りの展開としてはパーフェクトゲームでした。
納得の釣りが、セカンドステージでは出来ました。

サイズを狙うには、長竿を扱えないと勝負になりませんね。
この冬、練習しないと駄目ですね。

初の菊水、初のクラシック、十分堪能できました。
ご先祖様の神社にもお参りでき、飛び賞でメロンも当たり、参加賞ではちみつももらえ、言うことなしです。

DSC_1281


NHCは5枚リミット入れ替えなしという、一般的なヘラブナトーナメントと違うルールが魅力です。
初めて参加する方にも、敷居は低いです。12月からはウィンターシリーズも始まりますので、ぜひ一度チャレンジしてみてはどうでしょうか。





ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

NHCへらぶなクラシック2021in釣堀センター菊水 プラクティスデイ

NHC関東シリーズから、年間ランキングでギリギリ出場権を獲得できたNHCへらぶなクラシック2021。
11月21日に和歌山県紀の川市にある釣堀センター菊水で開催されます。

img_20121206T164214640_2_2_2_2_thumb





遠距離かつ前日にプラクティスを行うために前日の土曜日から現地入りしました。

神奈川県藤沢市からは、圏央道-東名高速-新東名高速-伊勢湾岸自動車道-名阪国道-西名阪自動車道-京奈和自動車道というルートで約500キロの道のりです。



7時から16時までが釣りを出来る時間ですので、集中して練習に挑みます。
この日はクラシックに出場するメンバーでの1枚長寸(38センチ以上)の懇親釣り大会も開催されます。



参加者の友達ならば参加OKということです。




当日は、3~5升(水深2.7~4.1m)、試合本番は2の途中~6升(6~25、56~81 水深2.7~4.1m)の内側向きということです。
ということで、座席は事務所側の13番にしました。

DSC_1247

DSC_1248

DSC_1249

菊水案内図(R02-02-21).jpg
Photo by 釣堀センター菊水


池の水温を測ると、
1m 13.5度
2m 13.4度
3m 15.7度
4m 16.1度
と言う結果。

2~3mで水温躍層がありました。
短竿カッツケセットで魚の反応を探ります。

チョーチンセット
竿:10尺
ウキ:天風 チョーチングラス5
号(トップ 0.5/0.5mm 140mm、11目盛り、ボディ50mm 直径5.7mm、足0.8mm×70mm)
上針:ダンゴマスター7号 ハリス0.5号 8センチ
下針:クワセマスター3号 ハリス0.35号 35~50センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.5号、0.35号


  







粒戦 100cc、
とろスイミー 50㏄、セットガン 100cc、水 200cc、セットアップ  100cc、セット専用バラケ 100㏄、バラケマッハ 100cc  餌量 550cc、水量 200cc

付けエサ さなぎ感嘆 10cc(ライフガード 10cc)、さなぎ玉さなぎ大玉さなぎ玉ハードⅡ

8:00~8:15 
0枚
カッツケセットで10数投するも、魚は見えずノー感じ。

3mラインを狙って
10尺チョーチンセットにチェンジ

8:15〜9:20
4枚 最大700g弱。
悪くない手応えでした。

DSC_1250


次いで、上記餌に段底100ccを加え、13尺の段底で底の魚をチェック。

13尺段底
段底
竿:13尺
ウキ:花水樹 
チョウチンセミロンググラストップ10号(トップ 0.6/1.0mm 210mm、11目盛り、ボディ100mm 直径7.0mm、足1.0mm×90mm)
上針:ダンゴマスター号 ハリス0.5号 8センチ
下針:クワセマスター3号 ハリス0.35号 35~50センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 0.8号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.5号、0.35号


  





10:00〜11:40
段底 2枚 
数が伸びず、そのまま底を切ったチョーチンセットに切り替えます。

チョーチン 1枚



餌がなくなったタイミングで、万が一のペレ宙を試します。


ペレ宙
竿:21尺
ウキ:花水樹 短竿チョーチンパイプ10
号(トップ 1.1/1.6mm 140mm、11目盛り、ボディ100mm 直径6.2mm、足1mm×70mm) 餌落ち=2目/11目
上針:リフト7号 ハリス0.5号 50センチ
下針:リフト7号 ハリス0.5号 70センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 1.0号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.5号


  



ペレ軽 100cc、浅ダナ一本 100cc、BBフラッシュ 100cc、もじり 100cc、軽麩 100cc、水100cc 餌量 500cc、水量 100cc

12:25〜13:00
0枚 日差しもあったので期待していたのですが、アタリはありますがヒットせず。アタリの数もそれほどではなく、断念。


両グルテン宙釣り
竿:21尺
ウキ:花水樹 オールマイティPC13
号(トップ 0.9/1.2mm 200mm、11目盛り、ボディ130mm 直径6.2mm、足1mm×60mm) 餌落ち=2目/11目
上針:リフト7号 ハリス0.5号 50センチ
下針:リフト7号 ハリス0.5号 70センチ
道糸:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS 1.0号
ハリス:東レ 将鱗®へら スーパープロPLUS ハリス 0.5号


  



グルテン四季 50cc、1:1粉末マッシュ 50cc、水100cc 餌量 100cc、水量 100cc
2.5m
13:05~15:30
0枚

ということで、長竿のグルテン宙釣りも結果を出せませんでした。
これは、打ち込み精度が低すぎるためです。
練習しなければなりませんね。

懇親釣り大会の計測基準を満たす大型のへらぶなは釣れませんでしたが、関東勢は参加賞でハチミツをいただけました。

DSC_1251
これ、欲しかったので、嬉しかったですね。


翌日の本戦は、ファーストステージ、セカンドステージで座席が変わります。
それによって釣り方もアジャストしなければなりませんね。
周囲の選手は、朝のうち段底で釣果を伸ばした選手が多かったようで、それが頭に残ります。

一晩悩んで決めるとします。








ブログランキングに参加しました。

釣行記ランキング
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。